個別紹介 将棋

不良女子が将棋界に殴り込み!「龍と苺」に見る天才の恐ろしさに震える

更新日:

龍と苺表紙

 

個人的には行儀の悪い棋士っていうのは思い当たらないので、ちょっとした不良要素がある将棋指しが出てくると、ちょっとしたダークヒーローというかカリスマ性のようなものを感じてしまいます。

もちろんそれは圧倒的な強さを持っていることが前提なんだけど、そういう意味では本作の主人公の棋力があれば問題ないでしょう。というわけで今回は、天才不良少女が将棋の世界で大暴れする「龍と苺(連載中)」を紹介します。

スポンサーリンク

龍と苺 マンガ概要

命懸けで闘うものが見つからず退屈した日々を送る、藍田苺、14歳。

将棋好きの元校長に、才能を見いだされた苺は初心者のまま、将棋の市大会に参加することに!!!そこは女だから、子供だから、と言われるような「見えない壁」がある場所だったが…そんなことは関係ない。苺は真っすぐ、自由に、猛烈に、暴れまわる!!!

連載開始直後から、大大反響!一手一手、強くなる。“闘う”将棋マンガ、開幕!!

 

龍と苺の見所をチェック!!

あまり行儀の良くない天才少女が主人公

龍と苺1

 

プロ棋士といえば人格者の集まりと言っても過言ではないくらい、すごく行儀の良い大人だらけというイメージがあります(実際はどうだか分からないけど、少なくとも表向きは)。きょうび高校球児だって良い場面でヒットを打てばガッツポーズをするのに、対局に勝っても笑顔を見せないのは独特な空気と言わざるを得ません。

後輩に対しても段位を付けて読んだり、さん付けをしたり…。藤井聡太さんの対局を解説しているベテラン棋士の方も、藤井君って呼んでる人はほとんどいないですからね。

そんな世界にクラスメートを椅子で殴りつけるような不良少女が参入してきます。大人気将棋漫画「月下の棋士」を思わせる行儀の悪さですが、果たして吉と出るか凶と出るか。

 

目指すのはプロ棋士?

龍と苺3

 

そもそも本作の主人公は将棋のルールも知らなかった女の子で、ひょんなことから将棋の世界に足を踏み入れることになったわけですが、その才能は誰の目にも明らかです。少なくとも町の将棋大会に留まるような器ではありません。

そんな彼女がどこを目指すのかという部分は非常に気になるところです。物語の序盤からしつこいくらいに「将棋は男の世界だ!」というような世界観が作られているので、そこに切り込んでいく姿を期待せずにはいられないでしょう。そうなると女性初のプロ棋士の誕生という展開が待っているかもしれません。

 

初心者にも分かりやすい将棋漫画

龍と苺2

 

将棋には定跡があるので、経験がものを言う競技と言っても過言ではありません。球技なんかだと才能にあふれた初心者が経験者に勝つってシーンも珍しくないでしょうが、知っているかどうかという要素を持つ将棋において、初心者が経験者を圧倒するという展開はまず有り得ないでしょう。

とは言え、将棋の定跡を知るにはそれなりに深いところまで将棋を知る必要があり、それを漫画で説明するっていうのは意外と難しいのか、大半の将棋漫画では割愛されている部分です。それを本作では、サラッとではあるもののちゃんと触れています。

ぶっちゃけ少年漫画で将棋を題材にしたものは、棋譜は一切無視したバトル将棋のような展開になることが多いので、このような説明があるだけでもすごく驚きました。これを一瞬でモノにできる主人公には驚きを禁じえませんが、少年漫画と侮ってはいけないほど本格的な将棋漫画じゃないかと思います。

 

龍と苺 コミックス1巻を読んだ感想・レビュー

個人的には面白い将棋漫画だと思ったんですけど、kindleレビューにて凄い熱量を持った酷評レビューがあったので読んでみたところ、まぁ言わんとしていることも分かるという感じだったので、賛否が分かれるところなんだろうなぁと思います。

将棋界っていうのは少し特殊で、男女に対して平等に門戸が開いているにも関わらず、女性のプロ棋士が存在しないという世界です。これに抗う女性主人公という存在は面白いんですが、ちょっとやりすぎてしまって周りの大人男性たちを悪者にしすぎてる感が強く、人によっては嫌な気持ちになるかもしれません。

登場する男性キャラが女性や子どもを見下す発言を多用するし、負けた後で「いやー、可愛いお嬢ちゃんだったから油断しちゃったよー」みたいに言い訳をするおじさんも多いです。これを少年漫画にありがちな煽りと受け取れるかどうかの差が大きいような気がしました。

個人的には決して行儀が良いとは言えない主人公が、将棋の世界に身を投じて少しずつ変わっていくのではないかという期待も込めて、今度の展開に期待したいと思います。

 

あとがき

命が賭かってるっていうのに、随分とぬるいことするのね。

 

 

 

-個別紹介, 将棋

Copyright© 漫画オススメ.com , 2021 All Rights Reserved.