まとめ ジャンル別まとめ

打ち切りやむなし!?kindleレビューが酷い作品を読んでみた感想まとめ

更新日:

誰からも愛される人がいないように、どんな名作漫画にも一定数のアンチがいます。

それでも多くの人から評価されている漫画は面白いことが多いし、あまりにもレビューで酷評されている漫画は面白くないことが多いのも事実です。

そこで今回は、金吾るレビューで酷評されている作品をあえて読んでみようと思います。

僕の目に付いた低評価の作品ということになるけど、実際に読んでみて簡単に紹介してみるので、良ければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アドセンス

賭博堕天録カイジ 24億脱出編

なんか「賭博堕天録カイジ ○○編」みたいな感じで3本も4本も継続してるから、厳密に言えば本作だけの評価は正当ではないんだけど、今作は結構…いや、かなり酷いです。

ドラゴンボールでいうところの「フリーザ編が終わって人造人間編に入ったのに、なぜかフリーザ編でのあれこれを単行本1巻で丸々語る」っていうね。それもう人造人間編じゃなくて、フリーザ編でやってくれよって感じ。

賭博堕天録自体は十七歩っていう麻雀を題材にしていて、すごく見応えのある駆け引きがあって、麻雀好きなら楽しめたと思う。でもその後はカイジが主人公じゃなくなるし、更には後付けのイカサマで勝敗が決する(ギャンブルの駆け引きが無い)戦いになるし…。

挙句の果てに「前作で勝ち得たお金を、無事に持って帰れるか!?」みたいなので新シリーズ。カイジが好きで読んできた人が低評価を下すのもわかるような気がします。

カイジ、昔はメチャクチャ面白かったんだけどなぁ…。

 

ジャンク・ランク・ファミリー

不良漫画を描く天才・高橋ヒロシ先生が描いている世紀末物語というか、ヒャッハー的な作品。

水とか食料を求めて人々が殺し合うっていう残酷な背景もありつつ、ゾンビみたいなものもいたりして、サバイバル感がハンパ無いです。

「こういう荒んだ時代でも、人と人との友情というか仁義みたいなものを描いていくのかな?」って期待して読んでいる読者が多いんじゃないかと思うんだけど、個人的にはどっちつかずのように思いました。

他の高橋ヒロシ先生が描くヤンキー漫画とかは、登場人物に魅力があるし、熱量もハンパ無いんですけどね。やっぱ世紀末だと友情みたいなのが成立しにくくて、ちょっと違和感を感じちゃうのかも。

 

圧勝

ジャンル的にはキャンパスライフを元に描かれるラブサスペンスとのことですが、事前知識も無しに読むと「ナニコレ感」がハンパ無い。

よくある感じの「冴えなかった男子高校生が大学デビューするような話」「好きな女の子に対してどう接していいか分からない、男子大学生の成長を見守る面白さ」「少女漫画の逆パターン」みたいな魅力かと思ったら、あまりにもベクトルが違い過ぎて困惑しました。

なんだろう。「通学途中に曲がり角でぶつかった女子がいて、こっちが色々意識してたらその女子が何かしらの痴話喧嘩みたいなのに巻き込まれて死んでしまった」みたいな展開って言うんでしょうか。

読者を驚かせるという意味では圧勝。

 

渋谷金魚

若者の街として有名な副都心の1つでもある渋谷が、狂暴な金魚たちによって覆いつくされてしまい、そこから殺戮の日々が始まるというもの。

いわゆるデスゲーム&サバイバルもので、それが人間vs人間とか人間vsゾンビじゃなくて、人間vs金魚っていうだけの話なんだけど、個人的には「なんでkindleレビューがここまで低いのかが分からない」ってくらい、普通に楽しめてますが何か?

デスゲーム作品自体が流行り過ぎちゃって、もう出尽くした感があるからアレだけど、どんなに狂暴になっているとは言っても金魚としての特徴を残してる部分とか、あまりに強大な敵すぎるっていうパワーバランスじゃないのも好きだけどなぁ…。

とりあえずグロいのが平気な人なら、世間的な評価は低いみたいだけど読んでみて欲しいです。

 

ランカーズハイ

喧嘩無敗の高校生が主人公で、その強さは腕っぷしの強さだけではなく頭のキレの良さにも大きく起因しているという「頭脳戦・心理戦にも重きを置いてるバトル漫画」ってところでしょうか。

主人公は父親の借金を返すために、アンダーグラウンドな格闘技の世界に足を踏み入れることになり、そこではルール無用なだけでなく、負け=死とされてるっていうバトル漫画好きには心躍る展開。

設定だけ聞いたら面白そうだけど、事故の後遺症かなんかで5分以上の運動ができないっていう枷があって、いざ試合となったら最終的には目つぶしか金的で勝つっていう…ウルトラマン設定を持つ割りには悪どいなぁと。ダークヒーローっぽさもないし。

僕としては頭脳戦を用いた格闘技って設定が面白そうだっただけに残念でした。絵は上手いし、頭脳を使った格闘技ってとこをアピールしないで、主人公をダークヒーローっぽくしてたら面白かったんじゃないかと。

 

めしぬま。

レビューで低評価のほとんどが「食べてる顔が気持ち悪い」という意見で埋め尽くされているグルメ漫画。笑顔と幸せそうにしている顔が不細工な人っていないと思ってたんだけどなぁ…。

僕としてもこの顔はあまり得意じゃないんだけど、1番受け付けないのは作中で女性キャラが主人公の顔を「可愛い」と表現している点だと思います。

「あ、作者の人はこれを可愛いと思って描いてるのかな?」って距離感ができてしまったと言うか。でも登場する料理は庶民的で、それを幸せそうに食べているという意味では、読み応えもあるんじゃないかと。

「飯沼=めしぬま」って表現も面白い。個人的には、皆さんが気持ち悪いって言ってるのも理解できるけど、そこまで悪くないんじゃないかなって思ってる作品。

 

あとがき

たまに「届くのが遅かったから☆1個」とか書いてる人もいるから「Amazonの評価なんかアテにしてない」って人もいるけど、やっぱ消費者の目線って割と正しいことが多いと思う。

アドセンス

アドセンス

-まとめ, ジャンル別まとめ

Copyright© 漫画オススメ.com , 2019 All Rights Reserved.