「サスペンス・ミステリー」 一覧

「無頼伝 涯」はスリルとピンチの連続で読者を虜にする漫画だ

  福本伸行氏と言えば、圧倒的に「カイジ」が人気だと思うんだけど、個人的にお勧めしたいのは「銀と金」か本作です(「天-天和通りの快男児」も好きだけど、これは麻雀を知らないと楽しさ半減だからな ...

「スズキさんはただ静かに暮らしたい」で全然静かに暮らせていないスズキさんの話

  恐らくタイトルだけじゃ手に取らなかったと思います。吉良吉影じゃねーんだからっつって。「吉良吉影は静かに暮らしたい」って言われたら、名前の珍しさもあってちょっと読んでみようかなって思うかも ...

「サガラ Sの同素体」に見る、様々なカタチの正義や思想に夢中!

  昔、日本赤軍のメンバーを逮捕するために秘密組織が結成されたっていうドキュメンタリーを見たことがあります(アンビリーバボーだったかなぁ)。地道な捜査を続けて、何年も経ってようやく一筋の光が ...

相手の概念を盗む「概念ドロボウ」という概念が新しすぎる

  人間には生まれ持ってる感情(概念)が幾つもあるわけだけど、例えば「欲」なんてものは煩悩と言われたりもして、一見不要な物のように思われがちです。でも、欲がなきゃ人間っぽさも失うんじゃないか ...

「チェンジザワールド」の世界観はイケメンと中身が入れ替わっても複雑!

  ふとしたことがキッカケになって、お互いの中身が入れ替わってしまう的な物語は、割と既視感あるネタだと思う。でもその大半が「入れ替わって得をする」という流れになっているのでは? もちろん片方 ...

「寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。」の切ない魅力とは?

  自分の寿命に値段が付くとしたら、まず「どれくらいの金額で査定されるのかを受け入れる恐怖」みたいなものがあるわけです。 それが一年につき一万円なんて言われたら、この先30年を売っても30万 ...

「親愛なる僕へ殺意をこめて」は過酷な運命を恨まずにはいられない究極のクライムサスペンス

  謎が謎を呼ぶ感じ、ちょっとダークな雰囲気、たまに目を背けたくなる描写…。どれを取っても一級品。青年漫画の世界観、お世辞にも健全とは言えない漫画が好きな人には是非ともおすすめしたいのがこち ...

究極のスリルとサスペンス「デスノート」を欲しがった読者は数知れず

  一時、社会現象にもなったほどのブームを巻き起こした少年漫画といえばコチラ。 恐らく全国の少年たちが、授業中にムカつく教師の名前をノートに書きまくったんじゃないかと思う。   な ...

スク水だけじゃない!「サマータイムレンダ」の魅力に迫る

  最初は「スクール水着の女子を推してくる」っていう雰囲気があまり得意ではなくてスルーしていました。 で、ある時。作者の田中靖規先生が「僕のヒーローアカデミアで知られる堀越耕平先生の師匠的な ...

そんなつもりはなかったと言いたくなる青春譚「僕たちがやりました」に色々と考えさせられる

  初めて読んだ時は「面白い!」っていうよりも「なんだこの漫画は!?」っていう衝撃にやられた感がありました。 お世辞にも漫画の主人公っぽくない主人公の人間性が自分に似てたからなのか何なのか、 ...

Copyright© 漫画オススメ.com , 2020 All Rights Reserved.