タイムスリップ系漫画 個別紹介 青春漫画

応援団の運命を変えろ!「アゲイン!!」で青春時代に再挑戦!

更新日:

アゲイン表紙

 

中学生の時に初めて「応援団」なるものを見ました。応援団って言っても部活的な括りじゃなくて、生徒会(クラス委員長とか)が主導する即席のやつだけど。フリを覚えてそれを生徒の前でやってる姿に「委員長って大変だな」と思った記憶があります。

そんな応援団に青春時代を捧げた姿を描いた漫画がこちら。応援団の漫画ってなかなか無いし、これにタイムスリップ要素が加わってるとなれば希少価値MAXです。というわけで今回は、青春時代をアゲインする物語「アゲイン(全12巻完結済み)」を紹介します。

スポンサーリンク

アゲイン マンガ概要

『モテキ』の久保ミツロウが描く、高校生活タイムスリップストーリー! ――高校生活3年間、友達も思い出も作らず卒業式を迎えた今村金一郎(いまむら・きんいちろう)。だが同級生の女子・暁(あきら)と階段から転げ落ち、気づいたら3年前の入学式の日へタイムスリップしていた! 憧れていた女団長・宇佐美(うさみ)と再び出逢った金一郎は、応援団に入団し、宇佐美が独りで頑張る応援団の立て直しを目指す!!

 

アゲインの見所をチェック!!

高校の卒業式から入学式へとタイムスリップ

アゲイン1

 

高校生活であまり良い思い出を作れなかった主人公が、高校生活最後の卒業式で入学式にタイムスリップしてしまうというスタートを切ります。まぁよほど充実した3年間を送れたという人でもなければ、やり直したい願望というか「入学式に戻ってやり直したい!」みたいに考えたことがある人は少なくないのでは?

このタイムスリップを作中では「アゲイン」と呼んでいて、主人公は入学式の日に見た応援団が卒業式では無くなっていることに気付き、二度目の高校生活で応援団に挑戦するという物語です。アゲインすることで歴史が変わるので、応援部を存続させられるかや自分の高校生活を充実したものに変えられるかなど、見所がたっぷりの全12巻となっています。

 

運動部でもなくブラスバンド部でもなく応援団が主役

アゲイン3

 

今でも普通の高校に応援団ってあるのかな。甲子園だとブラスバンドやチアガールは目立ってて、ベンチに入れなかった野球部の子が率先して応援しているというイメージなんだけど…。

応援団の漫画ってなかなか珍しいじゃないですか?吹奏楽部が主役の漫画で応援するシーンは少なくないでしょうが、応援団そのものにスポットを当てた作品はかなり希少だと思います。でも色んな部活を応援するっていうネタができるし、甲子園も国立も花園も思い通りだって思ったらもっと多くてもいいような気がしました。

ちなみに本作では色んな部活に行ってそれぞれで感動的なヒューマンドラマを見せつける的な展開はなく、応援を少しでも盛り上げるための工夫みたいなことだったり、チア部との対立だったり、高校生活そのものの青春を謳歌している様子など幅広く描かれています。

 

応援によって少しずつ運命が変わっていく

アゲイン2

 

タイムスリップ系漫画の醍醐味として、二度目の人生的なアドバンテージを得られる優越感はもちろん、他にも「自分が経験した未来が少しずつ変わっていく」みたいな戸惑いが挙げられると思います。

例えば失恋してしまった恋愛をやり直したいという場合に、なにが原因で失恋してしまったかを思い出し、やり直しがきくようなことであれば対策を講じることで別れなくて済むようになるとか。そうなると別れなかった未来の世界線の話は未経験の未来ということになるわけです。

本作にも随所にそういう場面が見られるんだけど、本来負けたはずの試合結果が変わったり、自分のものとは考えられない充実した高校生活に変わっていく様子など、生き生きとしている主人公の姿は見応えたっぷりです。

 

アゲインを読んだ感想・レビュー

コミックス序盤を読んだ感想・レビュー

高校生活のやり直しってことで青春要素が随所に散りばめられてるんだけど、良い意味でスマートじゃないのが素敵だと思いました。失恋が原因で部活を辞めたとか、恋愛目的で応援団に入るとか…。決して褒められない事情もあけすけになっていく感じがとても良いです。

何より主人公は二度目の高校生活とは言いながらも実質的には初回ということもあって、「とにかく後悔しないように」という思いが強く、ただがむしゃらに頑張っているという感じで、これに胸を打たれない読者はいないんじゃないかと。

主人公の恋模様的な要素もあるのでこの辺がどう進展していくのか、そして応援団は存続するのかが楽しみで仕方ありません。

 

コミックス全12巻を読んだ感想・レビュー

トータル的に見れば面白い漫画であることは間違いないんだけど、終わり方がちょっとよくわからなかったです。「え、こんな終わり方すんの!?」って思いました。とりあえず12巻目の最後の完って字を無視して13巻目を探したよね。

でもそれ以外の部分は面白かったです。聖人君子じゃないんだから目の前の楽な道を選んじゃったり、それに後悔してまたがむしゃらに進んでいく様子とか、読んでいて熱くなるものがあります。

タイムスリップと高校生活の相性は言うまでもなく抜群なので、自分のものと置き換えて考えるのも楽しかったです。でも終わり方がなぁ…。応援団っていう珍しい題材でかなりのドラマになっていただけに、最後だけが残念でなりません。

 

あとがき

最高の黒歴史 作ってやろーぜ。

 

 

 

-タイムスリップ系漫画, 個別紹介, 青春漫画

Copyright© 漫画オススメ.com , 2021 All Rights Reserved.