「心理戦、ギャンブル漫画」 一覧

クイズ!正義の選択表紙

絶対に出演したくないクイズ番組の漫画「クイズ!正義の選択」

  対人戦のクイズ番組と言えば、基本は早押しがデフォです。もしくはフリップに答えを書くシステムで「正解数の多いほうが勝ち/先に間違ったほうが負けのサドンデス」みたいな感じでしょうか。 しかし ...

Bugsy~新宿リアルギャンブラー~表紙

ブラックジャックの勝ち方?「Bugsy~新宿リアルギャンブラー~」が勿体無い終わり方をしている件

  日本にもカジノが出来るとか出来ないとか話題になっていますが、そこにイカサマが入り込む余地ってあるんでしょうか。例えばパチンコの場合、表向きは店側が釘を曲げちゃいけないってことになってるん ...

ガットショット

日本ポーカー協会監修のポーカー漫画「ガットショット」

  僕がポーカーを学んだのはドラクエのカジノでした。その後、基本的には「ゲームの中のカジノ」でポーカーと接していくことになるわけですが、なぜか2枚しか手札に配られないルールもあったりして、し ...

LIAR GAME表紙

心理戦漫画の最高峰「LAIR GAME」の緊張感がハンパない

  タイトルにもあるように「嘘つきゲーム」を描いた作品がこちら。映画化&ドラマ化もされていて、非常に高い人気を誇った心理戦漫画です。 人狼ゲームなんかが流行った(流行っている?)ように、こう ...

「賭博堕天録カイジ 24億脱出編」についての紹介と個人的に思うこと

  個人的に「昔はめちゃくちゃ面白かったんだけど、最近勢いが衰えてきたなぁ」と感じざるを得ない漫画作品の1つにカイジ作品があります。 元々、福本伸行氏の作品は「手のひらに汗を握る感じのヒリつ ...

心理戦からのバトルが光る「プラチナエンド」を紹介していく

  「もし〇〇を手に入れたら…」というIFの世界観が秀逸な、大場つぐみ×小畑健の最強タッグ。本作のテーマは「13人の神候補たちの戦い」です。 バクマンはちょっと趣向が違うけど、デスノートの方 ...

「ムダヅモ無き改革」は麻雀の凄テクとブラックユーモアのダブル役満だ

  麻雀漫画はリアルに寄せた作品か、それともイカサマ主体か、はたまた魔法系かで読者層が微妙に変わってきます。個人的にはどれも好きだけど、「まぁ漫画にしている時点で多少はご都合主義みたいになっ ...

ギャンブル漫画の最高峰!!「嘘喰い」は頭が良くないと読めない漫画である

  個人的にはギャンブルがメチャクチャ好きだった時期があって、パチンコやスロットで遊んでいたこともありました。パチンコとかやったことない人はわからないだろうけど、あれはギャンブルであるのと同 ...

「ピッチディーラー‐蹴球賭場師‐」は3-0で勝てと言われることが簡単に思えるサッカー漫画である

  これまでにも高校野球賭博や相撲賭博などが明るみになってきましたが、スポーツ競技の一部裏では八百長が横行していることも珍しくないとか(八百長っていうか忖度?)。 一方でサッカーであればto ...

小さい馬が大きなドラマを作る!競馬ファンにおすすめの「みどりのマキバオー」

  実際に競馬場に行くほどじゃないけど、幼少の頃からダービースタリオンとかウイニングポストなどの競馬シミュレーションゲームで遊んできた僕にとって、すごく思い出深い競馬漫画がこちらの「みどりの ...

Copyright© 漫画オススメ.com , 2021 All Rights Reserved.