ダークファンタジー ヤンキー漫画 個別紹介

不良漫画も行き過ぎると「蟻の王」みたいになってダークファンタジー感が出てくる

更新日:

初めて見た時はGacktさんがデザインモチーフになってんのかと思いました。このマンガは、ちょっと妖艶な雰囲気を持つド不良が主人公の、遺産相続をネタにした抗争漫画です。

「百獣の王」よりもインパクトの弱い「蟻の王」ですが、なんで蟻の王なのか。強い男を描くのに、なぜ蟻にしたのか。その答えはすぐにわかるはず。

というわけで今回は、行き過ぎた不良漫画「蟻の王(連載中)」を紹介します。

※物語序盤のネタバレを少し含みます。

スポンサーリンク

アドセンス

作品概要

巨大な財閥のトップである六道鬼三郎が死に、その後の六道財閥は3人の実子によって舵が取られていくことになったが、六道鬼三郎には本当に血の繋がった1人の隠し子がいた。実子と言われている3人は、実は六道鬼三郎とは血が繋がっておらず、唯一血の繋がりを持っている男を心の底から煙たがっている。

その隠し子は県内でも超が付くほど有名な不良で、六道財閥の遺産には毛ほどの興味も無かったが、遺産を放棄するように促されたことが気に食わず「俺は誰の指図も受けねぇ」と突っぱねた。それが六道財閥の怒りを買い、命を狙われることに。

 

登場人物

亜久里 四郎

本作の主人公。超ド級の不良で、地元では超有名で「会ったら逃げるのオススメ不良ランキング」で殿堂入りしているが、その一方で「亜久里に半殺しにされた不良は更生する」というジンクスも持っている。

遺産を相続する権利はあるが遺産自体に興味はなく、ただ六道財閥の思い通りになるのが嫌で遺産の放棄を拒否した(遺産を受け取る意志を示した)ことから、六道財閥に命を狙われている。

 

根古 長吉

六道財閥の相談役で、腕っぷしの強い執事のような存在。六道鬼三郎の遺言を受けて、亜久里に遺産を放棄するよう促しにやってきたが、亜久里がそれを拒否したため、亜久里の命を守るために同行することとなった。

戦闘能力が極めて高く、鋼鉄製のブーツを履いていることから、モチーフは「長靴を履いたネコ」ではないかと推測される(私は嘘喰いに登場する夜行かと思った)。

 

見所をチェック!!

スポンサーリンク

アドセンス

お前は刃〇かっ!!

主人公の四郎は、直接やり合えない不良たちから家に落書きをされているという嫌がらせを受けているみたいです。でも、なんかコレ既視感が…。

そうそう、格闘漫画の金字塔とも呼べる作品の主人公で、2018年は宮本武蔵と戦っている範馬刃〇さんですね。これはパロディーなんだろうか。少なくとも僕は「お前は刃〇かっ!!」って感じで楽しめたけど、都会で有名な不良の人にはこういう武勇伝があるのかな。

 

お前は八神〇かっ!!

ケンカの腕は最強で怖いもの無しの主人公。「忍び込んでも部屋には何もない」という割りに、部屋に到達するまでに様々なトラップを仕掛けています。

まぁアパート2階に上がるための階段がボロボロでアクションゲームばりの難易度になっているのはまぁいいとして、部屋の前にワイヤーを仕掛けてたり、ドアノブの裏にカミソリを仕掛けてたり…。脳ミソも筋肉でできている単細胞バカのようにも思える側面に、したたかな知能犯のような一面も持ってるんですよね。

でもこれ、某神になれなかった男が部屋の蝶番にシャーペンの芯を仕掛けてたアレに似てません?あ、別にいちゃもん付けてるわけじゃなくて、単にそれを思い出したって話です。

 

不良漫画を遥かに超越したバイオレンス

当ブログでは本作を不良漫画にカテゴライズしてるんだけど、世間一般的に言われている不良とかヤンキーは軽く超越していて、むしろダークファンタジーとかに近いかも。ボウガンで足を射抜いたり、車で相手を轢いたりとか普通にしますから。で、敵対する組織から生首が届いたりも。

純粋なヤンキー漫画のようなステゴロ感はないから、そういうのが好きな人だと「なんか思ってたのと違う」ってなっちゃうかも。でも行き過ぎた不良漫画って感じで読めるのであれば、迫力もあるし面白いです。主人公のダークヒーロー感もたまらないですね。

スポンサーリンク

アドセンス

遺産相続の行方

何と言っても、四郎の前に立ちはだかる3人の遺産相続者との争いが大きな見所です。遺産相続に関わる4人は、それぞれタイプの違う4人で、自ら手を下すって感じじゃないけど財力を上手く使うキャラがいたり、コネクションを上手く使うキャラがいたり…。そういう4人の戦いも大きな見所となっています。

懸賞金を懸けられたりすることで、肉体的にも精神的にも追い詰められていくハラハラ感(当の四郎はそんなにハラハラしてない)とか、暴力的な描写も相まってスリルが凄いことになってるんですよ。

まぁ普通に考えたら四郎が遺産を相続する(もしくは相続できる立場になってから、それを放棄する可能性はあるけど)カタチで完結するとは思いますが、どのような流れで1人の不良が財閥という巨大な組織に立ち向かっていくのか。今後の展開がすごく楽しみです。

 

物語序盤(単行本1~3巻)の感想

遺産相続って聞くと醜い争いのイメージが強いんだけど、本作のそれは醜いって感じじゃなくて、むしろ嫉妬に近いのかなーって思います。

普通、遺産相続って言ったら少しでも財産が欲しいから揉めるじゃないですか?でも本作のやつは「唯一、お父さんと血が繋がっているアイツが憎い」的な感情があるんじゃないかって思うんですよね。

唯一血の繋がりを持っている主人公が、唯一父親を嫌っているって設定も面白いし、なぜ鬼三郎が四郎に遺産を放棄するような遺言を残したのかって真相も気になる…。

あとは一風変わった主人公のキャラ設定も魅力的です。悪者には容赦ないって部分は他の漫画と同じなんだけど、善良な市民に対しても微妙に悪いキャラってのが斬新だと思いました。

善良な市民に対してはイイ人っていう感じでもなく、かと言って触る者皆傷付ける系のキャラでもない…。まぁ読んでみてください。

 

あとがき

蟻って弱者のイメージがあるけど、そんなことないんだよね。

 

アドセンス

アドセンス

-ダークファンタジー, ヤンキー漫画, 個別紹介

Copyright© 漫画オススメ.com , 2019 All Rights Reserved.