バトル 個別紹介

「転生したらヤムチャだった件」に見たヤムチャのポテンシャルは相当なもの

更新日:

幼少の頃に「〇〇ごっこ」ってやりませんでした?多いのは当時流行っているアニメとか特撮ヒーローものとかだと思うんだけど、僕の頃は専らドラゴンボールでした。

で、やっぱ悟空の取り合いになるんだよね。悟空か悟飯かトランクスか…ヤムチャとか本当に人気なかったなー。てか、ヤムチャなんか候補にも挙がらなかったな、うん。

やっぱ大好きな漫画のキャラに転生できるとなると否が応でもテンションが上がるけど、中には「うわーこいつかよ」って思うキャラもいるわけで、大手を振って喜べないこともあるのです。

というわけで今回は、実際になったら嬉しいんだか売れしくないんだかよくわからないけど、パロディー作品としては一級品の「DRAGON BALL外伝 転生したらヤムチャだった件(全1巻完結済み)」を紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

作品概要

ドラゴンボールが大好きな1人の少年がいた。

彼は、スカートの短い通行人の女の子を近くでみるために、急いで歩道橋の階段を降りようとしたところ、勢い余って階段で転倒してしまった。

そして目を開けると、そこは幼少期の悟空がいるドラゴンボールの世界で、自分はヤムチャに転生していたのだ。

そして、自分が陥ってしまった状況を把握した彼は、こう叫んだ。

「どうせなら悟空とかベジータがよかったああーっ!!!」

 

見所をチェック!!

すごく自由度の高いDBゲームをやっているみたい

原作ファンなら思わずニヤリとしてしまうシーンがとにかく多いんだけど、何と言っても「メチャクチャ自由度の高いドラゴンボールのゲームの世界に紛れ込んだかのような錯覚」を楽しむことができます。

ヤムチャらしく振る舞うも良し、自分らしく楽しむも良し。なんなら原作のヤムチャを遥かに超える活躍を見せたっていいわけですから。

サイヤ人が来たときに、サイバイマンにやられないように修行するのもいいでしょう。まぁ地球人が頑張ったところでたかが知れてるわけですが、やりようによっちゃクリリンくらいの活躍はできますからね。

そうやって考えてたら、なんだかオラわくわくしてきたぞ。

 

ドラゴンボールのifの世界が秀逸

実際にドラゴンボール本編では、セル編で既にパラレルワールドが幾つか出来あがってたわけだけど、本作でも幾つかの歴史のズレが生じます。

まぁ自分がヤムチャになった時のことを想定したらすぐわかるように、1番気になるのはサイバイマン戦ですよね。

でもアレは油断したから死んだだけで戦力的には勝ってたわけだから、まぁ大丈夫なような気もしなくはないけど、そこで生きてたとしても天津飯やピッコロもろともナッパにやられていたような気もする…。

というわけで「悟空に付いてって修行してみよう!」となるわけです。まぁ死にはしなかったものの、天下一武闘会では天津飯に足の骨も折られるし…それもできることなら回避したいですからね。

 

転生ならではの強みが面白い

修行して強くなるとは言っても、サイヤ人のようなチート性は持っていないわけで「ヤムチャがどんなに頑張ったところで、クリリンに毛が生えた程度にしかなれないのでは?」って思うじゃないですか?

確かにそうではあるんだけど、あらすじを知っているという強みを最大限まで利用するっていう気概が堪らないです。「あー、この人は本当にドラゴンボールが好きなんだなぁ」って思いますよ。

例えば、ゲスい考えだとドラゴンボール使って不老不死にしてもらうとか考えちゃうと思うんです。

でも本作は違って、サイヤ人が来る前にピッコロが乗ってきた宇宙船を使ってナメック星に行き、最長老様に力を引き出してもらうっていうね。「確かにそれくらいの力があれば、当時のナッパとベジータくらいなら死なない程度にやれそうだわ」って感心させられましたよ。

スポンサーリンク

アドセンス

オチも秀逸

まぁ最初から「どんなに頑張ったところで、せいぜいフリーザ編までだろうな」って感はあったんですよ。魔人ブウ編のクリリンでも、ギニュー特戦隊には多分敵わなかったでしょ。

というわけで、どうやって決着つけるのかなーって思ってたんです。そしたら、すっげー面白い方向に話が転がっていきました。これは、素直にやられたと思いましたね。

恐らく、普通に読んでいただけでは、誰もが予想だにしなかった展開が待ち受けていると思います。是非ご自身の目で、その結末をご覧ください。

 

全1巻を読んでみての感想

まずはこの漫画を描こうと思った発想に驚きましたね。こんなの原作を相当愛してないと描けないし、てか絵が超上手い。普通に鳥山先生が描いてると思ったし。

正直言って「このシリーズで色んなキャラを出して欲しい!」って思うくらい、とにかく面白い作品でした。僕みたいなドラゴンボールファンには堪らないですよ。

これは原作に対するリスペクトを感じるので、原作ファンが読んでも全然イラっとしません。鳥山先生がGOサインを出してくれたのも頷けるレベルです。

ギャグっぽさはないのに、こんなにニヤニヤして読んだ作品は、あんまり思い浮かばないですね。それくらい面白いと感じた作品でした。ぜひ次はヤジロベーで見たいっす。

 

あとがき

ドラゴンボールのキャラ全体で考えたら、ヤムチャっつーかZ戦士って超当たりの部類だよね。

 

アドセンス

アドセンス

-バトル, 個別紹介

Copyright© 漫画オススメ.com , 2019 All Rights Reserved.