Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)で無料で読める面白くておすすめの漫画を紹介する

普段から電子書籍で漫画や雑誌を読んでいるという人におすすめのサービスがKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)です。AmazonによるKindle読み放題サービスみたいなものと思ってもらって構いません。

対象の漫画や書籍であれば何冊読んでも月額980円となっていて、たくさん漫画を楽しみたいという人にはコスパが良いサービスと言えるでしょう。最初は対象の漫画が少なかったものの、最近は徐々に増えてきました。

そこで今回は、Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)で無料・タダで読める面白くておすすめの漫画を紹介します。サービス加入者はぜひ参考にしてみてください。

Kindle Unlimited 無料体験はこちら

基本的には全巻無料になっている漫画作品を紹介しますが、全巻ではなくても大部分が無料になる漫画作品も併せて紹介しています。また、時期やタイミングによっては無料じゃなくなっている可能性もあるのでご了承ください。

やれたかも委員会

やれたかも委員会1
Ⓒやれたかも委員会

男性が「これまでで一番、童貞を捨てるのに近付いた時のエピソード」を披露し、そこに脈があったかどうかを審査員が判断して「やれた or やれたとは言えない」を判断するというギャグ漫画です。

「せっかくのチャンスを棒に振っちゃったけど、その分キミは成長しているよ」みたいなことを良い言葉で励ましてくれたかと思いきや、「そんなのチャンスでも何でもないし、すべてキミの勘違いだから」と突き放されたりします。

やってることは非常にシンプルでめちゃくちゃくだらないけど、個人的には「これで笑わない男性読者っているの?」くらいに思ってるし、Kindle Unlimited加入者には真っ先に読んでほしい(全巻ではなく一部対象外です)。

関連記事「やれたかも委員会」を読んだ感想・レビュー

螺旋じかけの海

螺旋じかけの海3
Ⓒ 螺旋じかけの海

ヒトと何かの遺伝子を持っている生物が登場する世界の物語です。ヒトと魚の遺伝子を持っていれば人魚になるんだけど、これの割合によってヒトかどうかが判断されて、もし魚と判断されてしまうと人権が認められないという感じの世界。

闇取引や人身売買などが横行している中、命に対して真っすぐに向き合っている主人公は、いろんな人たちに助けの手を差し伸べます。ちなみに主人公は自分の身体で人体実験をしていて、とにかく色んな生物の遺伝子を持ってるし、医者としての知識も豊富です。

バイオSFとして遠くない将来に実現しそうな感じもあるし、その不気味さ以上に命の尊さが光る漫画だと思います。ちなみに作者の永田礼路氏はお医者さんみたいなので、続巻は気長に待つ必要がありそう。

関連記事「螺旋じかけの海」を読んだ感想・レビュー

オナニーマスター黒沢

オナニーマスター黒沢4
Ⓒオナニーマスター黒沢

タイトルの通り下ネタ全開&特殊な性癖にスポットを当てた作品なので、下ネタが嫌いな人には一切受け付けられないんじゃないかと思います。…が、本作はただただ下ネタを連続させるだけの物語ではありません。

恐らく多くの男性読者が共感なんかできないし、共感できないからこそ本作の主人公がマスターと呼ばれている所以なんだと思います。普通下ネタの漫画って「分かるわー!」って言いながら読むもんだと思ってたんだけどなぁ。

途中から一気に風向きが変わるんだけど、そこからは壮大なサスペンスを読まされているかのような気持ちになります。…あくまで気持ちだけだけどね。

関連記事「オナニーマスター黒沢」を読んだ感想・レビュー

著:伊瀬カツラ, 著:YOKO

マエストロ(全3巻)

マエストロ2
Ⓒマエストロ

かつて音楽界の第一線で活躍していた中央交響楽団のメンバーが、謎のおじいさんによって集められて久しぶりに本気で演奏をすることになります。メンバーによってはブランクがあるんだけど、指揮者のじいさんが上手くカバーしていくという感じ。

ぶっちゃけ義務教育の頃に音楽の授業でやるような指揮って、あんまり意味がないように感じませんでしたか?それが間違いであることに気付かせてくれるような音楽漫画です。読後は、指揮者ってそんなに重要なのかぁ…という感じの意識に変わりました。

ちなみに本作が言うには「有名な「運命」の導入部。皆さんは頭に休符があることをご存じだろうか。じゃじゃじゃじゃーーんではなく、ン・じゃじゃじゃじゃーんなのだ」だそうです…知ってた?

関連記事「マエストロ」を読んだ感想・レビュー

LOVE理論(全5巻)

LOVE理論1
Ⓒ LOVE理論

小学校の時は運動できる奴、中学の時はちょっと悪い奴がモテる男の相場じゃないかと思うんだけど、そこからは少しずつ趣旨が変わってきます。もちろんイケメンに越したことはないんだけど、積極性とかお金みたいな要素も出てきたりするし。

そんな中、大人になったらそれ以上にスマートさが重要だったりもするじゃないですか?そしてこればっかりは経験がないと身に付かないわけで、そんな経験があったらとっくにモテてるわけで…。「じゃあその経験を伝授してやろう!」的なものが本作です。

かなりコメディータッチにモテ指南が描かれていて、笑えるポイントがたくさん出てきます。ギャグ漫画、ラブコメ、一風変わった恋愛漫画が読みたいという人には文句なしにおすすめ。

関連記事「LOVE理論」を読んだ感想・レビュー

¥648 (2021/10/19 17:33時点 | Amazon調べ)

限界集落(ギリギリ)温泉(全4巻)

Ⓒ 限界集落(ギリギリ)温泉

過疎化が進んで寂れてしまった温泉宿を、経営面で徹底的に叩き直すという趣旨のビジネス漫画です。田舎だと「人が少なくてどうしようもない」と諦めてしまう商売人も少なくないと思うけど、そういう理由では諦めずに「やれることは何でもやる」みたいな闘志を感じます。

ビジネスって成功談を聞くと何てことないって思ったりもするけど、実際に自分でイチからやるのって難しいじゃないですか?それについての発想力とか閃きの部分が堪能できるのが本作です。

用が済んで帰ろうとする人を足止めさせるために「岩を落としたい」とか言い出す発想がもうやばい。でもビジネスで成功する人ってそんな感じなんだろうと思いました。ちなみに堀江貴文氏もTwitterで本作を評価していたと記憶しています。

関連記事「限界集落(ギリギリ)温泉」を読んだ感想・レビュー

¥99 (2021/10/19 22:37時点 | Amazon調べ)

ナナのリテラシー(全3巻)

ナナのリテラシー3
Ⓒナナのリテラシー

今ほど電子書籍が流行る前に出版された漫画で、今後どのように漫画業界が変わっていくかみたいなことが描かれています。他にもゲーム業界に切り込んでるんだけど、一言で言うと先見の明が凄い!

個人的には「電子書籍だと手元に残らないから損をした気になるし、もし購入先が倒産したら手元に残らないのでは?」みたいな不安感もあったので、ここまで電子書籍が流行るとは思っていませんでした。でも持ち運びの手軽さなんかもあって、僕も今では電子書籍で漫画を買いまくってます。

紙の本が売れないって嘆くだけなら誰にでも出来るので、そのピンチをチャンスに変えようっていう発想が詰まった全3巻。ビジネス系の漫画が好きな人なら前項の「限界集落(ギリギリ)温泉」も含めて、鈴木みそ氏の作品がおすすめです。

関連記事「ナナのリテラシー」を読んだ感想・レビュー

著:鈴木みそ
¥1,497 (2021/10/22 02:26時点 | Amazon調べ)

東京トイボックス(全2巻)

東京トイボックス3
Ⓒ東京トイボックス

弱小ゲーム会社を舞台に繰り広げられるゲーム制作物語。登場人物がみんな魅力的で、とにかく熱い!めちゃくちゃ熱いお仕事漫画と言っていいでしょう。

ゲームを作る人ってどっちかって言うとインテリ気質な感じがするんだけど、本作はスポーツ漫画以上の熱量を感じられます。ただ「面白いゲームが作りたい」だけの人たちが出てきて、納期や何やらと戦いながらゲームを作る様子がこんなに熱くなるもんかね。

バグを見つけて青ざめたり、それを直すのに必死になったり…。大人になっても青春している感じが、大変そうに感じる反面、羨ましくも感じたり。ゲームが好きな人なら鉄板です。

関連記事「東京トイボックス」を読んだ感想・レビュー

インコンニウスの城砦(全1巻)

インコンニウスの城砦3
Ⓒ インコンニウスの城砦

氷期を迎える世界にて、温暖な赤道周辺の地域を巡って北半球と南半球が戦争をする物語です。主人公はスパイとして北側に潜入することになり、そこで仕事を通じながら北軍の兵器に関する情報を南側に漏らしていくという流れ。

本来のスパイ漫画だったら「怪しまれているのを巧みにかわすシーン」みたいな腹の探り合いがあっても良いと思うんだけど、なんせ全1巻で完結するボリュームなので淡々と進んでいきます。ちょっと説明不足に感じる部分もありつつ、諜報漫画なんだから最低限の情報で楽しむのもまた乙だなぁと。

最終的な勝敗の行方や物語の結末も気になるし、主人公がただのスパイじゃないという部分にも大きな見所があります。

関連記事「インコンニウスの城砦」を読んだ感想・レビュー

武士のフトコロ(全7巻)

武士のフトコロ1
Ⓒ 武士のフトコロ

江戸時代の武士の懐事情にスポットを当てた作品です。本作の主人公は次男なので家禄を引き継ぐこともできず、でも剣術での成り上がりを夢見てやみません。

所々に剣術アクションが楽しめる時代劇漫画なのにもかかわらず、二言目には銭勘定が始まったりするのですごく斬新な漫画だと思いました。町娘が襲われてそれを助け出すのに、水戸藩に仕官するまでの未来予想図を描く人いる?

当時の食べ物事情や生活事情、出世するために必要な条件など色んなことがリアルに描かれている一作です。一風変わった時代劇漫画が読みたいという人におすすめ。

関連記事「武士のフトコロ」を読んだ感想・レビュー

メイコの遊び場(全3巻)

メイコの遊び場2
Ⓒ メイコの遊び場

僕にとってこれまでに見たことがないタイプのホラー漫画だったのがこちら。初めて見たときは衝撃的だったし、感受性が豊かな子供が読んだら夢でうなされるんじゃないかってくらいに衝撃的です。

主人公は殺し屋に雇われている女の子で、主人公は「左目で見た相手を独特の世界に引きずり込んで、その世界で自由自在になんでもできる」という特徴を持っているので、その世界でターゲットを始末するという感じのホラー漫画なんだけど、一風変わったやばい設定があります。

それは日中に遊んだ内容が色濃く反映されるというもの。草刈りで遊んだりすれば、鎌を使ってまるで草のように人を切ったりするという…。子供だからこその残酷なシーンが多々登場します。全3巻で同じことの繰り返しになる前にスパッと完結させたのもすごいと思う。

関連記事「メイコの遊び場」を読んだ感想・レビュー

ムショ医(全5巻+1)

ムショ医1
Ⓒムショ医

女子刑務所に非常勤で勤務する若い女医の物語で、普通の医療漫画では見られない患者のトラブルなんかが大きな見所になっている作品です。「患者=受刑者」ですから怪我が事故とは限らないっていうね。

刑務所ならではのトラブルなんかが生々しく描かれていて、ただでさえ大変そうな医者の業務が輪っかを掛けて大変そうに感じられました。学校の保健室とか町医者ではあまり体験できないだろうシーンが多く、色んな意味で衝撃を受けること間違いなし。

過酷な業務を通じて、医者としても人間としても成長していく主人公の姿は見所たっぷりです。グロとまでは言わないけど結構刺激の強いシーンもあるので、リアリティのある刑務所を覗きたい人におすすめ。

関連記事「ムショ医」を読んだ感想・レビュー

名探偵キドリ(全3巻)

名探偵キドリ2
Ⓒ名探偵キドリ

名探偵コナンに出てくる小五郎のおっちゃんが、コナン君に操られる前のポンコツを発揮する場面があるじゃないですか?あれをさらにポンコツ化したような主人公が活躍する、ミステリーの皮をかぶった何か的な作品です。

とにかくくだらない笑いが満載で所々に名探偵風なことを言う場面があるんだけど、全然的を射ていないどころかノイズでしかない推理が変にクセになるんですよね。実際にこんな奴がいたら腹が立って仕方ないってくらいなのに。

推理系の漫画をパロった作品とか本当にくだらない笑いのギャグ漫画が好きな人なら、めちゃくちゃ楽しめるんじゃないかと思います。

関連記事「名探偵キドリ」を読んだ感想・レビュー

鈴木先生(全11巻+1)

鈴木先生2
Ⓒ 鈴木先生

世の中に出ている学校モノで先生が主人公の漫画ってなると、その大半が熱血系じゃないかと思うんです。とにかく熱くて「悪いことをしたら叱る!口で言っても分からないなら叩く!」くらいのやつ。

でも現実世界ではそのような風潮はなくなりつつあって、漫画界にもそういう意識の教師漫画が増えてきました。そして本作も熱血モノではなく、まったく新しい教師像という感じです。どう新しいかと言えば、これを読んでも先生になりたいって思う読者は少ないような気がするというか、聖者でもなんでもない普通の先生の姿が描かれているというか…。

大人だったらどうでもいいと感じちゃうことを真剣に議論したり、中学生相手だとそういうことも無下にできないという部分に先生って大変だなぁと。GTO、ごくせんとはまた違う教師物語を見たいという人はどうぞ。

関連記事「鈴木先生」を読んだ感想・レビュー

喧嘩ラーメン(全17巻)

喧嘩ラーメン2
Ⓒ喧嘩ラーメン

元暴走族でラーメン屋の息子が、ラーメン作りに目覚めてからの流れを描いたグルメバトル漫画。喧嘩ラーメンっていうタイトルだけど不味いと文句を言う客と喧嘩するみたいな感じではなく、負けん気全開でラーメンを作り、色んなラーメンバトルにはせ参じていくっていう意味です。

親がラーメン屋をやっているからって別にそこで働いていたわけでもない主人公が、ラーメン作りを開始してそこそこで形になっているのは驚きしかないけど、数々の挫折を体験しながら少しずつ歩みを進めていく感じには胸を打たれます。

喧嘩っ早いけど自分が作ったラーメンに対する建設的な批判は受け入れる姿勢があって、少しずつラーメン職人として成長していく主人公の姿は見応えたっぷりです。ラーメンが好きな読者におすすめします。

関連記事「喧嘩ラーメン」を読んだ感想・レビュー

ハルの肴(全8巻)

ハルの肴1
Ⓒ ハルの肴

絵の専門学校に通っていたら学校がなくなっちゃって、どうしようもなくて途方に暮れていたところを居酒屋の店主に拾われて、住み込みで働くことになったという居酒屋人情物語。

成り行きで料理人を目指すという感じはあるんだけど、主人公は雑用なんかにも一生懸命だし、主人の飴と板長の鞭のバランスが良いです。板長も理不尽な厳しさではなく、ちゃんとした料理人としての厳しさなので素直に読むことができるんですよね。

登場する料理も創意工夫に溢れていて、居酒屋料理っぽい親しみやすさと斬新なアイディアの詰まった料理がたくさん登場します。エピソードの終わりにはレシピも掲載されているので、お酒が好きな人はこれで一杯やってみては?

関連記事「ハルの肴」を読んだ感想・レビュー

このゆびとまれ(全3巻)

このゆびとまれ2
Ⓒこのゆびとまれ

全宇宙で一番のトップ女優になることを目指している天才子役の女の子が主人公の漫画です。小学校一年生にして芸能界の第一線で大活躍をしていて、子供という武器を上手く使いこなしている様子が描かれています。

マネージャは下僕のように扱い、共演者は脳内で値踏み、大御所には媚を売って取り入るみたいな芸能界を生き抜く術みたいなことを使いこなす小学一年生には、もう「恐れ入りました、参りました」以外の感想が出てきません。

転生モノでもなければ小学一年生って部分にリアリティはないんだけど、表の顔と裏の顔を見事に使いこなしている未来の大女優の姿はめちゃくちゃすごいです。芸能界の裏側みたいなものが好きな人におすすめ。

関連記事「このゆびとまれ」を読んだ感想・レビュー

腐女子交流記~アラサー×JK~(全2巻)

腐女子交流記~アラサー×JK~3
Ⓒ 腐女子交流記~アラサー×JK~

アラサー女子・オタ子と女子高生・フジョ美の2人による4コマコメディー。一回りはあろうかという年の差があるのでジェネレーションギャップに困るかと思いきや、その程度の障害は共通の趣味の前では大したことはありませんでした。

オタク要素がかなり詰まっているにも関わらず、オタクじゃないレベルの読者でも共感できるほどのライトなネタを取り扱っていて、それが4コマになってテンポ良く楽しめるのが特徴です。オタクあるあるの片鱗を楽しむこともできます。

大人女子と女子高生、それぞれのオタクの悩みや葛藤なんかも感じられる平和な物語なので、ゆるく楽しみたいという多くの読者におすすめです。

関連記事「腐女子交流記~アラサー×JK~」を読んだ感想・レビュー

ピンキーは二度ベルを鳴らす(全1巻)

ピンキーは二度ベルを鳴らす
Ⓒピンキーは二度ベルを鳴らす

小人症のヤクザがアンダーグラウンドな世界で大活躍する、バイオレンス×ヒューマンドラマ的な作品。見た目が小さいおっさんで、設定としても「小さいはOKだけど可愛いはNG」みたいな変なこだわりがあり、ちょっとコメディーっぽさを感じさせる部分もあるけど全然そんな感じじゃないです。

まさに劇画と言っていいくらいの過激な内容で、裏社会でダメな男や悪い男に振り回されている女性の味方をするというような流れになっています。見た目がついてこないだけで、やってることは超イケメンのそれと言っていいでしょう。

個人的にうめざわしゅん氏の作品の中で一番好きな作品かもしれません。これがキンドルアンリミテッドに加入しているだけで無料で読めるんだから、本当に良い時代になったよなぁ。

関連記事「ピンキーは二度ベルを鳴らす」を読んだ感想・レビュー

たまごかけごはん(全1巻)

たまごかけごはん1
Ⓒ たまごかけごはん

いくつかの料理が出てくるのでジャンルとしてはグルメ漫画だと思うんだけど、驚きレシピの紹介もなければ作り方の工夫を紹介してくれるわけでもありません。ただ作ってただ食べるだけっていうね。

前半と後半に分かれていて、前半はカラーで小人やらマスコットキャラみたいなのが料理を作ったりする4ページの短編になっています。後半はストーリーになってるものの、コンビーフを食べたり納豆を食べたりするだけ。

「これの何が面白いの?」って思うじゃないですか?ぶっちゃけ面白くはないです。でも落ち着くというか素敵な世界観が堪能できます。そして卵かけご飯が食べたくなります。

関連記事「たまごかけごはん」を読んだ感想・レビュー

あとがき

月額1000円が高いと感じるなら、2~3ヶ月に1回加入してその間に読みまくるっていう手もありです。