個別紹介 青春漫画

一風変わった恋愛青春漫画「サユリ1号」にドップリとハマった

投稿日:

恋愛漫画という括りにはなるんだけど、珍しくあまり羨ましいと思わない恋愛漫画がコチラの「サユリ1号」です。

1号の意味もわかんないし、登場する女の子がサユリって名前じゃないってのも斬新で、憧れない感じの恋愛模様なのに何故か引き込まれる不思議な魅力っていうのかな…。

少女漫画によく見られる歯が浮くような恋愛は好きじゃないけど、恋愛漫画には興味があるって人にはまさに持ってこいの作品。今回は「サユリ1号」を紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

作品概要

海洋冒険同好会の部長でもあるナオヤは、これまでに幾度となく「サユリ」と名付けた空想上の女の子に想いを寄せ、妄想にふけっては気晴らしをしてきた。

言うまでもなくサユリはナオヤにとって理想の女の子なのだが、そんなサユリにそっくりな女の子が同じサークルに入会してくる。そんな彼女は気のある素振りを見せてはくるものの、良くない噂もあり、真意が見てとれない。

ナオヤは自分の理想の女の子、昔からずっと一緒だった幼馴染、親友、サークル仲間など…。色々と振り回されながら、加速的に青春を謳歌することになっていく。

 

登場人物

ナオヤ

海洋冒険同好会の部長で本作の主人公。

ある日、ユキとの出会いをキッカケに、喧騒の渦に巻き込まれていく。

 

児玉 知子

ナオヤの幼馴染で、ナオヤに想いを寄せている。

自分のことを処女ではなく童貞と言い放ったりなど、どこか女性らしさに欠けている部分も少なくない。

 

大橋 ユキ

ミス・キャンパスで、ナオヤが思い描いていた理想の女性「サユリ」にそっくりな女の子。

見た目の可愛らしさと愛嬌で男を手玉に取るが、女子ウケは悪く、一部では黒い噂も。

 

三沢 広一

ナオヤの親友。将来は本気で起業することを夢見ていて、今も仲間と小さい会社(何でも屋)を作っており、その一員。

ユキに対してイイ感情を持っておらず、ナオヤとユキは根本的に合わないと思っている。

スポンサーリンク

アドセンス

見所をチェック!!

理想のカノジョ

男がひとりエッチする場合に「空想上の女」を用いるケースがどれくらいあるか全く見当も付かないんだけど、かなり少数派だと思うんです。

で、実際にゼロから組み立てた理想の女と瓜二つな女の女が現れたらって思うと、そりゃアタフタするでしょ。恋愛の物語なのに過度に美化していない感じがすごく良い。

あと「ひとりエッチのために妄想してた女のコ」に似てると言われた女の子がどういうリアクションをするのかとか、色々規格外な恋愛漫画じゃないかと思います。

 

ヒロインが典型的小悪魔

実際には見たことないんだけど、俗に言う小悪魔とか悪女って類のヒロインがとにかく色んな意味で厄介!これは男の読者なら揺さぶられるんじゃないかと思う。

エロに関して抵抗が無くて容姿端麗で…何より男を手玉に取るような雰囲気がすごいです。絵的にも可愛いんだけど、そこまでじゃないのに可愛いって感じるのはそういう雰囲気があるからじゃないかと。

これでI"s(かつら先生違いだけど)とかの絵だったら、僕も二次元に惚れる人の気持ちが理解できたかも。

 

釣った魚が逃げていく感

ずっと一緒にいるのが当たり前になっていて、特に恋愛感情なんかを持ったつもりもない幼馴染でも、なぜか親友に処女を捧げたって知ると少し複雑な気持ちになったり…。

自分は自分で理想の女の子と出会ったと言いながら蔑ろにしていたくせに、自分の手から逃げていきそうになると追いかけちゃうっていう「釣った魚が逃げていく感」みたいなものが秀逸。

サバサバしている彼女の一連の態度とか、表向きには全く見せてない影の感情とかを推測すると、すっげー深い恋愛感情があったんじゃないかと思う。この辺は僕みたいな馬鹿にも分かりやすく、もうちょい掘り下げて欲しかったと思うくらい、夢中になりました。

 

全編を通じての感想

僕は大学に行ってないからサークル活動とかは良くわからないんだけど、緩いノリで付き合ったり、部員たちと兄弟になったりってことは、そこまで珍しくないのかなぁなんて思ったりして…。

でもそれを赤裸々に描いている作品って珍しいように思います。で、貞操観念の緩い女子とウブな男って縮図だったら、最終的には女の子が考えを改めて純粋に2人が結ばれて終わりなのかなーとか思うけど、そういう単純な物語じゃないってのも良かった。

あとやっぱり主役に華がある。嫌な部分のある女ってのはコッチ(読者側)には見えてるのに、それでも魅了する何かがあるって本当にすごい。…小悪魔女子が好きな同志ならわかってくれるはず。

 

あとがき

南野陽子さんみたいな唇付近のホクロがセクシー。

アドセンス

アドセンス

-個別紹介, 青春漫画

Copyright© 漫画オススメ.com , 2019 All Rights Reserved.