サスペンス・ミステリー 個別紹介

「天獄の島」は全3巻とは思えないほど壮大なミステリーだと思う

投稿日:

全3巻で読みやすいうえにkindle unlimitedの対象作品だったりして…。とにかく読みやすい作品で、僕の中ではかなり好きな作品が「天獄の島」というサバイバルミステリーです。

駆け足って感じもあまり無くて物語も綺麗にまとまってるし、ぶっちゃけ「なんでkindleレビューの点数がそんなに高くないんだろう?」くらいに思ってます。

そこで今回は、謎を秘めたサバイバル作品が好きな人にはぜひ読んでもらいたい「天獄の島(全3巻完結済み)」の紹介です。

※物語の核心に迫るようなネタバレは無し。

スポンサーリンク

アドセンス

作品概要

倫理的な理由から死刑制度を廃止し、代わりに島流しの刑を取り入れるようになった日本。

犯罪者の温床となっているその島は、もちろん新参者を狩る根っからの悪人がいる一方で、ある条件さえ満たせば食う寝るに困らないという平和的な集落も存在していた。

主人公の御子柴鋭は自分の家族を殺したある男に復讐するため、わざと5人の人間を殺害し島流しに処される。しかしこの島には、国家レベルの陰謀が隠されているのであった。

 

登場人物

御子柴 鋭

本作の主人公で元ジャーナリスト。

家族を殺された復讐のため、殺人を犯して島流れの刑に処される。

 

榊 亮児

御子柴の家族を殺害した罪で島流しに遭った医者。御子柴の元親友。

御子柴の父親である御子柴教授の意志を受け継いで、ある研究に尽力している。

 

島で神と崇められている少女。いちごが好物。

スポンサーリンク

アドセンス

見所をチェック!!

島に到着した矢先のサバイバル

バトルロワイアルなんかでもそうだけど、スタート地点を張るっていうのはセオリー中のセオリーなわけで、到着早々バトルに発展します。

というか本作はサバイバルミステリーとはいいながらも、ミステリーに大きく偏っていてサバイバル感はあんまりなかったりして。四苦八苦して食料を確保するというシーンもなければ、寝床を探すのに苦労するということもないです。

所々にバトル要素はあるんだけど、サバイバル感のあるバトルって考えると最初に一気にピークを迎えると思う。

 

地獄の中の天獄の街

島を進んで辿り着いた集落には、犯罪者がはびこる場所とは思えないくらいの住みやすそうな街が。

「住めば都…なんてうまい話なんだろうか」とか考えてると徐々に怪しい雰囲気になってきて、ある条件をクリアすればここに住めるという話題に。

その条件の内容は知らされず、嫌な予感しかしないまま街の外へと駆り出されます。ここから物語は加速的に進行していくので要チェック。

 

榊の目論見

かつての親友が家族を殺したから追いかけてきたという事実があって、じゃあその親友は何の目的で自身も慕っていた教授を含む御子柴の家族を殺したのか。

その真相が結構入り組んでいるようで分かりやすく、僕の中ではミステリーとしてちゃんと成立してると思った。

死刑を廃止したっていうお国の事情に付け込んで、良からぬ陰謀を図る奴が出てくるってのもリアル。

 

一という謎の少女の正体

島には神として崇められている少女がいて、彼女はろくに言葉を発さないし見た目的にはメチャクチャ幼いにもかかわらず、実際は23歳っていう「なんかおかしくね?」感が漂ってきます。

これにもちゃんとした理由が用意されていて、榊が御子柴の家族を殺した理由とか最終的には一本の線でしっかりと繋がってスッキリできるのも大きな魅力。

 

あとがき

「島流しなんて余裕じゃん」とか思ったけど、御免こうむる。

アドセンス

アドセンス

-サスペンス・ミステリー, 個別紹介

Copyright© 漫画オススメ.com , 2019 All Rights Reserved.