アニメ バトル・アクション 個別紹介

ジョジョの奇妙な冒険第5部:黄金の風|紹介と感想とレビューと

更新日:

ジョジョの奇妙な冒険第5部表紙

 

ジョジョファンが漏れなく歓喜した瞬間の1つが「第5部の主人公の設定」だと思います。これまでの物語で主人公の宿敵とされていた男の息子が主人公になるという…こんなんベジータが仲間になった時以上の衝撃と言っても過言ではありません。

「無駄」というキーワードを見て心が熱くならなかったジョジョファンはいないはず。というわけで今回は、「ジョジョの奇妙な冒険第5部:黄金の風(全18巻完結済み)」を紹介します。

単行本だと第47巻~第63巻に該当し、kindle版は第5部という括りで全18巻(それぞれ白黒とカラー版)構成となっています。

スポンサーリンク

ジョジョの奇妙な冒険第5部 マンガ概要

「ジョジョってどんな物語?」って聞かれて一言で答えようと思ったら、「ジョースター家とDIOの戦いの歴史」みたいに答える人も多いんじゃないかと思うんだけど、そんなディオの息子が主人公の物語がジョジョ第5部です。

舞台もイタリアだし、主人公の名前も汐華初流乃をイタリア読みしてジョルノ・ジョバーナという…これまた4部に引き続き変化球できたなぁという印象。連載当時は「しおばな→しおばーな→じょばーな」とかやってました。

主人公がディオの息子で、しかもギャグの頂点を目指すっていうストーリーがあるので「もしかしてダークヒーローの話?」みたいに思うかもしれませんが、これにはちゃんと理由があって、ジョルノにはジョルノの正義があるんだということに気付くまでそんなに時間は掛からないはず。

 

ジョジョの奇妙な冒険第5部の見所をチェック!!

スタンド能力がより複雑になった

ジョジョの奇妙な冒険第5部1

 

ジョジョ3部はタロットカードによるスタンド能力ということで分かりやすいものが多く、ジョジョ4部では「こういう能力があればな~」という感じで割と僕みたいな一般人でも想像しやすい能力が多かったように思います。ところが第5部ではそのスタンド能力が一気に複雑になったという印象です。

まず主人公の能力・ゴールドエクスペリエンスですが、ぶっちゃけ僕はこれの意味が理解できず、連載当初は5部を読まず嫌いしていました。簡単に言えば「触れた物体に生命力を注ぎ込み、そこから動物や植物といった生物を生み出す能力」です。…なんのこっちゃ分からないという人も多いのでは?

それ以外にも「時間を飛ばす」みたいな能力が出てきたりして、第3部では「時間を止める」っていう分かりやすい能力だったけど、今作ではより複雑化したという印象です。だからこそ戦い方も複雑になっていて、いろんな駆け引きが楽しめるようになっているとも言えるでしょう。

 

魅力的な仲間たちとギャングのトップを目指す

ジョジョの奇妙な冒険第5部2

 

本作にも魅力的な仲間たちが多数登場します。そしてブチャラティ(一番右)を担ぐという感じなのが珍しい展開なんですよね。みんなブチャラティに恩があって、自分が出世するというよりも「ブチャラティを出世させたい、ブチャラティを幹部にしたい」という一心で活動をしています。

もちろんこのメンバーたちもギャングの一員であり、ギャングの中でのし上がっていくために他のギャングとバトルしたりすることになるわけですが、物語の主人公なのにギャングでしかも悪者って感じでもないっていうのが斬新だと思いました。

そしてギャングのボスからの命令をこなすという…悪く言ったらおつかいみたいな感じなんだけど、そのスケールがでかすぎてめちゃくちゃ見応えがあるんです。仲間の能力がちょっとショボいような気もしつつ、お互いが協力し合って敵を倒していく展開は胸熱!

 

ジョジョの奇妙な冒険第5部を読んだ感想・レビュー

ちょっと複雑になりすぎた感は否定できないものの、色んな面でやっぱカッコイイです。そしてスタンド能力とかバトルの駆け引きの意味を理解できたとき、本作に対する評価は爆上がりするんじゃないかと思います。

現に僕も最初は5部が苦手で、最初に出てきたジョルノの能力の時点で匙を投げてしまったので、この取っ付きにくさがジョジョ信者と一般人の温度差に繋がってるんじゃないかと思うんだけど、僕自身も今ではこの第5部が大好きで何度も読み返しています。

ただしジョジョに興味があって読んだことがないっていう人が、ここから読み始めるっていうのはハードルが高いと思うので、理想は1部から(できれば3部から、最悪4部から)読んでもらえたら…という感じです。最後の最後はマジで意味が分かんないけど、それも含めて魅力的な物語だと言えるでしょう。

個人的にはアニメもおすすめで、ただでさえカッコイイシーンが音楽も相まってめちゃくちゃカッコ良く仕上がっているのでぜひ視聴してみてください。

 

 

あとがき

無駄無駄無駄無駄…無駄ッ!

 

 

 

-アニメ, バトル・アクション, 個別紹介

Copyright© 漫画オススメ.com , 2021 All Rights Reserved.