4コマ ギャグ漫画 個別紹介 歴史漫画

ライトな気持ちで江戸文化に触れることが出来る「北斎のむすめ。」

更新日:

 

こちらは、一般的な歴史漫画とはちょっと違って「葛飾北斎の娘を主人公として描かれている、ライトな雰囲気の4コマギャグ漫画」です。

中学生の頃、葛飾北斎が出てくるあたりって色んな浮世絵師やら芸術家が出てきたりして、名前と代表作を覚えるのに必死だった記憶があります。

というのは、全然興味がないもんだから暗記一辺倒になっていたこととか、問題の出しやすさからテスト問題になりやすいことが関係しているかと。

本作は、決して歴史の勉強になるという感じの作風ではないものの、この時代の登場人物に対しての苦手意識を払拭してくれることは間違いありません。

というわけで今回は、ライトな気持ちで江戸文化に触れることが出来る「北斎のむすめ。(全3巻完結済み)」を紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

マンガ概要

『美人画にかけては娘にかなわない!』 世界にその名を知られる伝説の浮世絵師・葛飾北斎に舌を巻かせた女流絵師・お栄。男顔負けの画才と行動力を持ち、自分ならではの美人画を描くために吉原に潜入して…。絵に青春をかけた大江戸熱中時代!

 

見所をチェック!!

内容はライトなギャグ漫画

 

本作の構造は4コマ仕立てで、しっかりと起承転結があるタイプ。笑えるかどうかは別にして、ちゃんとオチが付いているので読みやすいです。

もちろん現代風にデフォルメされていて、非常に読みやすく(しかも面白く感じるように)描かれていることもあって、歴史の勉強になるという感じではない…かな。

 

それでも扱っている題材が題材なだけに、くだらないギャグ漫画ともまた違った魅力があります(オチ自体はくだらないギャグだったりもするけど)。

タイトルといい、表紙を見た感じの雰囲気といい、漫画というよりは小説っぽい雰囲気もあるし、少なくとも中学生の頃の僕がこれを読んでいても、母親に「漫画なんか読んでないで勉強しなさい!」とは言われなかったんじゃないかと。

スポンサーリンク

アドセンス

江戸の文化に自然と触れられる

 

歴史の勉強をしていると、この時代の人名と代表作をセットで暗記しなきゃいけなくて、それこそ「冨嶽三十六景」とか言われても、誰の作品なのかパッと出てこないっていう…。

東海道中膝栗毛とか十返舎一九って、1回聞いたら意外とリズムで覚えられるし、何ならふざけてネタにするくらいのアレだけど、似たようなのが一杯出てくるから「東海道中膝栗毛=十返舎一九」ってなりにくい。というか「滑稽本ってなんやねん」くらいの感じ。

 

本作を読めば、楽しく江戸の文化に触れることができるので、漫画を読みながら自然とその辺の紐づけが可能です。そういう意味では、この時代に苦手意識があるという人が手に取るのもアリだと思う。

ぶっちゃけ「というか史実では北斎のむすめって有名なの?」って部分から始まり、「てか、葛飾北斎ってどんな人だったの?」とか調べ始めるくらいの感じ。「葛飾北斎ってどんな人?恋人はいる?家族構成は?カップ数は?」みたいなページに辿り着くまでがデフォ。

スポンサーリンク

アドセンス

北斎のむすめ。 全3巻を読んだ感想・レビュー

4コマ漫画なので、空いた時間に読むのに最適です。エピソードの区切り的にも、すぐに読むことを中断できるというのはメリットだと思いました。

あとこれは読者によると思うけど、僕の場合は普通に「江戸時代の有名な本やら絵画に関する復習」みたいなことをするまでになったので、江戸時代の歴史の勉強に嫌気が差している学生さんにもいいと思うし、この時代を暗記で乗り切ったという社会人の人にもいいと思う。

 

上の方にも書いたように、僕も学生当時は全部暗記で乗り切ったから、年齢を重ねてもうほとんど覚えてないんですよ。「名前は聞いたことあるけど、なんだっけそれ?」みたいな感じ。

それが本作を読んで自発的に復習したものは、たぶんずっと忘れないんじゃないかと。しかも「滝沢馬琴」って名前が物議を醸しているとか、初めて知ったし。

本作自体が勉強になるって感じではないけど、本作を通じて勉強する意欲が刺激される感じではあると思います。何かのキッカケになるだけの魅力は感じられる全3巻です。

 

あとがき

すがわらのたかすえのむすめ。

 

created by Rinker
¥594 (2020/10/31 05:08:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

アドセンス

アドセンス

-4コマ, ギャグ漫画, 個別紹介, 歴史漫画

Copyright© 漫画オススメ.com , 2020 All Rights Reserved.