個別紹介 将棋

少年将棋漫画「ものの歩」を読んで野望はでっ角持とうじゃないか

更新日:

今や空前絶後の将棋ブームと言っても過言ではありません。

それでも「将棋」というジャンルで描かれた漫画作品は、まだまだ分母が少ないのが現状です。

そこで今回は、かつて少年ジャンプで連載されていた実績を持つ将棋漫画「ものの歩(全5巻完結済み)」を紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

作品概要

本作の主人公・高良信歩は、とにかく要領が悪く、真面目なのが取り柄だが「分からない問題は飛ばして後でやる」ということも出来ず、結果的に試験で良い点が取れなかった為に、志望していた高校にも落ちてしまった。

そして下宿先で「将棋」と出会うこととなる。将棋は、目の前の問題に集中できる人間ほど強い。

将棋初心者の信歩は持ち前の不器用さを発揮しながらも、ひたすら将棋について学び、ありえない加速度で成長していく。

果たして信歩はプロ棋士になれるのか。

 

見所をチェック!!

不器用な主人公が成り上がっていく様子

本作の主人公は将棋初心者でありながら、将棋が強くなるための素質に溢れています。初心者が空っぽの状態から学んでいくわけですから、当然その成長ぶりは目を見張るものがあると言えるでしょう。

ただ、目標は「プロ棋士」という設定になっているため、なかなか一筋縄ではいかないことが予想されます。才能に溢れている人間が努力するのがデフォで、その中の一握りがなれるのがプロ棋士ですからね。

とは言え、ゼロから始めた主人公が徐々に成長していく姿は感情移入できるし、主人公にどんくさい部分がありながらも憎めないので、素直に応援できる読者が大半なんじゃないかと思う。

この主人公が内に秘めた闘志と努力できるという才能で、果たしてプロ棋士に到達できるのかどうかは大きな見所と言っていいでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

少年漫画らしい熱い展開

セオリーっちゃセオリーなんだけど、やっぱ将棋指しの対戦相手として嫌味な奴が出てきます。

でも対局後にはガッツリ握手をしてしまうような、そんな展開ってありきたりだけど、嫌いにはなれないよね。スポーツ漫画にも負けないくらい、めちゃくちゃ熱い物語だと思います。

あとは下宿先にいる同居人との間にも友情が芽生えたりもするし、ライバルがお互いを認め合ったうえで発される闘志むき出しの感じみたいな、心地良い関係性も魅力の1つ。

 

心に響く名言が多い

主人公が信歩っていうくらいですから、そりゃ歩にまつわる深イイ話が出てくることくらいは想像できるんじゃないかと思うんだけど、結構心に響いてくるような名言が出てきます。

例えば「宿題」って、なんであると思いますか?個人的には宿題をまったくやらずに、夏休みの最後の日でも間に合わず、始業式の日で「やったけど忘れました」っていうタイプの人間だったからアレだけど、もしこんな感じで諭してくれるような先生が担任だったら、ここまで捻くれた人間にはならなかったと思う。

…ってくらい、心に響いてきますね。僕はこういう言い回し大好き。

 

全5巻を読んだ感想

1番の注目は「思い付きでプロ棋士になるって言い出した高校生が、果たしてプロになれるかどうか」って部分ではないでしょうか。

今や才能に溢れていて、幼少の頃からずっと努力をしてきた中学生がプロになるような時代です。

でもそれはひとつまみのスーパーマンの話であって、将棋のルールすら知らない人間が高校から将棋を初めてプロになれるかどうかってのは、諸刃の剣じゃないかと思うんですよね。

というのも、棋士になったらなったで「世の中そんなに甘くないし」ってなるだろうし、なれなかったらなれなかったで「えー、漫画なのにそこはシビアなの?」ってなっちゃうし…。どうやって収拾付けるのかを注目して読みました。

結果的に、終わり方も綺麗だったと思います。個人的には満足ですね。ケチを付けようって感じも特にないし、少年漫画らしい熱さを兼ね備えた将棋漫画だったように思います。

ただ1つだけ残念だったのが「棋譜がほとんどでてこない」という部分で、将棋漫画って部類にはなるけど棋譜が出てこないから、別に将棋じゃなくても良かったんじゃないかって感はありました。

将棋が好きな人にオススメしたいというよりは、友情などが熱い少年漫画が好きな人にオススメで、将棋を通して生きがいを見つけた高校生の日常漫画くらいに思って読んだ方が、しっくりくるかもしれません。

 

あとがき

1点の特技に秀でた主人公って、やっぱ熱い。

 

アドセンス

アドセンス

-個別紹介, 将棋

Copyright© 漫画オススメ.com , 2019 All Rights Reserved.