タイムスリップ系漫画 ヤンキー漫画 個別紹介

「東京卍リベンジャーズ」の冷静と情熱の間にある面白さは規格外である

更新日:

ヤンキー漫画を見ていると、基本的には主人公は喧嘩が強いことが多いし、そうじゃないと読者を引っ張ってこれないのかなーって思う部分があります。

…いや、正確には「そういうイメージがありました」と言うべきですね。

 

主人公が弱さ前回のヤンキー漫画は「ギャグ色が強くなって、緊張感やシリアスな感じに欠ける」と思ってたんだけど、意外にそんなことはありませんでした。

そして「タイムリープ」という概念を取り込むことによって、イイ意味でヤンキー漫画・不良漫画の「古臭さ」みたいなものがカバーされていて、現代風の面白い感じに仕上がっていると思います。

 

というわけで今回は、タイムリープを駆使して当時の彼女を救う物語を描いたヤンキー漫画「東京卍リベンジャーズ(連載中)」を紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

作品概要

主人公・花垣タケミチ(26)は、家でテレビを見ていた。

そして偶然流れてきたニュースで、中学時代に付き合っていた人生で唯一の彼女・橘陽向が死んでしまったことを知る。

 

虚無感に襲われ、自分の人生を振り返っていると、電車に乗る時に線路に落ちてしまい、気付いたら12年前の中学生時代にタイムスリップしていた。

死んだと思ったら中学時代にタイムスリップ…。「これはきっと神様が最後にヒナタに会わせてくれたに違いない!」とタケミチは思った。

 

しかし運命の歯車は加速的に動き出す。なんと12年前にタイムスリップしたことによって、ヒナタと一緒に死ぬはずだった弟の橘ナオトが生き永らえ、タケミチを電車の事故から救ったのだ。

そして目が覚めたばかりのタケミチに対し、ナオトは真剣な眼差しでこう言った。

 

「ボクに協力してください!!君なら!姉さんを救える!!!」と。

 

見所をチェック!!

主人公の能力は「タイムスリップ」ではなく「タイムリープ」

僕自身、ここまでの文章でタイムスリップってワードを使ってきてるんだけど、本作で描かれているのは「タイムリープ」です。

現代と過去を行ったり来たりできるって設定のもと、物語が進められていきます。

 

過去で何かしらの行動を起こし現代に戻ってくると、何かしらの変化が起きているという感じですね。そしてパラレルワールドって概念は無さそうです。

そして、東京卍會の抗争に巻き込まれて死んでしまったヒナタを救うために、中学時代の彼氏とヒナタの弟が立ち上がるという物語になっています。

スポンサーリンク

アドセンス

死んでしまった人生唯一の彼女を救えるかどうか

本作の1番の見所はここです。「死んでしまった彼女を救えるかどうか」この1点。

彼女は東京卍會の抗争に巻き込まれて死んでしまったって事実を受けて「東京卍會を結成させないようにする」って発想はちょっと回りくどいように思うけど、面白いから全然OK。

 

個人的には、確かに中学の時に怖い先輩とかはいたけど、今の心理状態で昔に戻ったとしても、中学時代の先輩って別に怖くないような気も…。「全然、ガキじゃん」とか思いそうだけどね。

でもその辺は「20歳を超えても抗争やら何やらやらかす大人になるような先輩」ってことで、いくらでも脳内補完が可能です。

 

ヤンキー漫画らしい熱さが詰め込まれている

本作では自分たちの勝手で抗争を引き起こして、その流れ弾みたいな感じで一般市民を巻き込んでいるって事実があるあたり、東京卍會っつーのは相当厄介でろくでなしな感じのグループだって思う。

 

でも、その結成に携わった人間全員が悪者って感じには到底思えないんですよね。やっぱ不良とかヤンキーって、仲間たちの絆みたいなものは大事にする傾向が強いじゃないですか?

 

その辺の熱さはしっかり兼ね備えているし、読んでて「どうしてそんな事故を引き起こすようなチームになっちゃったんだろう?」とか、そういう興味でもグングン引っ張っていかれます。

 

コミックス1巻を読んだ感想

決して喧嘩が強いって訳じゃないし、大人になってからは不良みたいなことから完全に足を洗っていて、その辺のどこにでもいそうなお兄ちゃんが主人公ってのがまず面白いです。

で、後悔の念が強くて「自分が動かなきゃヒナタを助けられない!」ってことで、一生懸命勇気を振り絞って不良たちに立ち向かっていく姿ってのが何かいい。

 

なんだろう。なんか人間っぽくていいですよ。そして、そういう勇気を見てくれてる奴って必ず1人や2人はいますからね。

コミックス1巻の時点では、東京卍會の代表も「大人になってからも世間に迷惑をかけそうな悪い奴には見えない」ってのが正直な感想で、不良は不良だけど健全な不良って感じ。

 

暴力とかは振るうけど、それも「同じ不良にしか手を上げない」みたいなポリシーのある不良のように感じます。

それがいつから歯車が狂っていくのか…。続きがメチャクチャ気になりますね。

 

あとがき

「後悔先に立たず」って表現、めっちゃ合ってる。

 

 

アドセンス

アドセンス

-タイムスリップ系漫画, ヤンキー漫画, 個別紹介

Copyright© 漫画オススメ.com , 2019 All Rights Reserved.