ヤンキー漫画 個別紹介 格闘漫画

読むだけで強くなったと錯覚できる漫画「ホーリーランド」を紹介する

更新日:

ホーリーランド表紙

 

個人的には素手で人を思いっきり殴ったことがなくて、街で不良に絡まれたことはあっても、ガチでボコられた経験はありません。

どちらかと言えば、ケンカに無縁だったと思います。ただ、やる方かやられる方かで言えば、間違いなく後者だろうなと。

 

そんなやられる側の人間が、やる側の人間を返り討ちにする爽快感ったらないです。格闘技なら経験や努力がモノを言いそうだけど、ストリートファイトはまた違うでしょ。

というわけで今回は、ストリートファイトにスポットを当てた作品「ホーリーランド(全18巻完結済み)」を紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

マンガ概要

学校にも家庭にも身の置き所がなく、自分の存在が確認できない高校生・神代ユウ。ボクシングのワン・ツーを覚えた彼は“ヤンキー狩り”をするハメになり、夜の街の戦いに巻き込まれていくが…!?

 

ホーリーランドの見所をチェック!!

いじめられっ子の引きこもりが主人公

ホーリーランド1

 

本作はストリートファイトを描いた作品なんだけど、主人公がいじめられっ子で引きこもりという…。

ボクシングとか空手を題材にした格闘技漫画(武道漫画)だと、いじめられっ子が強さを追い求めるという展開は割とよく聞きますが、ストリートファイトでこれは斬新だと思いました。

 

不良に絡まれては、自分を守るために返り討ちにしていたというだけなのに、なぜか「不良狩りのボクサー」の異名を付けられてしまうことに。

ちなみに主人公はボクシングを習っていたというわけではなく、あくまで本を読んでボクシングの導入部分を自己流で練習したというだけです。そして話が進むにつれて、色々な技を身に着けていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

格闘技ではなくストリートファイトならではの展開

ホーリーランド2

 

格闘技とケンカで大きく違うのは、まずルールがないという点です。それ以外にも「服を着ている」「1対複数が想定される」など、様々な違いがあります。

僕は人を思いっきり殴った経験がないのでアレなんだけど、顔面を殴って手を怪我するっていうのは面白いと思いました。これは実際にやってみないと分からない部分じゃないかと。

確かにボクシングのグローブは「拳を保護するため」って言われてるし、体罰をする教師は「殴る方も痛いんだ!」って言うもんね(それは違う)。

 

あとは柔道使いからすれば、相手の着ている服を凶器に出来るとか、投げつける先が畳やマットじゃなくてアスファルトになるとか。

格闘技について詳しく描かれている漫画でも、こういう視点で描かれているケースはあまり無いように思うので、こういったストリートファイトならではの視点が見所です。

 

主人公の向かう先

ホーリーランド3

 

最初はおどおどしていて見るからに弱そうな主人公ですが、場数を踏むことによって変わっていくのかどうかという部分も大きな見所と言えるでしょう。

力を持ってしまったらそれを使わずにいられないのが人間ですし、マイク・タイソンが元々はいじめられっ子だったということを踏まえても、自信がついたら人間性が変わる可能性も十分にあるはず。

 

そもそも初期段階から過剰防衛くらいのことは普通にやっているので、あとは周りの噂なんかも相まって「最強のストリートファイター」くらいに崇められたりするかも。

…というのは冗談で、主人公が強さを身に付けていくのと同時に、イジメっ子や不良たちなどの対応が変化するのは予想が付きます。昨日の敵は今日の友じゃないけど、いじめられっ子で引きこもりだった主人公にも居場所が出来ればいいなぁと。

スポンサーリンク

アドセンス

ホーリーランド コミックス1巻~3巻を読んだ感想・レビュー

どちらかと言えばリアル寄りの格闘漫画で、ストリートファイト視点なのが斬新です。格闘漫画というよりはヤンキー漫画に近いような気もするけど、いかんせん主人公がヤンキーじゃないので何とも。

色んな格闘技が登場して、それを街の喧嘩で使うっていう展開は、強さの原点というか「地上最強は何か」みたいな空気感があってワクワクします。

刃牙シリーズなんかでもルール無用の異種格闘技は描かれていますが、向こうはアメリカの軍隊にも勝てる人間がいるという世界観なので、リアル寄りの喧嘩に興味があるという人には本作がおすすめです。

 

あとがき

俺のホーリーランド。

 

created by Rinker
¥555 (2020/10/30 05:35:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

アドセンス

アドセンス

-ヤンキー漫画, 個別紹介, 格闘漫画

Copyright© 漫画オススメ.com , 2020 All Rights Reserved.