まとめ ギャンブル漫画

手に汗握る心理戦・頭脳戦!!面白くておすすめのギャンブル漫画を紹介する

更新日:

心理戦や駆け引きって、なんだかワクワクしませんか?

今回はギャンブルをする人もしない人も楽しめる、心理戦や頭脳戦を用いたギャンブル漫画の紹介です。

※連載中、完結済みの区別はしない。

スポンサーリンク

アドセンス

嘘喰い(全49巻)

心理戦の複雑さで言えば本作が最高峰だと思う。僕が馬鹿なのもあって「それってどういう意味?」って場面が多々、とにかく複雑です。

でも駆け引きはすごく見応えがあるし、理解した時のスッキリ感がクセになるんですよね。頭のイイ人ならメチャクチャ楽しめると思います。頭が良くない人でも、何度か読み直せばOK。

僕は炸中で描かれているほとんどのギャンブルを1回読んだだけでは理解できなかったので、何度も読み直しました。その結果、意味が分かった時は超スッキリしたし、それと同時に「この作者、天才じゃね?」って思った。

空気を賭けるとか、発想が凄すぎ。あとババ抜きとかモスキート音とか…複雑な心理戦・頭脳戦が好きな人には文句無しにおすすめです。

 

賭ケグルイ

ギャンブルの強さで成績が決まる的な学校でのし上がっていく物語。主人公を始めとする女の子たちの絵が可愛い。

ギャンブルをする人なら、どこかは必ずクレイジーな部分があると思うんだけど、本作で描かれている狂いっぷりは異常。

通常のギャンブル漫画みたいに「勝つべくして勝っている」というわけではなく、主人公のキャラなのか「ギャンブルなんだから負けるのも一興」というマゾヒストな一面を好きになれるかどうかで、評価が大きく分かれそう。

 

賭ケグルイ 双

賭ケグルイのスピンオフ的な作品。本編に登場する別のキャラクターが主人公になってます。

本編と違って、こっちは本人が「ギャンブルに負けたくない」と思っている分、通常のギャンブル漫画に近い。そのおかげで狂ってる感があまりないので、良くも悪くも本編とは作風が大きく異なっているような気も。

本編と同じで女の子たちの絵が可愛く、1コマ1コマが大きいから一瞬で読み終わる。

 

LIAR GAME(全19巻)

お金を賭けたゲームにひたすら挑戦していく物語。ゲームの内容はそこまで複雑じゃないけど、しっかりと駆け引きが生きていて面白い。

途中から「いかに第3の味方を取り入れるか」みたいな戦いになっちゃって、主人公たちがすごいというよりも「よく裏切られなかったな」的な感じになるところで、賛否両論ありそう。

最初のお金の奪い合いとか少数決は、マジで面白かった!読んだことが無い人は、そこだけでも読んで欲しいです。

 

カイジ

賭博黙示録カイジ(全13巻)

借金を返すために怪しい船に乗ってギャンブルをする物語。勝てば賞金、負ければ何をされるかわからないという状況で、色んなギャンブルに挑戦します。

鉄骨渡りは置いといて、ジャンケン対決とEカードはしっかりと心理戦やってるし、負けた時の恐怖感の煽りもすごい。藤原竜也主演で実写化もされてるし、カイジシリーズの礎だって考えるとすごく偉大な漫画だと思います。

何よりギャンブル漫画の金字塔とも呼ばれるカイジを知るには、本作から見ないと。

人間の表の顔と裏の顔が覗けたり、ギャンブルでの心理戦ももちろん見応えがあって、間違いなく最高峰と言っていいでしょう。

 

賭博破戒録カイジ(全13巻)

借金が返せなくなって強制労働施設に送られてからの、カイジの逆転劇を描いた作品。

働いた給料を使ってのチンチロリン、地上に出て闇カジノで1玉4000円のパチンコ。勝ち目が薄いと思われるギャンブルで、ちゃんと勝ちの目を濃くしてから勝負するカイジがたまらなくカッコイイ!

前作から遥かに成長したカイジが堪能できます。パチンコ「沼」を攻略するための布石が熱すぎ。

 

賭博堕天録カイジ(全13巻)

なんとか人並みの生活に戻ったカイジが、今度は仲間の誘いに乗って麻雀対決。「仲間がイカサマで勝たせてくれるというから、やったんだけど」的な作品。

自分がハメたと思ったら実はハメられていて、それを逆手にとってやり返すまでの流れが秀逸。

話はメチャクチャ面白いんだけど、麻雀がわからないと面白みが半減してしまうのが残念。麻雀を知ってるなら楽しめると思います。

 

賭博堕天録 和也編(全13巻)

一応、前作の賭博堕天録カイジの続編的な立ち位置だけど、全く新しい物語。和也という人物と戦う前の前哨戦みたいな感じ。

タイトルにカイジの名前が入っていないように、全く関係のない3人がゲームしているのを、周りでカイジと和也がワーワー言ってるという流れです。

ゲーム自体は体内時計や友情がちゃんとしていれば、ちょっとした工夫でクリアできる内容で面白いと思う。でも、ゲームやってる3人がカイジに縁もゆかりもないから、なんだかなぁ。

 

賭博堕天録 ワン・ポーカー編(全16巻)

前作で、ある意味主役を務めた和也とカイジのポーカー対決です。和也の親父がすごすぎて和也自体の噛ませ犬感がハンパ無いけど、敵としてはかなり手ごわい感じですね。

ポーカーとは言ってもHIGH&LOWみたいなゲームで、数字の高い方が勝ちというゲーム。ただし、手元のカードがHIGHなのかLOWなのかが相手に筒抜けというルールのため、そこに心理戦の要素があります。

これもゲーム自体は面白いです。でも最初の3作と比較すると「結局、それかよ」感が否めないので、これまでのカイジの駆け引きを期待していると痛い目に遭うかも。

kindle版のレビューを見てもらったらわかるけど、最後はとにかく引き延ばしてる感がすごい。「かめはめ波を撃つまでに10ページ」みたいな感じが露骨で、個人的にはあまりおすすめはしないです。

 

銀と金(全11巻)

ヤクザの事務所に殺人鬼を監禁したり、金持ちの後継者争いに巻き込まれたりして、ギャンブル以外のインパクトも強いけど、ちゃんとギャンブル要素もあって見応えあるマンガ。

暗い部屋で本物の絵を当てる対決は、うまくできてるなぁと感心しました。競馬のレースを作るギャンブルの結末は、驚かない人はいないと思う。

他にも青天井ポーカーとか麻雀対決なんかもあって、ギャンブル好きにはたまらない内容です。

 

あとがき

金は命より重いっ!!

アドセンス

アドセンス

-まとめ, ギャンブル漫画

Copyright© 漫画オススメ.com , 2019 All Rights Reserved.