「夜人」を読んだ感想・レビュー

夜人表紙
Ⓒ夜人

個人的には心霊体験みたいなことを一切したことがないので、幽体離脱って言われてもそれがどういうものなのか簡単に想像することができません。でも本作で描かれているそれは楽しそうな感じと危険そうな感じが半々で、すごく魅力的な時間のように思えます。

もし夜になると幽体離脱できるとしたら…そして幽体離脱した先で自分の存在を認知する存在に出会ったとしたら…。というわけで今回は、幽霊から始まる少年少女の冒険物語「夜人(連載中)」を紹介します。

夜人 あらすじ

幽霊から始まる少年少女の冒険物語、開幕! 彼女には… 見える。幽霊から始まる少年少女の冒険物語、ここに開幕! 「見えないもの」が見えてしまう女子中学生・恩田衣子。「幽体離脱」して遊ぶことを覚えた同級生の空木と高条。“出会ってしまった”3人の運命は急速に回り始める――

夜人の見所をチェック!!

幽霊が見える女子中学生が主人公

夜人1
Ⓒ夜人

幽霊が見える人からすれば、家に住み着いている地縛霊と呼ばれる霊と共同生活みたいになっているケースも珍しくないんだろうか…。本作の主人公は「例が見える」という一点を除けば普通の女子中学生です。

家でも学校でも幽霊に悩まされていることが少なくないものの、幽霊に触れることができないから泣き寝入りしているような状態っていうね。そして周りにそれを言ったところで信じてもらえないから、自分のものとしてずっと秘めているという感じ。

そんな彼女の私生活が一気に変わっていくという物語です。幽霊要素やオカルト要素がばっちりで、タイトルの通り「夜になると動き出す…」みたいな概念があるので、中学生の夜遊び的な空気感が好きな人なら楽しめると思います。

同級生の男子が幽体離脱に成功

夜人2
Ⓒ夜人

あなたは幽体離脱に成功したら何をしますか?まぁ幽体離脱と透明人間の境目が微妙だし、そもそも実態に触れることが出来るのかとか距離的な部分に制限がないのかっていうルールによっても変わるだろうけど。

本作では主人公の同級生である男子二名があることをきっかけに幽体離脱に成功するんだけど、男子中学生らしい発想の赴くままに行動しています。いわゆる「女湯」です。そこで思うような戦果が得られず、同級生の女の子のお風呂を覗きに行ったらそれがバレてしまうっていう流れになっていて、まぁ自分に置き換えてみたらわかるけど軽く絶望するよね。

そこから裸を見たことや身体を触ったことに対する罰と称して、地縛霊を追い出すことを条件にされてしまいます。幽体離脱っていう不明確な状況で地縛霊っていう不明確なものと対峙しなければならない恐怖ったらないです。「幽霊を叩いたら倒せるの?」とか「幽霊に殴られたら死ぬの?」とか興味が尽きません。

遊びのつもりが徐々に危険な道へ

夜人3
Ⓒ夜人

最初は非日常が手軽に体験できるっていうことで、幽体離脱に夢中になっていた男子二名。他人のシークレットを覗いてるだけでも楽しかったのに、少しずつ危険な方向に足を踏み入れてしまいます。

そもそも不確定要素の多い幽体離脱ですから、何らかの地雷によって自分の身体に戻れなくなってしまうことは考えておくべきでしょう。もし実態と幽体が目に見えないワイヤーみたいなもので繋がれているテイだったとして、それが切れてしまったら…。

序盤では恐怖よりも興味が勝ってしまう展開となっていますが、この先どのような展開へと進んでいくのかは大きな見所と言っていいでしょう。

夜人 1巻を読んだ感想・レビュー

幽霊を信じていない人でも「もし幽体離脱できたら…」みたいな妄想ってしたことがあると思います。そしてテンプレ通りの女湯→同級生の家っていう流れを汲んでいるので、序盤時点で男性読者の掴みはOKです。

現時点ではホラー漫画というよりもオカルトアドベンチャーみたいな感じ。ただ、所々に恐怖を感じるようなタッチの絵が登場するので、もしかしたら今後の展開で想像を超えるようなホラー展開になるんじゃないかっていう可能性も高い気がしました。

夜になると幽体離脱できるっていう設定だからこその「夜人」なんだけど、ラブコメでもなく本格派サスペンスでもなく、ちゃんと霊的な要素を取り入れていてホラー要素のある作品。今後の展開が楽しみです。

あとがき

幽体離脱で実体に触れるなら好き勝手やれそう。