スポーツ漫画 個別紹介 野球漫画

独立リーグやトライアウトを描いた野球漫画「WILD PITCH!!!」を紹介する

更新日:

中原裕先生の作品では「ラストイニング」にメチャクチャ夢中になりました。これまで読んできた野球漫画の中でもトップクラスに大好きな作品です。

そんな中原先生が描く本作は、ちょっと異質な野球漫画となっています。なんと高校野球→独立リーグ→育成枠という順番でステップアップしていくというもの。これは「プロ野球=1軍」みたいな野球漫画が多かったなかで、風穴を開ける存在になるのでは?

というわけで今回は、異質な光を放つ野球漫画「WILD PITCH!!!(連載中)」を紹介します。

※軽いネタバレを含みます。

スポンサーリンク

アドセンス

作品概要

本作は高校野球に始まり、独立リーグを経由してトライアウトを受けてプロ入りを目指す1人の男の野球道にスポットを当てた野球漫画である。

高3の夏は惜しい所までいったものの、大番狂わせを演出することはできずに決勝で敗退。

ドラフトにかかることを信じて疑わなかった主人公の城戸は、自分が指名されなかった現実を受け入れることができなかった。

そして、次の活躍の場を求めて、独立リーグへの挑戦を決める。

 

登場人物

城戸 拓馬(通称:拓)

本作の主人公にして青流高校野球部のエース。粗削りながらも、闘志むき出しのワイルドなピッチングが売りの左投げ投手で、持ち味は140kmのストレートと鋭い弧を描くカーブ。

ライバルに超高校級のバッターである猪俣がいるが、彼を完璧に抑えたのは予選~甲子園までで拓ただ1人である。

 

内山 正人

青流高校野球部の二番手ピッチャーで、拓とは幼馴染。

長身を生かしたストレートが武器であるが、1番の武器は内に秘めた真面目さかもしれない。

ドラフトでは東京スパローズから7位指名され、見事プロ入りを果たした。

 

水谷 陽

青流高校野球部の女子部員兼マネージャー。

女子野球がある高校に進学していれば、レギュラーも確実と言われる腕の持ち主だが、野球を始めたキッカケが甲子園にあり、その甲子園に拓や正人と一緒に行きたいという思いから青流高校へと進学した。

夏以降は、自分の中にあった「女子プロ野球をやりたい」という気持ちが強くなり、入団テストに挑戦することになる。

 

猪俣 力

「東の大怪獣」の異名を持つ超高校級スラッガーで、3年の夏は打率7割3分、ホームラン5本の成績を記録した。

ドラフトでは6球団の競合の末、東京グランデに入団。プロ2年目にして4番になるなど、超高校級スラッガーらしい大活躍を見せる。

 

比留間 和紀

野球の才能に溢れている選手だが、高校時は野球部の悪しき風習(坊主頭)が受け入れられず退部。

高3の夏、自宅で甲子園中継を見ていた時に城戸vs猪俣の対決を見て、再び野球に挑戦する情熱を取り戻した。

独立リーグなら自分のようにドロップアウトした人間でも受け入れてもらえると信じ、イチから身体を作って挑戦することに。

 

佐井

東京スパローズのベテランスカウト。

かねてから青流高校の視察に来ており、拓や正人らと顔馴染みであったが、彼の真意に気付いていた者は誰もいない。

 

見所をチェック!!

スポンサーリンク

アドセンス

細かい野球の描写

中原先生ならではの細かい野球の描写は、今作も健在です。

「カーブでパスボールをしてしまっているキャッチャーは、カーブを要求しにくい」など、普通に野球を競技として見ていたら当たり前のことでも、そこまで反映されている野球漫画ばかりではないので、そのあたりのクオリティはさすがだと思います。

気負い過ぎてボークをするとか、その辺の野球漫画には見られないじゃないですか?その辺もリアリティがあって、感情移入しやすいような気がします。

 

プロ野球が新体制に変わる

ここは作品によっても大きく分かれてくるところかとは思いますが、本作のプロ野球態勢は12個の架空球団に加えて、4つの新球団が加入するという新体制で描かれます。

おかげでチーム名とか2リーグのうちどっちなのかとか、全然頭に入ってきません(笑)。

個人的には、リアリティを追求した結果「拓が既設球団ですぐに1軍登板できるのはおかしいんじゃないか?」ということで、一刻も早く拓をプロの1軍で活躍させたいと目論んだ制作陣によって「新しい球団なら、すぐにスタメン入りしても不自然じゃないんじゃね?」ってなったんじゃないかと思ってます。

ここに関しては賛否両論あると思うんだけど、他の野球漫画にはあまり見られない本作ならではの見所であることは間違いないでしょう。

 

プロの厳しさが伝わってくる

普通、野球漫画って高校野球かプロの1軍をテーマに描かれることがほとんどなので、まさか独立リーグとかトライアウトが描かれる作品をこうやって読めるとは…。

そしてこれを読めば読むほど、プロの厳しさみたいなものが垣間見えます。「真面目にやれ」って言われたり「編に縮こまるな」って言われたり。「じゃあどうすりゃええねん!」みたいな。

僕らはメジャーで活躍している大谷選手を見ながら「プロ野球選手っていいなー」なんて思ってるけど、あそこまで上り詰める人なんてそうそういないし、プロに入れるだけでも物凄いことなんですよね。

野球漫画を読んでるとその辺のパワーバランスを履き違えてしまいがちだから、こういう作品は個人的にはメチャクチャ大好き。

 

3巻まで読んだ感想

スポンサーリンク

アドセンス

甲子園→独立リーグって流れが秀逸すぎてメチャクチャ面白かった。

高校時はどっちかっていうと俺様ピッチャーだった拓も、勝つ為に何が必要かを必死に考えて変わろうとしてるし、才能ある選手が少しずつ成長している姿が見られるのは素直に面白いです。

で、独立リーグもプロ野球に進もうとしている人間の集まりであるのと同時に、プロ入りを諦めさせる場所でもあるっていう残酷さが見えて、他の野球漫画には見られない魅力を感じました。

今後の活躍に期待したいと思います。

 

8巻まで読んだ感想

トライアウトまでは文句無しに面白かったのですが、そこからがスムーズ過ぎて「これじゃない感」にちょっと戸惑っています。

kindleのレビューにもありましたが、もしかすると独立リーグという題材が地味で受けなかったせいか、早くプロのステージを描きたかったのかなぁと感じました。

まぁ高校時代のライバルやチームメイトが1軍にいる以上、それは仕方ないにしても…。個人的には独立リーグで頑張って、最後にプロ入りして初の登板でエンディングくらいでも面白いと思っていただけに、この展開はちょっとだけ残念です。

でも、メチャクチャ珍しくて面白かった野球漫画が、珍しさが無くなっただけですから。これからの展開がどのようになっていくか。期待していたいと思います。

 

あとがき

まさかワイルドピッチで終わるってことはないよね?ないない。

 

アドセンス

アドセンス

-スポーツ漫画, 個別紹介, 野球漫画

Copyright© 漫画オススメ.com , 2019 All Rights Reserved.