「酩酊!怪獣酒場」を読んだ感想・レビュー

酩酊!怪獣酒場表紙

 

ものまね芸人が集まるショーレストランがあるって聞いたときに、良い所に目を付けたなぁと思いました。やっぱ商売人のアイディアってすごいなぁと。

そしたらもっとすごい設定の商売を見つけて思わず唖然としてしまったんですが、テーマがニッチすぎて万人受けはしないだろうけどマニアにはめちゃくちゃ刺さりそうっていう感じがたまりません。というわけで今回は、ウルトラマンファンは必見の怪獣グルメコメディー「酩酊!怪獣酒場(全4巻完結済み)」を紹介します。

 

 

酩酊!怪獣酒場 あらすじ

ごくごく普通の居酒屋に新人バイトとして入った、うるま寅次郎。だけどその店は、店員もお客も怪獣だらけの「怪獣酒場」だった──。
ダダ、ゼットン、ケムール人……ウルトラ怪獣たちが働く「怪獣酒場」を定点観測せよ!!
『フリンジマン』『服なんて、どうでもいいと思ってた。』の青木U平が贈る“怪獣”דグルメ”コメディ

 

酩酊!怪獣酒場の見所をチェック!!

ウルトラマンに登場した怪獣が経営する居酒屋の話

酩酊!怪獣酒場1

 

本作はタイトルにあるように「怪獣が経営している酒場」を舞台にしたコメディーです。怪獣って言われると色々思い浮かぶと思うんだけど、本作ではウルトラマンに登場した怪獣がメインに登場します。

僕はあまりウルトラマンに詳しくなくて怪獣のすべてを知っているわけではないし、何なら知っている怪獣の方が断然少ないくらいなんだけど楽しめました。たまに自分が知ってる怪獣が登場するとテンションが上がったりもするので、ウルトラマンが好きな人ならこれ以上ないくらい楽しめるんじゃないかと思います。

ちなみに怪獣酒場は実在していて、川崎と新橋にあるみたいです。軽くホームページを覗いてみたら「地球人向け営業中に怪獣は登場しません」って書かれていて、マジ上手いことやってんなぁって感心させられたくらい。

 

見た目は怪獣でも中身は普通な一面も

酩酊!怪獣酒場2

 

本作は居酒屋の経営陣も怪獣だし、各エピソード毎に別々の怪獣が来店するという形式になっています。もちろん地球人との絡みもあるわけですが、そこには特に怪獣だからどうのこうのっていう展開はなく、あくまで怪獣が普通の在りものとして受け入れられている世界です。

そして各怪獣は見た目や能力こそは人間離れしているものの、やってることは普通の人間っぽくてすっげー馴染んでるっていうね。居酒屋店員ならお客さんとして来店した女子の団体を見て、誰が好みかってくらいの話はしたことがあるんじゃないかと思います。

情景が脳内で思い浮かびそうな風景を怪獣が演出しているので、これを見て笑わずにはいられません。怪獣に対して特に思い入れのない僕でもそうなんだから、怪獣が好きな人にとっては特別な作品になると言っても過言ではないでしょう。

 

アメリカンジョークならぬ怪獣ジョーク

酩酊!怪獣酒場3

 

世の中には設定が非常に秀逸で明確な武器があるにも関わらず、その武器を生かし切れていないという漫画も少なくありません。例えば本作にはちゃんと怪獣が居酒屋を経営しているっていうコンセプトがあるわけですが、これが「怪獣じゃなくても通用する」みたいなコメディーだと楽しさ半減です。

しかし本作はちゃんと怪獣酒場としての武器を使いこなしているし、控えめに言ってもめちゃくちゃ面白いです。「そもそも怪獣って好戦的な存在なんじゃねーの!?」みたいに冷静になってしまうと、それすらも面白くなってきちゃうという感じ。

怪獣ならではのジョークを怪獣ジョークと称していいんだとすれば、怪獣ジョークは地球人にも理解できる内容で、ここに文化の違いはあまりないように思いました。アメリカンジョークって文化の違いを感じる部分が大きい気もするけど、怪獣ジョークはしっかり笑えます。

 

酩酊!怪獣酒場 コミックス全4巻を読んだ感想・レビュー

これほどまでにオリジナルを知らないことに対して悲しみを感じた作品はないんじゃないかってくらい、とにかくウルトラマンを知っていればもっと楽しめたんだろうなぁと感じる全4巻でした。

確かに怪獣を知らなくても面白く感じる部分はあるんだけど、やっぱ深く知っていた方が楽しめるという点は間違いないです。ジャミラとかは名前は聞いたことはあるし見た目も知ってるけど、水が苦手っていうのは知らなかったし、それが乾き物に繋がる展開なんかは怪獣の特性を知っていたらより楽しめたんじゃないかって思います。

青木U平氏は「フリンジマン」のくだらなさがめちゃくちゃ好きでしたが、本作でもその高いギャグセンスが楽しめました。ウルトラマンに出てくる怪獣が好きな人、ユニークなジョークが好きな人には文句なしにおすすめです。

 

あとがき

「ダダって仮面ライダーじゃないっけ?」ってくらいの知識でも楽しめました。

 

 

全5巻以内で完結する面白くておすすめの漫画を紹介する

爆笑必至!抱腹絶倒!面白くておすすめのギャグ漫画を紹介する