「ナンバMG5」を読んだ感想・レビュー

ナンバMG5表紙
ⒸナンバMG5

僕はどっちかっていうと一般寄りで喧嘩とかしたことがないんで、見せかけヤンキーを気取ったことがありました。ズボンは一回り太いやつを履いてたし、未成年なのにタバコも吸ってたし…。

これは相手が避けてくれれば喧嘩にならないからっていう虚勢なんだけど、こういう人って意外と少なくないと思うんです。まさか中身がド不良なのに優等生のフリをするヤンキーがいるとは夢にも思いませんでした。

というわけで今回は、脱ヤンキーを目指す超不良の二重生活を描いた「ナンバMG5(全18巻完結済み)」を紹介します。

著:小沢としお
¥440 (2021/09/19 14:23時点 | Amazon調べ)

ナンバMG5 あらすじ

筋金入りのヤンキー家族の次男坊・難破剛は高校入学を機に、家族には内緒で普通の高校に通い、脱ヤンキーをめざすが……!?激バカヤンキードリームコメディー!!

ナンバMG5の見所をチェック!!

超絶ヤンキーが普通の高校生になろうとする物語

ナンバMG52
ⒸナンバMG5

本作の主人公はヤンキー一家に育った、いわばヤンキーのエリートみたいな男です。両親も相当やばいんだけど身近なところで言えばアニキが関東全制覇をした不良っていうね。

で、当然主人公にもそれなりの期待がされていて、ワルが集まると言われている高校に進学することを勧められるも、それに従うフリをしながら普通の高校に入学して普通の高校生として過ごしていくっていう感じの漫画です。

特攻服で家を出て、トイレで着替えて学校に行くという…とにかく骨の折れる作業を強いられているわけですが、主人公は喧嘩とはかけ離れた一般生活に憧れているということもあり、なかなか幸せそうな日々を送っています。

まぁ「授業料とかの兼ね合いもあるのになんで親は気付かないの!?」みたいなことは言わずに、一般の男子高校生を装っている超絶ヤンキーの二重生活を楽しみましょう。

正体を隠しつつも争いに巻き込まれていく

ナンバMG53
ⒸナンバMG5

超不良であることを隠しながら生活する主人公ですが、友人が不良たちに因縁を付けられた日には黙ってられず、周りに正体がバレないように特攻服に着替えてから喧嘩をしたりしています。

そうなってくるとどうしても「あの特攻服野郎を探せ!」みたいになって、徐々に正体が絞られてきてしまうという感じです。トイレで着替えてるんだからそこから割り出されたり、交友関係を調べられたり…。主人公はシラを切るんだけど、主人公と特攻服野郎が一緒にいるところを見たことがないっていうのは致命的みたい。

そんな時に友人が助けてくれたりするんですよね。しかもこういう時に助けてくれる友人っていうのは、正体を隠しながら戦ったことがある相手だったりするわけで、この辺の熱い友情なんかはヤンキー漫画そのものです。

面白くて笑えるシーンがたくさん登場

ナンバMG54
ⒸナンバMG5

中学時代は地元で敵なしってくらいのド不良が、普通の高校生に憧れて両親や兄貴にビビりながらこそこそ高校生活を送ってるって時点で、既にそれなりのコメディー感は満載じゃないですか?でもこの設定こそが「見た目は子供、頭脳は大人」以上のインパクトで、笑いを生み出す打ち出の小槌となっています。

まず主人公一家で飼ってる犬がいるんだけど、犬ににおいで気付かれたりするからね。この犬もなかなかの不良犬で、擬人化した時の言葉遣いとかヤンキー感がえぐいです。こちらも見た目と中身のギャップが激しい。

ヒーローものでよくありがちな正体をバレないで行動するための方法みたいなものも、本当のヒーローがやったら別に面白くも何ともないんだけど、泣く子も黙るような不良がやってるって思うと面白くなります。主人公は二重生活を送るうえでのハプニングは本当に笑えるものが多いので、ぜひ注目して読んでみてください。

ナンバMG5を読んだ感想・レビュー(ネタバレなし)

コミックス1巻を読んだ感想・レビュー

ヤンキーと優等生の二重生活っていう設定が、シンプルながらもめちゃくちゃ面白いです。昔、ビーバップハイスクールでトオルが不良嫌いの女の子と出会うために、あえてシャバい姿で遊びに行ったっていうエピソードがあったんだけど、それを長尺でやっているという感じ。

いずれ正体がバレるのかどうかって部分も気にはなるけど、それ以上に主人公がちゃんと普通の高校生らしい日常を送っていけるのかどうかが気になります。この主人公には幸せになってほしいと思えるようなヤンキー漫画です。

コミックス全18巻を読んだ感想・レビュー

表向きは優等生だけど根がヤンキーってことで出オチにも近い設定だったと思うんだけど、見事に描き上げたなぁと思いました。全18巻って言ったら結構なボリュームですが、特に同じことの繰り返しとは思わなかったし、飽きずに楽しめたと思います。

最後だけが「え、これで終わり?」って感じなんだけど、続編として「ナンバデッドエンド」に設定やその他もろもろが引き継がれているんで、本作が楽しめたっていう人はそっちを読めば物語の続きが楽しめるという感じです。

友情や熱さもあり、日常生活も楽しめるという二度美味しい系のヤンキー漫画でした。

あとがき

オレの求めていた青春がここにある!!

著:小沢としお
¥440 (2021/09/19 14:23時点 | Amazon調べ)