「いとしのムーコ」を読んだ感想・レビュー

 

「犬派?それとも猫派?」って話題は、もう手垢が付くほど語られてきた部分だと思うんで、それについての言及はさておき…。多くの人は「犬派だけど猫も好き」とか「猫派だけど犬も悪くないよね」って感覚だと思う。よほど過去にトラウマでも無い限りは、1つの大きな動物好きっていうカテゴリーに該当するんじゃないかと。

もし「猫はいいけど犬は嫌い」という意見がある人は、本作を読んでみて欲しいです。別に犬を好きになる必要はないけど、犬が好きだと思う人の気持ちは理解してほしいです。というわけで今回は、たまらなく犬が可愛く思えるランデブーな犬物語「いとしのムーコ(全17巻完結済み)」を紹介します。

※コミックス1巻のみネタバレあります。

 

 

いとしのムーコ あらすじ

 

こまつさんが はやく いぬになれますように! 吹きガラス職人こまつさんと愛犬ムーコのラブリーでランデブーな日々!

「いとしのムーコ」は大自然の中、ガラス工房を営む吹きガラス職人のこまつさんと、こまつさんの事が大好きな飼い犬ムーコとのラブリーな毎日を描いた作品です。

「こまつさんが早く犬になればいいのに!」そんな夢を持ちながら、こまつさんのためにいつも一生懸命なムーコの姿がくすっと笑えて愛らしいお話となっています。

 

いとしのムーコの見所をチェック!!

ムーコの無邪気さが愛くるしい

 

内容自体はよくある感じの動物漫画で、飼い主のこまつさんとは会話こそできないものの、飼い犬であるムーコがこまつさんの言葉の意味は理解しているというタイプの作品です。上記画像のシーンでは、ケガをしてしまったムーコが傷口に塗られた化膿止めを舐めないようにとエリザベスカラーを付けられてます。

こまつさんに「(大爆笑しながら)カッコイイ!」と言われて、それを真に受けるムーコが本当に可愛い。そしてムーコがエリザベスカラーを邪魔だと感じるまでの一連の流れがすごく秀逸です。

特にこまつさんを溺愛しているムーコならではのオチが何とも言えません。これは犬を飼っている人はもちろん、そうでなくても面白いと感じさせられる魅力に溢れています。

 

犬を飼ったことがなくても伝わってくる「犬あるある」

 

例えば、ムーコの写真をホームページに載せようという流れになった場合、こまつさんが撮影するのとそれ以外の人間が撮影するのとでは、ムーコの表情が大きく変わることは想像に容易いです。僕は犬を飼ったことがないけど、こういうシーンを見ると「きっと犬あるあるなんだろうなぁ」というのが、すっげー伝わってきます。

実際に犬を飼ったことがある人なら似たようなエピソードを持っているかもしれないし、これこそ飼い主冥利に尽きるというか、飼い主として喜ばしいシーンと言えるんじゃないかと。もちろん犬を飼った経験のない僕のような読者にとっても、すごく微笑ましい気持ちになれます。

 

ムーコの微笑ましい日常

 

ムーコに限らず、玄関先に犬がいる場合ってのは門番みたいな感じがするじゃないですか?僕は犬が可愛いという人の気持ちは理解してるけど、知らない犬を可愛がれるほどの上級者じゃないんで、こうやって玄関先なんかで犬が待ち構えている家は本当に苦手でした。

で、そんな苦手だった犬がどんな思考だったのかってことを覗いてみると、これがまぁ面白いんです。全部の犬がムーコみたいな可愛らしい考えを持っているわけじゃないにしろ、なんだかほっこりした気持ちになれます。

 

いとしのムーコ コミックス1巻を読んだ感想・レビュー

ムーコの可愛らしさと、こまつさんのやや抜けている感じが見事にマッチしていて、すごく微笑ましい気持ちになれる動物漫画です。面白いと感じてクスッとするんじゃなくて、なんて言うんだろう…。例えば赤ちゃんが笑った瞬間をみると、こっちも自然と笑顔になりませんか?そんな感じ。

小っちゃい子供が自分のために何かを一生懸命やってくれたとしたら「こいつ、可愛いなぁ」ってなって、自然と笑顔になりませんか?そんな感じに近い感覚です。

 

絵は決してうまくないけど、すごく良い意味で味のある絵だと思う。これが逆にしっかりとした線の細かい絵で描かれたとしても、ここまでの良作には仕上がってないはず。

kindleのレビューでも非常に評価が高い一作となっており、犬好きからの支持も熱い犬漫画の1つですので、まだ読んでいないという犬好きの方はぜひチェックしてみてください。

 

あとがき

「こまつさんがはやくいぬになれますように」っていう言葉のインパクトよ。

 

 

全20巻以内で完結する面白くておすすめの漫画を紹介する

動物好きにピッタリ!面白くておすすめの動物が活躍する漫画を紹介する