サスペンス・ミステリー ダークファンタジー 個別紹介

あっという間に読み終わってしまう「殺し愛」の狂気と謎めく展開の虜になった

更新日:

殺し愛表紙

 

僕はただでさえ漫画を読むスピードが速いんですが、その中でも本作は異常なまでにあっという間に読み終わってしまう作品がこちら。まぁ物語本編だけじゃなく、オマケエピソードみたいなのが最後にあるからかもしれないけど…。

続きが気になるという意味では天下一品!タイトルや表紙絵を見ただけではそんなに惹かれなかったけど、最新刊は速攻で買うし、読み始めた段階で最新刊まで一気読みしてしまうくらい夢中になりました。

アクションも見応えがあるし、なにより謎めいているストーリーに釘付けです。というわけで今回は、あっという間に読み終わってしまう「殺し愛(連載中)」を紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

殺し愛 マンガ概要

クールな女性殺し屋と、彼女をストーキングする最強の男性殺し屋。その執着の理由ははたして…!? pixiv閲覧数300万突破の愛と狂気の殺し屋×殺し屋サスペンス、ついに登場!!

 

殺し愛の見所をチェック!!

殺し屋と殺し屋の不思議な物語

殺し愛1

 

本作を簡単に説明すると「殺し屋(女)と殺し屋(男)の物語」です。男が女に惚れてしまい、女が狙うターゲットを先回りして仕留め、その見返りにデートやら何やらを要求するという…。

ここだけ聞いたら「軟派な殺し屋(男)が同業者の女に一目ぼれして付きまとっている」って感じのストーリーかと思うんだけど、実際はそんな簡単なことじゃなく、あれこれ伏線が張られています。

ちょっと無機質な感じに見える絵のタッチも「真意が分からない」という点で秀逸。なんていうんでしょうか、笑顔でも心から笑っていない雰囲気が良い味を出しているんですよね。

 

殺し屋らしいバトルシーン

殺し愛2

 

主人公の男の方は常人離れした戦闘能力を持ってるんだけど、殺し屋っぽい狡猾さが残っているというか、いわゆる不意打ちを得意としている感があって、殺し屋っぽさがちゃんと生かされています。

戦闘能力だけじゃなくて情報収集能力だったり、常に相手の一歩先を行く展開は読んでいて爽快です。それでいて登場する敵たちも屈強なので、一筋縄ではいかないところも大きな魅力と言っていいでしょう。

あとは「フルフェイスを被って正体を明かさないように事に及んだかと思えば、自分が犯人だとバレるような手がかりをあえて残していく」というような、ドラマチックなエンターテイメント性も最高です。ちょっと厨二感が残っているという読者なら、間違いなく夢中になる展開じゃないかと思います。

 

謎が謎を呼ぶ展開

殺し愛3

 

本作は迫力あるバトルシーンやバトルが始まるまでの情報戦も大きな見所なんだけど、それ以上に謎が謎を呼ぶ展開に注目です。

女主人公、男主人公のそれぞれの過去とか、なぜ殺し屋をやっているかとか…。ちょこちょこ回想シーンなんかも入りつつ、時系列があっちこっちに飛ぶわりに読みやすいっていうね。

ハラハラ&ドキドキのバトルを楽しみながらも「過去に何があったの!?」っていう部分で、読みながらずっと空腹を刺激され続けるって感じかな。読みながらも次から次へと読み進めたい衝動が抑えられないです。

 

殺し愛 コミックス1巻を読んだ感想・レビュー

僕はpixivを利用していないので、本作を知ったのは知り合いからでした。そして読み始めた時点で既に既刊7巻とかだったんだけど、一気読みしたという流れです。

こういう「読むのがやめられなくなる漫画」って、ある程度読まなきゃいけない部分があるじゃないですか?例えば個人的に超面白い漫画の代表格ってスラムダンクだと思ってるんですけど、スラムダンクもコミックス1巻の時点では読むのを簡単に辞められると思うんです(徐々に面白くなっていくという意味)。

 

ところが本作はコミックス1巻の時点でも辞められなかったです。そういう意味では瞬発力がハンパない。スラムダンクより面白いって意味じゃなく、掴みが早いって意味です。

僕自身、タイトルと表紙絵がパッとしなかったけど、それでも読んで良かったと思ったし、本作は完結するまで読み続けると思います。こういう作品を人に勧める時って「とりあえず1巻だけでも…」みたいにおすすめするけど、本作は1巻で読むのをやめるのは無理じゃないかと。

 

あとがき

殺し合いと殺し愛は掛かっています。

 

 

 

アドセンス

アドセンス

-サスペンス・ミステリー, ダークファンタジー, 個別紹介

Copyright© 漫画オススメ.com , 2021 All Rights Reserved.