ギャグ漫画 ラブコメ 個別紹介

「江波くんは生きるのがつらい」はマイナス思考の人が共感できるラブコメ(かもしれない)

更新日:

僕自身がマイナス思考だってのもあるんだけど、本作はメチャクチャ面白い。

マイナス思考の人って、自分のそれをコンプレックスだと思ってるはずなんです。別にポジティブになりたいっていうわけじゃなくて、ちょうど良くなりたいというか…。

でも、考えすぎてのマイナス思考って、後日談になるとメチャクチャ笑えるんですよね。あとは、自分よりすごいマイナス思考の話を聞くとか。

「それ考えすぎだってー」って言いたい。自分が数直線でいうところのゼロに近い存在でありたい。

というわけで今回は、マイナス思考の考えすぎ男子が展開する純情ロマンティック・コメディ「江波くんは生きるのがつらい(連載中)」を紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

作品概要

物書きとして、自分の人生を輝かしいものにしたいと考えている江波くん。

彼は人生のブランディングにおいて「文学者として後世に名を残すための下準備として、自分の人生そのものを輝かしいものにしたい」という目論見がある。

そのためには、異性との出会い方も選ばなくてはならない。まるで恋愛小説の一幕のような出会いをしたいと考えるが、どんな出会いも江波くんにとっては満足のいくものとはならなかった。

他人のいきすぎたマイナス思考は、時に大きな笑いを巻き起こす。きっと多くの読者がこう思うはずだ。「江波くんは生きるのがつらそう…」と。

 

見所をチェック!!

捕らぬ狸のなんとやら感

後世に名を刻むような人って「それ、漫画じゃん!」みたいな逸話を残してるじゃないですか?

例えば清涼高校から巨人に行ってヤンキースに行った松井秀喜選手。毎年、甲子園の時期になったら話題に上がる5打席連続敬遠ね。

たぶん江波くんがやりたいのってこれなんですよ。いずれ作家として名を遺すであろう、自分の輝かしいエピソードを残したい的な。

結婚式で語られる馴れ初めに関しても「友人の紹介で~」なんかじゃ面白くないんでしょう。もう聞いてる人たちが声を揃えて「漫画やん!」とか「ドラマやん!」って言いたくなる出会いをしなきゃならないっていう固定概念に駆られているようです。

…まだ有名作家はおろか、物書きになれるかどうかも決まってないのに。そう考えたら笑えてきます。

スポンサーリンク

アドセンス

登場する女の子がみんな可愛い

普通の男子大学生だったら、こんな可愛い女の子たちに囲まれて何も思わないわけがないんです。

何とかしてお近づきになりたいって思うはず。でもそんなことは二の次で、江波くんにとっては運命的な出会いをするってことが重要らしいっていうね。

普通なら「もう出会いなんて何でもいいじゃん!」ってなる。実際に満足のいく出会い方をしたとしても、その恋が実るかどうかってのはまた違う話だし…。

別に損得勘定で恋愛するわけじゃないけど、就職活動も一応受けて受かった会社の中から1番いいのを選ぶんじゃないの?…就職と恋愛を一緒にするのもどうかと思うけど。

受かるかどうかわからない超一流企業の中で「ここだ!と思うような会社しか受けない」みたいな話だと思いました。

 

口の上手い感じが面白い

世間一般的に見ると、江波くんってオタクの部類だと思うんだけど、オタクの人って口下手な人が多いってイメージありません?

それが江波くんの場合は、誰とも会話せずとも脳内であれこれやってるもんだから、すごく口が上手いんです。切り口がすごい。

やっぱ言い回しの巧さって見てて爽快感を感じるし、直接的なギャグとはまた違った面白さがあると思います。それを本作は見事に表現しているんじゃないかと。

 

コミックス1巻を読んだ感想

ネガティブな人なら「自分よりネガティブな人を見て楽しめる」という感があります。別に馬鹿にするってわけじゃなく、なんて言うんだろう…。

テストで20点取って落ち込んでる時に、友達が5点だった時のような感じかな。五十歩百歩ではあるんだけど、変な連帯感というか安心感みたいなのが生まれるあの感じ。

あとは単純に共感できる部分もあると思う。「あー、わかる」って部分ね。僕もそうなんだけど、なんか可愛い女子に優しくされると「あとでYouTubeにアップすんじゃねーだろうなぁ?」とか考えるし。

一方で、ポジティブな人が読んだらどう思うんだろう…。理解はできないかもしれないけど「それ考えすぎだってー」って感じで笑えるんじゃないかと思うんだよなぁ。

まぁマイナス思考の人なら楽しめると思うし、捕らぬ狸の皮算用みたいな笑いが好きな人も楽しめるはずです。ギャグ漫画、ラブコメが好きな人におすすめします。

 

あとがき

息してるだけでめっちゃカロリー消費してそう。

 

アドセンス

アドセンス

-ギャグ漫画, ラブコメ, 個別紹介

Copyright© 漫画オススメ.com , 2019 All Rights Reserved.