ギャグ漫画 個別紹介

『シャバの「普通」は難しい』を読むとチート能力が羨ましいとも言い難い

投稿日:

シャバの「普通」は難しい表紙

 

僕のこれまでの人生には1mmもなかったけど、時と場合によっては「自分の能力が高すぎることをバレたり、悟られたりするわけにはいかない」みたいな場面があったりするみたいです。

もし自分が今持っている能力をそのままに幼少時代に戻れるとしたら、毎日そんな感じの悩みに追われることになるでしょう。本作の主人公も似たような悩みを抱えてるみたいです。というわけで今回は、本人が全然楽しくなさそうなチート能力を描いた『シャバの「普通」は難しい(連載中)』を紹介します。

スポンサーリンク

シャバの「普通」は難しい マンガ概要

監獄育ちのエルマは恩赦として監獄から「釈放」させられる。王宮付き侍女となったエルマは、母の言いつけ通り「普通」の少女を目指すが、その常識外れな能力や行動は、やがて王宮全体を揺るがすことに。

 

シャバの「普通」は難しいの見所をチェック!!

スーパーチート能力の少女が普通を目指す物語

シャバの「普通」は難しい1

 

本作を簡単に言うと「超絶能力が高い少女がなるべく普通に振舞おうとするも、あまりにもチート能力過ぎて浮いてしまう」という様子を描いたギャグ漫画です。僕は本作を読んだ時、真っ先に「ドラゴンボールで悟飯が学校で野球をしたシーン」を思い出しました。

普通っぽく振舞おうとして手加減するも尋常じゃない高さまでジャンプしてしまったり、デッドボールを受けても微動だにしなかったり…。本作の主人公もそんな感じのチート能力でもって、普通っぽく暮らそうと心がけています。

しかも本作の場合、主人公が監獄生まれ監獄育ちということで、いわゆる普通を知らない少女ということになります。これが世間とのギャップを生んでいるので、思わずニヤニヤさせられてしまうことでしょう。

 

チート能力が及ぶ範囲は多岐に渡る

シャバの「普通」は難しい2

 

監獄生まれ監獄育ちと言われれば腕っぷしの方が強いことは想像に容易く、身体能力も相当高いんだろうなぁということが伺えます。だから海に行けば巨大マグロやクラーケンを仕留めてくるくらいは朝飯前かもしれません。

しかしそれを調理する技術が高いってのが腑に落ちない!いや、面白いんだけど「何でもありかよ!」って突っ込みたくなります。なぜなら作中では誰も突っ込まないから。フランベとか普通にやってるけど、監獄でそういう文化に触れてたんかっていうね。

たぶんコテコテの突っ込みキャラを用意すれば典型的なギャグ漫画になったんだろうけど、それをやっていないので不思議というかシュールな空気感も残っています。いずれにしても誰も傷付かないタイプの笑いだと思うので、嫌みのない超人に興味がある人におすすめです。

 

最終的に良い話になることもしばしば

シャバの「普通」は難しい3

 

例えば「料理対決」みたいな展開があったとして、相手は超一流シェフなんだけどそれを超える腕を見せつけるっていう展開が予想されるじゃないですか?完膚なきまでに叩きのめしておきながら、いざ結果発表でとぼけるっていうのかな…そんな感じのやつ。

でも作中では意図してるのかどうかはさておき、良い感じに着地することも少なくありません。謙虚にやろうとしている姿が良い方向に作用してるのか何なのか、なぜか感動すらあるっていうね。

めちゃくちゃズレまくってる主人公だけど、最後は良い感じに仕上げてくるらへんも普通じゃありません。ハイスペックメイドにかき回される様子は必見の価値ありです。

 

シャバの「普通」は難しい コミックス1巻を読んだ感想・レビュー

チート能力系の漫画は異世界系でお腹いっぱいになってるかと思ったんだけど、本作は全然楽しめる感じでした。なんでも華麗にこなす主人公が、エピソードの最後に「シャバの方はこれしきのことも出来ないんですか?」みたいに言って終わるっていうのがテンプレなのにもかかわらず、全然嫌味っぽくないし嫌いにならないです。

コテコテの突っ込みキャラがいても良かったんじゃないかとも思いつつ、ボケっぱなしだからこそ主人公が普通を目指せるのかなぁなんて思ったり。いずれにしても読者側で突っ込む感じで楽しめるので問題なし!

主人公がなんでオールマイティなのかについては一切言及されてなかったけど、もしかしたら今後明らかになっていくかもしれないし、牢獄生まれっていう要素がどうストーリーに反映していくのかも楽しみです。

 

あとがき

シャバの普通は難しいとか言ってみてぇな。

 

 

 

-ギャグ漫画, 個別紹介

Copyright© 漫画オススメ.com , 2021 All Rights Reserved.