まとめ ジャンル別まとめ デスゲーム

不条理と圧倒的恐怖が魅力!面白くておすすめのデスゲーム、サバイバル漫画を紹介する

更新日:

スリルを味わえるジャンルと言えば、一昔前はホラーだったけど、一気にデスゲームというジャンルが確立されたように思います。ハラハラする展開は病みつきになりますよね。

そこで今回は、生き残りを賭けたデスゲーム、サバイバル漫画の中から面白くてオススメの作品を紹介します。

※連載中、完結済みの区別はしない。

スポンサーリンク

アドセンス

出会って5秒でバトル

タイトルがアレだったけど、中身はメチャクチャ面白い。全然いかがわしい内容じゃなかった!合体とかしなかった!!

特殊能力を使ったバトルものなんだけど、主人公の能力が「相手があなたの能力だと思った能力」ってのが斬新すぎる。使い方によっては無限の可能性を秘めてるのがいいですね。

いかに相手に舐められないようにするかも重要で、そのあたりの駆け引きも見応えアリ。「心理戦を絡めた特殊能力バトル」と聞いて心が躍る人なら、ぜひ押さえておくべし。

 

BTOOOM!

BTOOOMと呼ばれるオンラインゲームに似たデスゲームに、何故か参加することになってしまったというストーリー。BTOOOMは、分かりやすく言うとリアルボンバーマンみたいな感じです。

色んな個性のある爆弾を使って、生き残りを賭けて戦うんだけど、主人公が「オンラインゲームでは強かった」っていうのが面白い。マリオカートが速くても、ゴーカートが速いわけじゃないからね。

最初は面白かったけど、最近は中だるみが気になる…。ぜひ持ち直して欲しい。

 

ダーウィンズゲーム

スマホで「ダーウィンズゲーム」という見知らぬアプリをダウンロードしてしまったことで、殺し合いに巻き込まれてしまうというストーリー。

最近はこの手の漫画が本当に多いと思うんだけど、本作のクオリティは頭1つ抜けてるんじゃないかと思う。絵の線が細かいから綺麗で読みやすい。あと仲間の女の子が可愛い。

シギルと呼ばれる特殊能力がバトルに大きな幅を持たせていて、ちょっとした戦略的な部分も楽しめます。

 

7's -セブンズ-

ヒロインが死ぬことで時間が巻き戻るっていうタイプのデスゲーム。相手は人間離れしている愉快犯です。

何度も試行錯誤を重ねて「ここの道を変えれば愉快犯に会わなくて済む」とか「先回りしてここに罠を仕掛ける」とかやるのかなーって思ってたら、意外と早い段階で「もうタイムリープはなくなったの?」っていう感がちょっとだけ不安。

そして、特に主人公とヒロインの間に助け合うような設定がなくてアレだけど、その辺りも含めてどう収拾つけるのかってのも今から楽しみです。

 

トモダチゲーム

主人公を含む仲良し5人組が、このうちの誰かが借金している2000万円を返済させるためのゲームに挑戦する様子を描いた作品。

タイトルにもあるように、単なる腹の探り合いや騙し合いというものではなく、あくまで友情がしっかりしていれば問題なくクリアできるという設定が面白い。

途中から主旨が変わってきたような気もするけど、狂気も見えてハラハラする展開は巧みに表現されていて楽しめます。

 

リアルアカウント

リアルアカウントと呼ばれるSNS上で繰り広げられるデスゲームの様子を描いた作品。「インスタもTwitterもやってません」って人だと全然面白くないかも。

ゲームをクリアするうえでの駆け引きは結構面白いけど、モヤっと感の残るギミックも多い印象。あれこれ言いたくなる人よりも、サラッと読める人にオススメ。

 

神アプリ

スマホのアプリで神の力を手に入れ、それを使って色んなことをするというストーリー。

犯罪者を捕まえたり私利私欲のために使ったり、本当になんでもアリで結構ゲスい。でも、ドラえもんの道具に匹敵するくらいのチート感が面白い。

絵には躍動感が全く無くてバトルシーンに迫力はないけど、主人公がゲーマーということでその場に適したアプリを使う頭脳戦は見応えがあると思う。

 

食料人類

人間を育成する施設のような場所に拉致されるところから始まる物語。得体の知れない生物に人間をエサとして与えていた場面を目撃し、そこからの脱走を試みるという流れです。

脱獄って聞くとワクワクするっていう人が一定数いるんじゃないかと思うんだけど、まさにそんな感じのスリルが味わえるサバイバル漫画だと思う。相手が不透明な感じとか強大な組織感は、ワクワクさせてくれますよ。

いかんせん展開が「養豚場とか養鶏場が人にすり替わっただけ」なこともあり、最近流行りなのかなぁと。kindleレビューにも辛辣な評価が少なくありません。

個人的には結構好きで、既視感こそあるけど中々楽しめてます。

 

渋谷金魚

あるタイミングで渋谷に人を食う金魚が大量発生したという内容のデスゲームです。

渋谷が水に沈んだというわけでもなければ、渋谷だけが金魚鉢で覆われてしまい、外に出られなくなってしまったという感じの設定。なお、金魚は空を飛び回って呼吸もします。

でも嗅覚で物事を察知するとか、変温動物だっていう概念は残っていて、それを生かしてのバトルも大きな見所と言えるでしょう。

kindleレビューを見る限りではあまり評価されてないみたいだけど、個人的には結構好きな作品。

 

異骸 -THE PLAY DEAD/ALIVE-

よくある学園モノとゾンビホラーの融合で、かつての友人とか片想いの相手が正気を失っていく感じが迫力満点で描かれているサバイバルホラー。

一風変わっているのが「ゾンビは時間帯によって正気に戻る」という点で、それが人間側にも殺すのを躊躇わせているという部分が面白いです。

人間vsゾンビって縮図はもちろん、ゾンビにどう対応するかっていう人間vs人間の縮図も見所あり。

 

モンキーピーク

社内レクリエーションで登山をすることになったものの、そこで得体の知れない山猿に襲われてサバイバルをすることになったというストーリー。

人間の醜さとか争いなんかも描かれていて、綺麗事ばかりじゃなくて鬼気迫る感じが結構好き。

「山猿の正体は?」みたいな感じの含みを持たせている部分もあって、結末次第では大きく駄作になりそうな危険性もあるけど、どうなるかすごく楽しみな作品です。

 

殺戮モルフ

刃物を片手に無差別通り魔事件を引き起こした人間が、取り調べ中にも関わらず外では犯行を重ねているという設定のスプラッタホラー。

逮捕されたはずの犯人が未だに外では目撃もされていて、さらに犯行を重ねている様子は奇妙で仕方ないです。幽体離脱的な話なのか、それともドッペルゲンガー的な話なのか…。

リアリティに乏しいせいか恐怖は感じないんだけど、残酷な描写が次から次へと出てきて結構グロい。色んな伏線をどうやって回収するのか楽しみです。

 

嘘喰い(全49巻)

ベースはギャンブルだけど、負けたら死ぬという意味ではデスゲーム寄り。特に「命の賭かったギャンブル」は手に汗握る緊張感がたまらないです。

しかも死に方に注文が付けられていて、水の入った水槽の中で空気を賭けて戦ってみたり、拷問器具の中で燃やされる時間を賭けて戦ってみたり…。狂気じみてる感じの表現が、とにかく秀逸な作品だと思う。

所々にバトル要素も入ってきて、そのシーンの迫力は純粋なバトル漫画と比較しても負けてないどことか、むしろ勝ってるくらいのレベル。

ジワジワと死が迫ってくる恐怖感は本作ならではの魅力です。デスゲームだけじゃなく、心理戦や頭脳戦が好きな人にもオススメします。

 

アポカリプスの砦(全10巻)

「ウォーキングデッド」とか「バイオハザード」を連想させるような世界観で、主人公が殺人の冤罪で逮捕されて少年院のような所に放り込まれている間に、全世界にゾンビが蔓延していたというような流れ。

主人公が収監された施設は関東中のワルが集まっているらしく、物語序盤の衝突はお約束。そんな中で仲たがいをしながらもゾンビたちに対抗するために、協力して絆を育んでいくという友情が熱い。

個人的には主人公が冤罪で捕まったって部分に絶対何かしらの陰謀があると思ってたから、最後に拍子抜けした感はあったけど、テンポは良いし、ずっと生き残りの人類VSゾンビってだけじゃない点も新鮮でいいですね。

 

カラダ探し(全17巻)

校内に散らばっているクラスメートのカラダのパーツを集めるという設定のサバイバルホラー。

探している最中に「赤い人」と呼ばれる、小っちゃい女の子の幽霊みたいなのが邪魔しに来て、掴まれると殺されちゃうっていう分かりやすい感じです。

主人公たちは6人の男女で、もし全員が赤い人に殺されたら「死ぬまでの記憶と既に集めたパーツだけを残して、そのまま前日からやり直し」っていうタイムリープ要素も秀逸だと思う。

僕は割とホラー耐性ある方だけど、本作は結構怖いと思いました。「ホラーが苦手な人は読めないんじゃね?」ってくらい怖いです。

結末に関しては賛否両論あるような感じで、個人的には「幽霊を殴る蹴るするんじゃなくて、もうちょっと…ほら」って感はあるけど、作品全体で見たら概ね満足。

続編として、物語は「カラダ探し 解」に繋がります。

 

神さまの言うとおり 弐(全21巻)

「神さまに言うとおり」の続編。他誌連載になったという大人の事情から、前作からのファンは困惑するスタートだったんじゃないかと。逆に言えば、前作は読まなくても全然OK。

内容は「理不尽なゲームに挑戦し、何とかして生き残る」というもので、ガンガン人が死んでいきます。

所々にGANTZっぽい描写も出てくるし、どこかで見たことある感は付きまとうけど、デスゲームが好きな人なら楽しめるはず。

 

バトルロワイアル(全15巻)

僕の中では、今のデスゲームというジャンルを作り上げたのはこの作品だと思う。政府の決まりかなんかで、中学生がクラス単位で殺し合いをするという物語。

初期設定を今聞いても何も思わないのは、恐らく似たような作品が多くなってきたからだと思うけど、当時は「何だ!その設定はッ!?」って思った。

殺し合いの描写は至って普通。あとは「お前、中学生じゃねーだろ!」って奴が何人も出てきて面白い。面白くてオススメというよりは、「パイオニア的な作品だから押さえておいて」くらいの感じですね。

 

悪の教典(全9巻)

英語教師が生徒を相手に繰り広げるデスゲームです。デスゲームというか、教師が殺人鬼だった的な話。教師が勝つか、生徒たちが勝つか。

殺人鬼が本性を隠している部分もそうだけど、クソみたいな教師や生徒間の人間関係のしがらみなんかが序盤に描かれていて、後半の殺戮に向かう序章としては盛り上げ方がハンパ無い。

健全とは言い難いマンガが好きなら、絶対に楽しめると思う。ただし、ショットガン持って学校をウロチョロしたりするので、リアリティはありません。

 

エンバンメイズ(全6巻)

心理戦に重きを置いたダーツ漫画で、対戦相手が死んだりするなどのダークな部分があるので、あながちデスゲームと言っても間違いじゃないと思う。

最初は「ダーツの漫画が流行るかなぁ」っていう否定的な見方をしてたんだけど、3話くらい読んだらもうハマってました。ダーツとかやったことなくても楽しめます。

登場人物たちが、常識のレベルを振り切っているダーツの腕の持ち主だから、それ以外の部分(例えば、ルールの盲点を突くとか)で勝敗が決するっていうのが面白いです。

全6巻で一気に駆け抜けてくれるので、一気読みできる面白い漫画という意味でもおすすめ。

 

煉獄ゲーム(全6巻)

よくある感じのデスゲームなんだけど、最初は「この作者の人は、GANTZが好きなのかな?」とか思った。所々に見え隠れする雰囲気が結構似てる。

内容は謎かけを出されて、それに対して正しい答えを出せないと死んでしまうというもの。僕としてはギミックが明かされてもスッキリしないのが気になったけど、理不尽な感じはしっかり再現できているように思いました。

 

 

王様ゲーム(全5巻)

合コンのお約束的な王様ゲームとデスゲームが融合した作品で、元々ケータイ小説のような立ち位置だったものがコミカライズされたもの。

ゲスい命令ばかりで、ちょっと不健全な感じが嫌いじゃなかったんだけど、あまりにもそういうのが多くて飽きてくる感は否めない。

今でこそケータイ電話を使ったデスゲームみたいなのが溢れてるから目新しさはないものの、当時は斬新だったし初期設定は面白いと思います。結末だけ何とかしてくれたら評価も大きく変わるんじゃないかと。

 

ライフ・イズ・マネー(全3巻)

妹の手術代を稼ぐために1億円を手に入れるか死ぬかのナイトメアゲームに参加する男の姿を描いた作品。

サイコロを振って、出た目に対応した五感を失うという設定は面白いと思いました。あとメンバー同士の間がそこまでギスギスしていないのも取っ付きやすいです。

精神崩壊を表現しているのか、ぐちゃぐちゃなタッチになる絵は好きになれなかったけど。

 

投票げぇむ(全3巻)

投票ゲームをして得票数が少なかった人が死んでしまうというデスゲーム。

事の発端が人気投票という「女子の品定め」みたいな感じなのは、男の僕から見てても気分のいいものじゃなかったから、女性読者はまず好意的には受け取らないと思う。

あまりにもアッサリ死んでしまって、死ぬ間際の醜い争いみたいなものがないのも物足りないというか少し残念ですね。

 

あとがき

ほとんどの作品でグロ耐性、エロ耐性必須。

アドセンス

アドセンス

-まとめ, ジャンル別まとめ, デスゲーム

Copyright© 漫画オススメ.com , 2019 All Rights Reserved.