「青春相関図」を読んだ感想・レビュー

青春相関図表紙

 

思春期時代に人間関係に悩み始め、まさか一生それに悩まされるとは夢にも思いませんでしたが、誰しもが自分なりの人物相関図を持っているのではないかと思います。

僕は友達が少ないけど、それでも家族を含め何本かの矢印は出ているわけで…。でも相関図を見れば、大体その人物がどういう人なのか分かりそうな気もしますよね。というわけで今回は、人物相関図を手掛かりに犯人を探すミステリー「青春相関図(全3巻完結済み)」を紹介します。

¥1,386 (2021/09/14 08:40時点 | Amazon調べ)

青春相関図 あらすじ

5人のピエロに私は殺される。朝日高校に通う高校3年生、七崎 青。恋人である二階堂 春との明るい日常は突如、音を立てて崩れ落ちた。春が屋上から転落し、一命を取りとめるも昏睡状態になってしまう。幸せなはずの彼女は何故転落したのか!? 彼女の残した人物相関図に記されたクラスに潜む5人のピエロ。青は級友全員を敵に回してでも真相を暴き、復讐することを決意する。

 

青春相関図の見所をチェック!!

青春時代に人間関係に悩む高校生たち

青春相関図1

 

あなたも人間関係に悩んだことがあるかと思います。僕は小学生の頃に1人だけめちゃくちゃ合わない同級生がいて、彼もまた僕に対してそういう気持ちを持ってるんじゃないかって思ったときに衝撃を受けたのを今でもはっきり覚えています。

自分の陰口を人伝に聞いた時もそうだし、一見仲良さそうなアイツとアイツが実は裏では嫌っていたり…。誰かと誰かが付き合ってるとかどうでもいいじゃないですか?今ならもう「めんどくせー!」で済むけど、当時はかなり深刻に悩んだよね。

そんな感じの人間関係に悩んでいる高校生が主人公の物語です。付き合っていることすらも人目を気にしなければならないというシチュエーションで、とにかく多感な時期ならではの雰囲気が堪能できるでしょう。

 

飛び降り事件から始まる復讐劇

青春相関図2

 

ある時、主人公の恋人が校舎から飛び降りるという事故(事件?)が発生します。表向きには自殺未遂ってことになるんだけど、誰かによって突き落とされたという可能性を残しつつ、自殺なら自殺で「そこまで追い込んだ人物」を探しだそうという感じのストーリーです。

はっきり言って事件が起こるまでの展開が急すぎて、何の伏線もなく事件が起こっちゃうので少し戸惑ってしまうんですが、盲目的に彼女のことを信頼している主人公の様子に狂気を感じます。個人的には「子供の言うことをすべて鵜呑みにする親」みたいなのに近い印象を受けました。

彼女が日常的にいじめられていた的なシーンがあったらまた別なんだけど、そういうのも無しにクラスの誰かによって追い込まれたと決めつける主人公は、まさにトチ狂っていると言っても過言ではありません。この狂気がクラスをどのように変えていくのか注目です。

 

相関図を頼りに犯人を探すミステリー

青春相関図3

 

彼女のロッカーからクラスの人物相関図が発見され、それを頼りに犯人を探すという流れになるわけですが、ロッカーの見やすい場所に「私」を明確にした相関図を書いてしまうあたり、この彼女も少し痛い人物だったのかなぁと思ったり思わなかったり。

…みたいな冗談はさておき、この相関図の中から5人のピエロを見つけ出すという展開です。彼女が深い部分の相談を自分にしてくれなかったということもあり、主人公はクラスメートたちに聞き込みをするような形で少しずつ彼女周辺の人間関係を明らかにしていきます。

当然ながらクラスメートには非協力的な人物も少なくないため、その辺りをどのように上手く立ち回っていくかに注目です。もしかすると強引に捜査を進めた結果、クラス中を敵に回してしまうような展開になるかも。

 

青春相関図 コミックス全3巻を読んだ感想・レビュー

まず相関図が複雑で覚えられません。ミステリーで犯人候補のキャラが掴めないっていうのは結構厳しいと思いました。というか学校中の曲者をこのクラスに集めたんかってくらいにクセが強い。

恋人が死にかけたことで復讐に燃える主人公っていうのはワクワクする展開なんで、どうせなら序盤の勢いのままやってほしかったけど徐々に失速します。「犯人にそうせざるを得なかった事情」みたいなものが無い限り、復讐劇の最後に日和るのはいかんでしょう。

トカゲって呼ばれてる人物がトカゲの被り物をして出てくるのは、漫画の構成上「顔を描くわけにいかないからそうしてる」とかならいいんだけど、実際に被り物をしてるっていうのが腑に落ちません。「トカゲを追い詰める→被り物を剥ぐ→無理やりこの被り物を被らされただけ」みたいな流れがありなら何でもありになってしまいます。

思わず原作者について調べちゃったくらいに、僕には合わないミステリー漫画でした。ちなみに原作者の廣瀬俊氏は「復讐の教科書」や「煉獄のカルマ」が有名です。

 

あとがき

僕から出る矢印なんてせいぜい2本~3本だろうなぁ。

 

¥1,386 (2021/09/14 08:40時点 | Amazon調べ)

 

[st-midasibox title=”おすすめ関連記事” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

全3巻以内で完結する面白くておすすめの漫画を紹介する

有害図書スレスレ!?ダークで暗い世界観を持った面白くておすすめの漫画を紹介する

打ち切りやむなし!?Kindleレビューが酷い作品を読んでみた感想まとめ

[/st-midasibox]