「777 スリーセブン」を読んだ感想・レビュー

777 スリーセブン表紙
Ⓒ777 スリーセブン

世直しをするヒーロー作品の定番と言えば「正体がバレないように変身した姿で行動する」という部分です。でも本作の場合、何かちょっとだけ違うんですよね。

ネタバレになるから上手く言えないんだけど、この設定は面白いと思いました。ギャグみたいな雰囲気もあるし、ちょっとワクワクする展開も作れていると言っていいはず。というわけで今回は、ワケあり三人組による世にも奇妙なバトルアクション「777 スリーセブン(全4巻完結済み)」を紹介します。

著:小沢としお
¥1,716 (2021/09/13 22:59時点 | Amazon調べ)

777 スリーセブンのあらすじ

悪に満ちた街の犯罪者たちに1人立ち向かう全身武装の男!!夜な夜な街で不良を殴り倒しストレス発散するナゾの美少女!!そして、友人をかばい陰惨なイジメをうける心優しき少年…。ワケあり3人が集う時、世にも奇妙な物語が動き出す!!

777 スリーセブンの見所をチェック!!

警察の代わりに犯罪者を成敗する存在

777 スリーセブン1
Ⓒ777 スリーセブン

まず本作は通り魔的な犯罪者の犯行を力づくで止める謎のヒーロー(?)の姿から始まります。まぁこの時点で「主人公が正体を隠しながら、犯罪者たちを粛正していく感じの漫画なのかな?」って思うじゃないですか?

まぁぶっちゃけそんな単純な感じでもなくて物語はもっと入り組んでるんだけど…割と謎めいた感じで展開されていくのが大きな見所です。簡単に言えば悪人に対して私刑を下すヒーロー的な存在ではあるものの、なんでそんなことをしているのかっていう部分が秘密になってるんですよね。

もっと言えば「こいつが主人公ってわけじゃねーのかよ」っていうのもあって、とにかく序盤の掴みがめちゃくちゃ面白いです。「あ、そういうことなの?」っていうのが気持ち良い序盤は、大きな見所の一つと言えるでしょう。

いじめに遭っている主人公

777 スリーセブン2
Ⓒ777 スリーセブン

本作の主人公は心優しい男子高校生で、クラスメイトがいじめられているのを庇ったことがきっかけで逆にいじめられるようになってしまったという過去があります。パシリにされたり殴られたりしていて、「そのうちいじめるのにも飽きるだろ…」なんて思っていたら、なかなか開放してもらえずに困っているという感じ。

最初にいじめられていた生徒は解放されたからいいものの、その代わりにいじめられるようになってしまった主人公が不憫で仕方ありません。でもいじめのシーンは割とマイルドというかすぐに終わるし、そんなに胸糞悪い感じでもなければ頼もしい味方のような存在もいるので、そういう暗い展開が苦手な人でも楽しめると思います。

いじめっ子を力で返り討ちにしてくれる謎の男

777 スリーセブン3
Ⓒ777 スリーセブン

本作のキーマンはいじめられている主人公を助けてくれる上記画像の彼の存在です。ぶっちゃけ主人公と仲が良さそうな雰囲気も全然ないし、はっきり言って「なんで主人公を助けてくれるのかが謎」っていう感じなんですよね。

単純にいじめ問題が許せないとかなら、そもそも主人公が庇う前にやられてた奴を助けてやれよって話だし…。ちなみにこのヒーローの存在がかなり重要で、物語を大きく動かしていく存在となっています。

殴り合いのケンカもかなり強くて、その辺の不良が数人くらいじゃものともせずに倒すことができ、神出鬼没な感じがまさにヒーローと言ったところ。彼の存在によって物語がどう動いていくのかに注目です。

主人公と謎のヒーロー(?)の出会い

777 スリーセブン4
Ⓒ777 スリーセブン

よくありがちな設定で言えば「主人公=謎のヒーロー」とか「主人公を助けてくれる男子高校生=謎のヒーロー」っていう展開だと思うんだけど、本作の設定はそれとはちょっと違います。

個人的にはこの設定が結構面白いと思っていて、作者の小沢としお氏らしさが溢れていると思いました、「ナンバMG5」では優等生とヤンキーの二面性を上手く描いていましたが、まさにそんな感じの奇想天外な設定が生きている作品と言っていいでしょう。

世にはびこる悪人たちを粛正していく謎のヒーロー、高校でいじめられている主人公、その主人公を助けてくれる男子高校生…。彼らがどう活躍していくのか、そして謎のヒーローは何を目的にしているかという部分が見応えたっぷりです。

777 スリーセブン 全4巻を読んだ感想・レビュー(ネタバレなし)

僕は本作をリアルタイムで読んでいたわけではないんだけど、たぶん打ち切りだったのかな…。終わり方がかなり急展開で、描きたいところを描き終える前に終わってしまった感が満載でした。

個人的には設定も面白かったし、最後の真相というか物語の肝となる部分が見届けたかったんだけど、残念ながらそれを明かされることはなく、ちょっと消化不良っていう感じが否めません。

ただ、主人公たちの姿の見せ方が結構面白くて、小沢氏の「ナンバMG5」や「ナンバデッドエンド」が好きなら楽しめるんじゃないかと思います。ちょっとギャグ寄りの雰囲気がするんだけど、重要人物3人の共通点とか初期設定が面白いバトルアクション漫画と言っていいでしょう。あと可愛いは作れる。

あとがき

もうちょっと続くだけでもだいぶ変わったと思うけど。

著:小沢としお
¥1,716 (2021/09/13 22:59時点 | Amazon調べ)