ヒューマンドラマ ファンタジー 個別紹介

読了感が最高!「金の国 水の国」は理想的で素敵な物語

更新日:

金の国 水の国表紙

 

リアルな世界を見回してみても、隣の国同士って大抵仲が悪いじゃないですか?「日本の場合は…」って考えるとちょっと暗くなるから、ここでは言及しませんが。

隣の国同士で手を取り合うということは理想論ではあるものの、それをみんながやれば争いはなくなります。お互いが足りない部分を支えあう未来は、きっと平和な世界ではないでしょうか。

本作は仲が悪い二国間が仲直りに向かう理想の物語です。というわけで今回は、読了感が最高のメルヘン・ファンタジー「金の国 水の国(全1巻完結済み)」を紹介します。

スポンサーリンク

金の国 水の国 マンガ概要

昔々、隣り合う仲の悪い国がありました。

毎日毎日、つまらないことでいがみ合い、
とうとう犬のうんこの片づけの件で戦争になってしまい
慌てて仲裁に入った神様は2つの国の族長に言いました。

A国は国で一番美しい娘をB国に嫁にやり
B国は国で一番賢い若者をA国に婿にやりなさい―――

そんな中、A国の姫・サーラはB国の青年と偶然出会い…!?

 

金の国 水の国の見所をチェック!!

婿と嫁を交換するはずが、犬と猫の交換に

金の国 水の国1

 

本作の初期設定は「仲が悪いA国とB国が仲直りの意味も含めて、一番美しい娘と一番賢い若者を交換しなさい」というものです。これは神様の命令なので絶対なんですが、あまりにも仲が悪すぎて「自分の国の嫁(婿)を出すことはない」ということで、両国が言うことを聞かなかったという流れ。娘をもらうはずが犬が届き、婿をもらうはずが猫が届くっていうね。

で、お互いの国では相手国のことをボロカスに言っているので、国民の多くが相手国に対して良い印象を持っていません。でもたまたま選ばれた娘の引き取り手と婿の引き取り手が国想いの人物で、「犬(猫)が来たと言ったら戦争になるかもしれない」ということで黙っているという…。

どっちの国もトップが腐敗しているのに、一部の国民は国を憂う感情を忘れていないんです。読んでるこっちも「この人たちは幸せになってほしい」と願わずにはいられません。

 

偶然出会うA国の娘とB国の若者

金の国 水の国2

本来ならA国の嫁を貰うはずだったB国の若者と、B国の婿を貰うはずだったA国の娘が偶然にもばったり出会います。しかもその偶然を作ったのがB国から送られた犬っていう部分には、もはや運命を感じずにはいられません。

この出会いをきっかけに、お互いが「本来なら婿(嫁)を貰っているはずだけど、実際には犬(猫)だから辻褄が合わずに困っている」という悩みを解決するために協力します。偉い人から「婿にもらったB国の賢い若者を城に連れてきなさい」と言われて、まさか犬を連れていくわけにはいかないので、ここで悩みを相談して協力してもらう的な流れです。

なんか偉い人たちのエゴみたいなものに、善良な市民が振り回されるっていうのは胸が痛くなるんだけど、それ以上にA国の娘とB国の若者が澄み切った心の持ち主というのもあって、読んでいるこっちも全力で応援してしまいます。

 

A国とB国の行く末

金の国 水の国3

 

ちなみにA国は金の国と呼ばれていて優れた技術を持つお金持ちの国、B国は緑と水に恵まれている国です。戦争をすればA国の技術が勝つものの、そうなったらなったでA国には水がなくてゆくゆくは滅んでしまうという運命にあります。

A国の技術を使ってB国の賢い若者が知恵を使えば、問題を解決することもできるでしょう。お互いが最も欲しているものをお互いが持っているというのであれば、奪い合わずに手を取り合うという選択肢があってもいいんですけどね。

まぁ本作が醸し出す雰囲気からして「絶対にハッピーエンド」というのは想像に容易いですが、そこまでのプロセスをぜひ楽しんでみてほしいと思います。

 

金の国 水の国を読んだ感想・レビュー

童話やイソップ物語みたいな雰囲気を思わせる物語で、ストーリーが楽しいだけじゃなくて学び(教訓)が得られるタイプの素敵な物語でした。泣くほど感動はしないけど、感情はかなり揺さぶられるし、誰に紹介しても恥ずかしくない物語だと思います。

個人的には「賢者の贈り物」みたいな話だと思いました。夫が懐中時計を大事にしているのを見て、嫁が自分の髪の毛を売って時計に使う鎖を買い、夫は時計を売って髪をとかす櫛を買ったみたいな話です。肝心の時計がないのに鎖をもらい、肝心の髪がないのに櫛を貰ったっていう、ちょっとドジっぽいというかオチのついた話なんだけど、これ以上のプレゼントはないと思えるくらい素敵なエピソードじゃないですか?

本作もそんな感じの素敵な物語と言って過言ではありません。1巻で完結するのでサクッと読めるし、読んで心も温まる作品です。老若男女問わず誰にでもおすすめ。

 

あとがき

オドンチメグですよ…。

 

 

 

-ヒューマンドラマ, ファンタジー, 個別紹介

Copyright© 漫画オススメ.com , 2021 All Rights Reserved.