ギャグ漫画 個別紹介 職業・ビジネス

書店員あるあるの宝庫!「ガイコツ書店員本田さん」の優しい笑いが最高

更新日:

 

本屋さんの雰囲気が好きです。本屋さんの店員さんがエプロンしてるのも、ちょっと好き。何なら「コスプレで書店員ってジャンルないの?」くらいに思ったりもします。

冗談はさて置き、最近は僕も電子書籍ばっかになってるんだけど、紙の本は売れなくなってきてるだろうなーって痛感します。そして書店員さんは、本の場所とか聞かれた時に即答できるイメージがあるし、やっぱすげぇなと。

そんな書店員さんの姿を漫画化した作品がこちらです。というわけで今回は、ガイコツが書店員をやっている面白お仕事漫画「ガイコツ書店員本田さん(全4巻完結済み)」を紹介します。

全4巻構成となっていますが物語としては全3巻完結で、4巻目はファンブックのような構成となっています。

スポンサーリンク

アドセンス

マンガ概要

(業務と)戦うガイコツ書店員、本田さん!! コミック売り場がこんなに笑える職場だなんて聞いてない!? 爆笑必至の本屋さん実録お仕事マンガ☆

 

見所をチェック!!

「あるある」じゃなくて「ありそうだなー」と感じる笑い

 

ギャグ漫画なんかの笑いの王道としては「共感」だと思うんです。思わず「あるある!」って言っちゃう瞬間は、思わず顔がにやけてしまうもの。本作も書店員が主人公ということで、アルバイトを含め書店で仕事を経験したことがある人からすれば「あるある」の宝庫なんでしょう。

一方で「じゃあ書店での仕事経験が無い人にはどう映るの?」って思うじゃないですか?なんかね、「うわー、こんなんありそうだなー」って笑いになります。書店での仕事経験がなくても、光景が目に浮かぶ面白さ。

 

というか、もしかしたら「書店員あるある=本屋さんの客あるある」なのかも。僕も本屋さんで目的の本が見つけられなくて、Amazonのページを店員さんに見せたこと何回かあるし…。

それでいて冷静になった瞬間に、書店員がガイコツっていうシュールさも相まって、個人的にはかなりツボです。本屋さんによく行く人とか、この作風には夢中になるんじゃないかと。

スポンサーリンク

アドセンス

本屋さんの裏側が覗ける

 

何と言ってもお仕事漫画の魅力は、その仕事の裏側が覗けるという部分です。

書店員としての裏側は、「外人さんに日本語以外の言葉で話しかけられる」とか、「会計するのに気まずいジャンルの本を大量に買われた時の反応に困る」とか、「漠然とした条件でおすすめを聞かれて、シフト全員の知識を総動員する」とか、まぁ想像通りなものもあれば想定外のトラブルなんかもあって色々笑わせてもらいました。

 

そういえばフラジャケって言葉が生まれたのっていつだったかなぁ。昔はゲームも発売日前に店頭に並んだりしたもんだけど、気付いたらすっげーうるさくなったよね。特にジャンプとかは昔は地域によっても発売日が違ったし…。

僕はコンビニでバイトした経験があって、それでも月曜日と水曜日は漫画目当てのお客さんとトラブったことが何回かあります。それを知ってるから、週刊漫画雑誌のあれこれを読んだ時は「大変そうだろうなぁ」って思ったのと同時に、とても勉強になりました。

 

営業さんとの駆け引き

 

ドキュメンタリーか何かで見たことがあるんだけど、書店に行くとオシャレなPOPが飾ってあって、そこに「書店員がおすすめする書籍ランキング!」みたいなのを独自でやてたりするじゃないですか?それの売り上げって、そこそこ良いみたいです(もちろん店舗によるとは思うけど)。

で、やはりレイアウトなんかにも気を遣っていて「人気作は目に付く位置に!」なんてマニュアルも存在するようで、本を置いてもらう営業側の意見からすると、そりゃ「目立つ位置、あるいは人気作の隣において欲しい」っていう思惑があるんだとか。

こういう部分って冷静になってよく考えればわかるんだけど、客側からすれば「知らない間に刷り込まれていること」なんで、こうやって面白おかしく漫画を通して知ることができるっていうのは、マジで勉強になります。

スポンサーリンク

アドセンス

ガイコツ書店員本田さん 全4巻を読んだ感想・レビュー

本屋さんあるあるが面白いし、主人公の本田さんの人柄も良くて、終始ニヤニヤしっぱなしの全4巻でした。

あ、でも4巻目は大きく趣旨が違う巻で、「全3巻で完結してたところに後から追加して出版したオマケ的なやつ」なんで、ストーリーそのものさえ楽しめればいいって人は3巻まででいいと思う(というか、4巻じゃなくて0巻とか外伝とかで出して欲しかったくらい内容が違う)。

 

kindleの評判も見てもらえれば分かるけど、1巻~3巻までは絶賛の嵐です。ガイコツだから出オチかと思いきや、そんなことは一切ありません。汗をかいたり血を吐いたり目が光ったり…。意外と本田さん、表情豊かだし。

本屋さんの空気が好きで、たまにフラッと立ち寄ってしまうっていう人には文句なし。本は電子書籍一択って人も今は多いと思うけど、本作を読んだら買う・買わないは別にして本屋に行きたくなるはず。

 

あとがき

数冊の雑誌買う時、バーコードが読み取りやすいように裏向きにしてちょっとずつズラしてるのに、スキャンする直前で全部揃えて表向きに直すのやめてー(そして表紙を見られたら恥ずかしい雑誌を買っているわけではない)。

 

 

アドセンス

アドセンス

-ギャグ漫画, 個別紹介, 職業・ビジネス

Copyright© 漫画オススメ.com , 2020 All Rights Reserved.