「ヤンキー漫画」 一覧

実際の事件をモチーフにしたアンダーグラウンドな世界観「バウンスアウト」

  海老蔵事件、朝青龍事件などがキッカケで、一時期持て囃されてた「関東連合」ってあるじゃないですか?いわゆる「半グレ」って呼ばれてる存在で、暴走族あがりの人たちがOBになって幅を利かせてる組 ...

「チカーノKEI~米国極悪刑務所を生き抜いた日本人~」の日本とのスケールの違いがヤバイ

  新宿歌舞伎町のヤクザ事情や、半グレ組織の実態みたいなものを取り扱っている番組を見ていると、ここ数年の間にやたらと見かける人物がいまして…。それが本作の主人公にもなっているKEI氏です。 ...

言いたいことも言えないこんな世の中にこそ読みたい世紀末教師伝説「GTO」

  こんな教養の無い僕にも教師に憧れた時期が一瞬だけあったんだけど、それは間違いなく今作の影響によるものです。 二度の実写ドラマ化という実績が物語っているように「教師モノのドラマと言えば?」 ...

不良から武道へ|熱血剣道漫画「剣に焦ぐ」はヒリつくこと間違いなし

  ぶっちゃけベタと言えばベタです。不良が更生の一環として竹刀を手に取るとか、怪我をバネにして持ち前の才能とガッツで乗り切るとかね。 個人的には「手垢が付くくらい擦られた設定」だとは思うんだ ...

花火のようなファイティングスピリッツが熱いボクシング漫画「ドカンと花火」

  手が付けられないほどの不良がボクシングを始めるっていう展開は、もう平成で終わりかなーくらいに思ってたけど、読者を熱くさせるセオリーとしては鉄板だよね。 本作は「喧嘩に明け暮れている不良中 ...

バッドボーイズ・佐田正樹の自伝的ヤンキー漫画「デメキン」は、どんな顔で読んだらいいの?

  実話○ックルズ等に掲載されるような、眉唾物というか下世話なエピソードが結構好きな僕としては「芸能界で喧嘩が強いのは誰か」みたいな話が結構好きです。 で、それと同じくらい「過去の武勇伝」み ...

鬼の力という概念があるヤンキー漫画「鬼門街」の心情風景が圧倒的

  世の中には「こいつ、本当に人間か?」と思うような凶悪犯罪を引き起こす奴がいるけど、そういう奴って「鬼とか悪魔か何かに心を奪われてんじゃないか?」って思う。 僕はあまり非科学的なことは信じ ...

異例のヤンキー×ギャグ×グルメ「頂き!成り上がり飯」が面白くてハートフル!

  僕はカレーライスが好きなんだけど、トンカツも好きで、ハンバーグも好き。 で、これらを全部混ぜて「カツカレーハンバーグ」にしてみると、罪悪感とかハンパ無いんだけど、まぁこの世のものとは思え ...

「東京卍リベンジャーズ」の冷静と情熱の間にある面白さは規格外である

  ヤンキー漫画を見ていると、基本的には主人公は喧嘩が強いことが多いし、そうじゃないと読者を引っ張ってこれないのかなーって思う部分があります。 …いや、正確には「そういうイメージがありました ...

大ヒット映画をコミカライズpart2!「クローズZEROⅡ」を紹介する

  僕の大好きな不良映画をコミカライズした作品紹介、第2弾です。 小栗旬、山田孝之という2大俳優を筆頭に、多くのイケメン俳優が名を連ねたキャスト陣は、今もなお色褪せることなく伝説となっていま ...

Copyright© 漫画オススメ.com , 2020 All Rights Reserved.