「うわばみ彼女」を読んだ感想・レビュー

うわばみ彼女表紙
Ⓒうわばみ彼女

僕はお酒が全く飲めないんだけど、お酒を題材にした漫画はかなり好きです。理由はおつまみが好きっていうのもあるし、お酒が好きな人の目線が楽しめるっていうのも大きいんじゃないかと思っています。

本来なら「酔っぱらいのあの行動はこういう心理状況によるものなのか!」みたいな楽しみ方をしているんですが、本作は普通に下戸目線でも楽しめるお酒漫画と言っても過言ではありません。

というわけで今回は、同棲カップルによるお酒×4コマ漫画「うわばみ彼女(全5巻完結済み)」を紹介します。

著:後藤羽矢子
¥3,300 (2021/09/15 17:06時点 | Amazon調べ)

うわばみ彼女のあらすじ

おれの彼女はうわばみだ───。上戸、酒豪、左党、酒飲みの称号は数あれど、底なしの大酒呑みに変わりナシ! そんな彼女との同棲生活は呑まされ、呑んで大変だ!!!季節の変わり目、では一杯♪おつまみ練成、もう一杯♪酒呑みな方も、そうでない方も読んでるうちに呑んでいるキュートなのんべえ4コマ!!

うわばみ彼女の見所をチェック!!

のんべえ彼女と下戸の主人公による日常コメディー

うわばみ彼女2
Ⓒうわばみ彼女

本作はとにかくお酒が好きな彼女と、お酒が飲めない主人公の同棲生活にスポットを当てた作品です。同棲生活あるあるみたいなものもお酒に絡めて、上手く笑いを生み出しているのが特徴です。

お酒好きからするとおつまみの下りとかお酒が飲みたくなるタイミングなんかで、あるあるの宝庫なんじゃないかと思います。僕は残念ながらお酒が飲めないんだけど、主人公が下戸っていうこともあってかなり楽しめました。

お酒が好きな人もお酒が苦手な人もどちらも楽しめるお酒漫画って、意外とありそうでなかったのでは?お酒が好きなら文句なし!お酒が飲めなくても「パートナーが酒好き」とかならめちゃくちゃ楽しめる漫画です。

お酒ネタを上手く絡めたテンポの良い起承転結

うわばみ彼女1
Ⓒうわばみ彼女

同棲もしている大人なカップルが主人公なので割と下ネタが少なくありません。でもコテコテの親父ギャグからライトな下ネタまで幅広く使いこなしていて、さらには酒飲みあるあるなんかも相まってテンポの良い笑いが楽しめます。

一応4コマではあるんだけど4コマで落ちるとは限らず、時には8コマで落としているエピソードなんかもあったりして、すごく柔軟に伸び伸びと描いているという印象を受けました。

こういうゆるさも本作の魅力の一つ。自然体で楽しめるというかまさに「お酒好きな人の日常生活」という感じなので、最初から最後まで共感しっぱなしなのではないかと思います。もちろんお酒が飲めなくても、友達や恋人など近しい存在の人にのんべえがいるなら、これまた共感しっぱなしの全5巻となるでしょう。

とにかくお酒が大好きな作者さんによるお酒ライフ

うわばみ彼女3
Ⓒうわばみ彼女

やっぱ酒好きの人が描いた漫画が一番お酒の魅力を伝えられるでしょ!ということで、本作の作者さんは本当にお酒が好きそう。

ぶっちゃけ強制されなければ一滴も飲まない僕のような人間にとって、お酒って「なぜ好かれているのかが不思議」っていう感じしかないんだけど、僕もお酒が飲めたら一人で家にいる時間も楽しめたりするのかなぁと思ったりもします。

そして作者さんのお酒の付き合い方は平和そうな感じがして、お酒を飲まない僕からしても好感が持てるものでした。これは酒好き作者によるお酒ライフなので、多くの酒好きが魅了されるネタが詰まっていると言っても過言ではないでしょう。

うわばみ彼女 全5巻を読んだ感想・レビュー(ネタバレなし)

お酒が好きな人もそうでない人も楽しめるお酒ライフ&4コマ漫画です。酒豪と下戸の二人を主人公にすることによって、どっち目線でも楽しめるようにしたっていうのは革命と言っていいかも。

飲み会の席でのあるあるとか、宅飲みでのあるあるとか…お酒を飲まない僕ですら共感できるシーンがかなりあったので、お酒好きならつまみに読めるくらいのクオリティじゃないかと思います。

そして一話一話がオムニバスで関連性がなさそうに見えるものの、実は根底にはメインストーリーがあって二人の関係性も少しずつ進んでいくのがポイントです。お酒が好きな彼女とお酒が苦手な彼氏っていう相反する二人が、最終的にどのように距離を縮めていくのかっていう部分にも注目してみると幸せになれるはず。

あとがき

子供で酒の良さに気付くって人生何度目だよ。

著:後藤羽矢子
¥3,300 (2021/09/15 17:06時点 | Amazon調べ)