「このゆびとまれ」を読んだ感想・レビュー

このゆびとまれ表紙
Ⓒこのゆびとまれ

天才子役と呼ばれている人を見るたびに自分が同じくらいの年齢だった頃を思い返すんですが、まぁ同じ年齢とは思えないくらいの人間としての完成度に幾度となく度肝を抜かれてきました。

ぶっちゃけ「何食ったらそうなんの?」って思ってるし、場合によっては「洗脳されてるんじゃね?」って心配になったりも。本作の主人公は現実世界を賑わせてきた数々の天才子役に、さらに輪っかを掛けた天才子役が主人公です。

というわけで今回は、天才子役の表の顔と裏の顔を描いた芸能界漫画「このゆびとまれ(全3巻完結済み)」を紹介します。

著:大澄剛
¥1,024 (2021/09/17 11:27時点 | Amazon調べ)

このゆびとまれのあらすじ

これが子役のホンネだ!!超人気子役・藤江恵那は毎日お仕事で大忙し。無邪気(?)にでっかい野望を抱く…。“可愛い子ども”の特権フル活用で、次々に、あらゆる芸能人をブッた切る!過酷な業界を、逞しく生きる小学1年生!!向かうところ敵無しッ!!!恵那の時代がやってきた──ッ!!!

ちなみにKindle Unlimited登録者なら無料で読めるのでぜひ読んでみてください(本記事執筆時点で全巻対象です)。

Kindle Unlimited 無料体験はこちら

このゆびとまれの見所をチェック!!

超人気子役が主人公

このゆびとまれ2
Ⓒこのゆびとまれ

本作の主人公は「全宇宙で一番のトップ女優になる」という小学一年生の天才子役の女の子です。子役っていうと可愛らしさを感じる一方で「子供っぽくない」という印象を抱くことってありませんか?

10歳を超えているならまだしも、小学一年生そこらの子供ってそもそも芸能活動をしたいって思わないんじゃないかと思うので、親がやらせたいって思っているパターンがほとんどだと思います。ある程度の大人になれば我慢とかもできるだろうけど…っていうわけで、僕は子役の子が頑張っている様子を見ると胸が痛くなります。

そんな僕でも楽しんで読むことができたのは、本作の主人公が明らかにこの仕事を楽しんでいるからという一言に尽きるでしょう。ぶっちゃけ小学一年生っぽさは全くないし、せいぜい小学四年生くらいじゃないかと思うけど、その辺のギャップも含めて本作の見所です。

天才子役が魅せる表裏

このゆびとまれ1
Ⓒこのゆびとまれ

すごく礼儀正しい子供がもてはやされる一方で「こいつ本当に普段からそうなの?」って思う部分があります。というか、どういう教育をしたらそうなんの?っていう疑問しかありません。

僕が小学一年生の頃なんか消防署的なところの見学に無理やり連れて行かれたことすら嫌がってたような…。もっと言えば七五三みたいなことで変な服を着させられる時もぐずってた記憶があります。それを考えたら子役ってめちゃくちゃすごいし、表の顔と裏の顔を使いこなしている本作の主人公は桁違いにやばい。

でも天才子役としてもてはやされた芸能人の一部は子供の頃に大金を手に入れては生活が一変し、その性格や態度まで豹変してしまったというエピソードも少なくありません。本作の主人公はどのような運命を辿るのか、その辺も含めて注目です。

大御所に取り入るための打算やテクニック

このゆびとまれ3
Ⓒこのゆびとまれ

本作には名前こそ若干違うものの「あー、あの人ね!」っていう超大御所芸能人が登場します。こういう人に対してどうすれば気に入ってもらえるかみたいなことを水面下で考え、上手く取り入っていく様子はもう凄いっていうのを通り越して怖いくらい。

まるでキャバ嬢の女の子が、客の身に着けている物からあれこれ打算する様子に近いんですよね。自分にとってメリットにならない相手とは付き合わないとか、損得勘定がめちゃくちゃ発達している感じっていうのかな。

「もしかしてあの天才子役もこういうことをして取り入ってたのかなぁ」とか思うと、芸能界に対して何かを思わずにはいられなくなります。その辺りも含めて本作の大きな魅力と言っていいでしょう。

このゆびとまれ 全3巻を読んだ感想・レビュー(ネタバレなし)

僕は普段からテレビドラマを見ないので、今どんな子役がいるのかとかは全く分からないんだけど、数年前に蘆田愛菜さんが天才子役としてもてはやされていた時は「控えめに言ってこいつやべーな(超褒め言葉)」って思ってました。

常に笑顔を絶やさず、明石家さんまさんとの絡みで結構きついことを言われたりしてもニコニコして…その年齢にして既に僕の人間レベルを余裕で超えてるって思ったからね。そんな芦田愛菜さんは裏でも礼儀正しいと思うじゃないですか?実際にそうだったと思うんだけど、本作みたいなパターンも…ってそれはないか。

本作の主人公の二面性は目を見張るものがあり、ここまで徹底されているとなると疑いようのない天才と言っていいでしょう。「小学一年生が!?」って部分はずっと引っかかるけど、腹が立って仕方がないっていう感じの作風でもなく、イチ子役の裏の姿が覗けるという意味ではめちゃくちゃ面白い作品だと思いました。

子役に興味がある人、子役が裏側でもしっかりしているのかどうかってことを考えたことがあるような人におすすめです。キンドル読み放題サービスに加入しているなら全3巻が無料なのでぜひ読んでみてください。

Kindle Unlimited 無料体験はこちら

あとがき

表紙絵だけでも色んな顔を使い分けている様子が分かります。

著:大澄剛
¥1,024 (2021/09/17 11:27時点 | Amazon調べ)