ギャグ漫画 個別紹介

名探偵コナンから派生したスピンオフギャグ「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」を紹介する

更新日:

最近、外伝というかスピンオフ的な作品がすごく勢い付いているように思うんだけど、本作もその流れに乗った作品の1つです。

名探偵コナンシリーズのファンならお分かりであろう、ストーリーで犯人の姿を描くことがネタバレに繋がってしまうため、たびたびシルエット姿で登場する犯人。

その犯人にスポットを当てた作品です。原作のようなサスペンス作品とは違って、非常にギャグ色が強く、コナンのネタを笑いに変えているという印象が強いですね。

というわけで今回は、大人気サスペンス漫画でもある名探偵コナンのスピンオフ作品「犯人の犯沢さん(連載中)」を紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

作品概要

名探偵コナンにて、犯人役で登場する全身タイツのようなビジュアルのキャラクターがいるが、そんな彼(彼女?)を犯沢さんと命名し、犯沢さんの私生活にスポットを当てたのが本作である。

世界トップレベルの事件数が発生する米花町に降り立ち、まだ見ぬ事件の犯人である犯沢さんが、どのような日常を過ごしていくのか。

治安の悪い町だからこその驚きや、コナン原作を知っている人なら笑えるようなネタの数々…。多くの魅力がたっぷり詰まっているスピンオフ作品と言っていいだろう。

 

見所をチェック!!

ちょっとしたコナンいじり①

「治安の悪い場所と言えば?」という問題を出されたとして、スラム街と答えるよりも何よりも「コナン君の行く先々」というのが、ボケでも何でもなく正解になってしまう感じってあるじゃないですか?

そんな感じで、名探偵コナンの世界観をちょっとイジってる感じが随所に登場します。例えば「名探偵コナンの舞台にもなっている米花町には事故物件が多い」とかね。

そりゃ毎週のように人が死に続けてもう20年くらいになるのかな?事故物件だらけってのも納得だし、何なら住民たちが転出していかないように役場が全力で食い止めてるっていうのもギャグとして成立するレベルですよね。

コナン原作のファンはもちろん、昔はコナンを読んでいたというレベルの人でも思わず笑わされてしまうようなネタが多々あるので、コナンを全く読んだことがないという人以外は楽しめるんじゃないかと。

スポンサーリンク

アドセンス

ちょっとしたコナンいじり②

ぶっちゃけ僕は、連載開始当初はコナンの単行本も買ってたしアニメも見てたけど、今はコナンを読むことが無くなりました。

だから「蘭ってこんなんだったっけ?」っていう衝撃が凄かったです。たぶん、悟空の幼少期(まだ亀仙人の所でクリリンと一緒に修行してる頃)だったら勝てるんじゃないかってくらいの実力者になってる。

ヤクザなのか半グレなのか、いずれにしても暴力的な輩がケツモチしている健全じゃない飲食店で、その道の筋の男たちに絡まれても一瞬で撃退し、ピストルで撃たれたらその弾を素手で掴むっていうね。

恐らく「スピンオフ作品ならではのギャグ要素で、蘭の狂暴性を盛っているだけの話」だとは思うんだけど、僕くらい原作から離れてると、これがギャグなのか何なのか分からないっていう戸惑いも面白い要素だったりします。

 

ちょっとしたコナンいじり③

バイトを探してた犯沢さんが、色んな怪しいバイトを回避したものの、最終的に阿笠博士の所で日給3万にて人体実験に処されるっていう流れもかなり面白いです。

これだけ犯罪が乱発している町ですから「何も言わずに指定場所にブツを運ぶ仕事」とか怪しい仕事がいくらでもあるわけですよ。そしてそれらの多くは、日当がメチャクチャ高い。

「これは怪しい仕事じゃないか?」って言って上手く避けてきたのに、なぜ1番怪しそうな阿笠博士の仕事を引き受けてしまったのか。これはもう笑うしかないでしょ。

麻酔針の実験に関しても「ある人物に使い続けてたら耐性ができてしまった」とか「うっかり別の人間に刺さることもあるけど、幸いその人たちも麻酔慣れしている」とか、コナンを知っている人ならニヤニヤしちゃうようなエピソードが満載です。

スポンサーリンク

アドセンス

コミックス1巻と2巻を読んだ感想

上の方にも書いたように、僕はコナンを最初は読んでたけどある時期から読まなくなった読者です。完結したらまとめて読もうかなーとは思ってるけど、僕が小学生の頃からやってる漫画なので、れっきとした長編漫画ですよね。

最近はスピンオフ作品が凄い賑わっていて、この流れはトネガワあたりから急激に強くなったように感じています。そこからヤムチャ転生とかシティーハンターもあったし…。

最近では似たような部分で金田一少年の犯人側視点から描かれたスピンオフ作品も大人気です。僕も金田一少年のが面白くて、それのコナンverだと思って本作を手に取りました。

結果から言うと、犯沢さんは「これから何かの事件で犯人になるであろうキャラクター」であり、特定の事件の犯人っていうわけじゃないので、金田一少年のそれとは似て非なる作品だと思った方がいいです。

それでもコナンのネタを軽くイジってる感じがクスッと笑えて、コナンを読んでいた、あるいはアニメを見ていた一定の時期がある人なら楽しめるんじゃないかと。

個人的には「コナンが好きな人」「割と若い世代の読者」は本作。「強烈なスピンオフ作品」「笑える漫画が好きな人」は金田一少年の方をおすすめします。

 

あとがき

原作好きが許せるスピンオフ作品だと思う。

 

アドセンス

アドセンス

-ギャグ漫画, 個別紹介

Copyright© 漫画オススメ.com , 2019 All Rights Reserved.