SF ヒューマンドラマ 個別紹介

最強のおじいちゃんが地球を救う物語「いぬやしき」

更新日:

いぬやしき

 

インパクトのあるタイトルの漫画って言ったら山ほどあるけど、まさか主人公の名前(それも苗字)がタイトルの作品ってこれまでにありましたっけ?言ったら「闇金ウシジマくん」だからいいのであって、これが「うしじま」だったらあそこまでの人気作になっただろうかって話です。

冗談はさて置き、タイトルを伏せた状態で本作を最後まで読み終わった後に「本作のタイトルは?」って聞いても、ドンピシャで当たることはまずないでしょう。ドラゴンボールにしろ、ワンピースにしろ当たりそうだけど、本作のタイトルを内容から予測することはムリゲー。でも至ってシンプル。

というわけで今回は、最強のおじいちゃんが地球を救う「いぬやしき(全10巻完結済み)」を紹介します。

スポンサーリンク

いぬやしき マンガ概要

その男には誰にも言えない秘密がある! 58歳サラリーマン2児の父。希望もなければ人望もない冴えない男。しかしある日を境に男のすべては一変する――。『GANTZ』で漫画表現の極地を切り拓いた奥浩哉がおくる、全く新しい世界がここに!

 

いぬやしきの見所をチェック!!

読者の憧れには程遠いおじいちゃんが主人公

いぬやしき1

 

普通の漫画だと主人公は憧れの的で、ファン投票をしたら1位ないし2位になるのが通例というか、それだけ輝かしい存在であることが多いです。

しかし本作の主人公はおじいちゃん。正確には「お父さん」だけど、一般的にカッコイイお父さんとされている要件は一切満たしておらず、むしろ対極にいると言っても過言ではありません。

実際に読み進めていけば「地上最強にカッコイイお父さん」なんだけど、それに気付くまで多少の時間は必要だし、とにかく「おじいちゃんが主人公」っていうのは良くも悪くも斬新だと思いました。ライバル的な存在に若い男の子もいるんだけど、普通はそっちが主人公だけどねぇ…そういう視点が面白いです。

 

ロボットのような圧倒的パワー

いぬやしき2

 

本作の主人公が普通のおじいちゃんと違うポイントは「めちゃくちゃ強い」という点です。あることをキッカケに機械のような体を手に入れ、その姿はまさに人造人間と言ったところ。

圧倒的なパワーと銃弾すらものともしない強力ボディ。更には人の病気を治すことも可能という…まさに神の力が宿ります。この力を使って恐喝されている被害者や、不慮の事故に襲われてしまった人を助けたりするという感じです。

とは言っても、これまでに喧嘩をしてきたというわけでもないのでかなり不格好だし、すごくぎこちないシーンも多く、この不器用さがカッコ良く見えるという不思議な部分も本作の見所と言えるでしょう。

 

おじいちゃん vs イケメン男子

いぬやしき3

 

本作には主人公の他にもう1人、圧倒的な力を手に入れた存在のイケメン男子が存在します。ぶっちゃけ地上最強の力を手に入れて、もはや警察も怖くないってレベルにまでなっちゃったら、果たしてどれだけの人間がその力を良いことに使えるかって話で、普通は私利私欲のために使うって人のほうが多いような気がするじゃないですか?

おじいちゃんはずっと真面目に働いてきて、子供たちには小さいと馬鹿にされたけど念願のマイホームを持ったし、手にした力を弱者のために使ったわけです。あんま言い方は良くないけど、一見すると勝ち組とは言い難い主人公こそが立派な人間だったという展開に、何かを思わずにはいられません。

正義のおじいちゃんと悪の男子高校生って縮図が非常にわくわくするし、思いがけない形でこの決着に終止符が打たれるところまでがマジで面白い!正義しか勝たん。

 

いぬやしき コミックス全10巻を読んだ感想・レビュー

最初はおじいちゃんの可哀想な感じがウチの父親とかぶったり、もっと言えばウン十年後の自分とかぶるような気がして見ていられませんでした。何回か読もうとしたけど、1巻の途中で読むのをやめてしまうってことが3回~4回続いたのかな。

その後で本腰を入れて読む機会があって、その時は最初から最後まで一気読みしてしまったんですよね。おじいちゃんが生き生きし始めてからは、マジで面白かったです。唯一、身を脅かす存在として「同じ能力を持った少年」が出てきてからは、平和一辺倒でもなく適度な不安要素があってワクワクだけじゃなくハラハラできる展開も魅力的だったと思います。

ぶっちゃけ正面衝突しておじいちゃんが勝てる要素も見当たらなかったので、「最後におじいちゃんと少年がバトルしたら、少年が勝っちゃうんじゃね?正義、負けるんじゃね?」って部分が心配だったけど、上手い路線変更で結末に繋がったと感心しました。やっぱ正義は負けちゃいかんです。

全10巻で読みやすいボリュームだし、結末も予想が付かない感じだと思います。ちょっと変わったバトル漫画、SF要素が好きな方なら楽しめるはず。

 

あとがき

今このときのために僕は生まれてきた。

 

 

 

-SF, ヒューマンドラマ, 個別紹介

Copyright© 漫画オススメ.com , 2021 All Rights Reserved.