スポーツ漫画 個別紹介 職業・ビジネス

本作の主役は代理人!新感覚サッカー漫画「フットボールアルケミスト」

更新日:

フットボールアルケミスト表紙

 

サッカー漫画にも監督視点の漫画やユースに着目した漫画などが登場し、一口にサッカー漫画と言っても多種多様な作品が増えてきました。本作はその最たる例と言っていいかも。

最近は海外のクラブチームに移籍する選手が増えてきたサッカー市場。その時に各チームと交渉するのは選手本人ではなく、代理人と呼ばれている人物です。

サッカーのレベルが高い海外のチームに行こうと思ったら、その選手本人の実力が求められるのは当然のことですが、売り込むのは代理人であり、選手が高いモチベーションでプレイできる環境を整えるのが代理人だと考えれば、非常に重要な役割と言えるのでは?

というわけで今回は、新しい視点のサッカー漫画「フットボールアルケミスト(連載中)」を紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

フットボールアルケミスト マンガ概要

フットボール代理人。彼らは選手に代わり契約や移籍を執り行い、スター選手の移籍を実現させると天文学的な金額を動かすことも。サッカー選手の兄を持つ女子大生の夏目リサは「金の亡者」と悪名高い代理人・先崎恭介の事務所のインターンとして採用される。それをきっかけにリサは魑魅魍魎の世界へ踏み出した。試合に出たい選手、戦力が欲しいクラブ、その間をつなぐ代理人―。日本人選手の海外移籍、自分の野望とクラブへの恩義に揺れる選手に代理人は何を語るか。若手ブラジル人選手獲得の裏で会長と代理人の間で動く黒いお金、果たして正義はどこにあるのか。業界騒然、フットボールを裏から牛耳る代理人の真の姿を描く。サッカー界の事情通と気鋭のサッカー漫画家のコンビが贈る第1巻。

 

フットボールアルケミストの見所をチェック!!

代理人のイメージが一新される新しい視点のサッカー漫画

フットボールアルケミスト1

 

代理人というワードを耳にすることはあっても、具体的にどのようなことをしているのかを把握している人は少ないのでは?僕も「選手の代わりに入団交渉する人でしょ?」くらいのイメージしかありませんでした。

真実かそうでないかは別にして、本作では代理人という存在の切り込んだ部分にまで言及されています。例えば「選手のポテンシャルを見抜く力」や「その選手を売り込むための交渉術」などは分かりやすい部分ですが、賄賂を使って自分が担当している無名の選手を代表に召集させる等の衝撃的な手法も描かれています。

なんだかんだで代理人の報酬は、選手の価値を上げてナンボの世界だということは想像に容易いですが、代理人に求められる能力というのは多岐に渡るんだと認識させてくれる内容です。

 

移籍する選手の心情などにもスポットを当てている

フットボールアルケミスト3

 

長年在籍していたチームを離れるとき、サポーターの中には「裏切られた」と感じる人も多少なり存在します。海外志向が強い選手ほど「チャンスを無駄にできない」という心理と「このタイミングで移籍してもいいのだろうか」という心理の狭間で揺れ動くことは間違いないです。

個人的には「今までありがとう、新天地でも頑張れ」でいいんじゃないかと思うけど、熱狂的なファンほどそう簡単に割り切れない部分があるんでしょう。本作はそういう部分にもスポットが当たっています。

海外の市場を見ていると、クラブと選手の関係性は割とドライであることが見て取れるわけで…。どっちが良いか悪いかは別にして、少なくとも本作は「必ずこのチームを優勝に導くんだ!」みたいな感動を演出する感じのサッカー漫画でないことは確実です。

 

人種間の衝突やアウェイの洗礼

フットボールアルケミスト2

 

サッカーに限らず野球なんかのスポーツでもそうですが、たびたび差別問題などが浮き彫りになります。ずっと日本にいる僕らにとって日本人が差別されるというのは、いまいちイメージしにくい問題です。

とは言え、世界のトッププレイヤーがパフォーマンス上で差別と受け取られるような行動をしたり、あるいはサポーターが看過できないレベルの過激な挑発を行うことがあるのも事実。表立った部分だけでも思いつく例が山ほどあるわけですから、水面下で進められることが多い交渉においては、様々な嫌がらせがあることは間違いないでしょう。

その嫌がらせを受けるのは選手だけでなく、代理人も同じなはず。言葉や文化の違う世界において、時には強気に出なければならない代理人の多角的な交渉術は、まさに圧巻の一言で見応えたっぷりです。

 

フットボールアルケミスト コミックス1巻を読んだ感想・レビュー

今までに見たことがないタイプの漫画で、新しい視点のサッカー漫画です。少し誇張されている部分があるのかもしれないけど、少なくとも交渉術や移籍の条件などには選手の力量だけでなく、何かしらの大きな力が動くこともあるだろうから、そういう部分が覗けるってだけでもめちゃくちゃ面白いと思いました。

あとは代理人の立場として「100%選手のためを思って…」という感じのスタイルじゃないのもいい!100%善人という感じではなく、根底には「選手の価値を高めただけ自分の報酬も上がる」というような自己利益を感じるので、上辺だけじゃない芯を感じられます。

代理人同士の衝突にも見応えがあるし、主人公の過去に関する伏線も張られているので、今後どのように発展していくのかが楽しみで仕方ありません。サッカー漫画が好きな人、一風変わったスポーツ漫画が読みたいという人には文句なしにおすすめ。

 

あとがき

スポーツ選手の代理人に対するイメージが180度変わります。

 

 

アドセンス

アドセンス

-スポーツ漫画, 個別紹介, 職業・ビジネス

Copyright© 漫画オススメ.com , 2021 All Rights Reserved.