まとめ ジャンル別まとめ 将棋

頭脳を使った盤上の戦争!!面白くておすすめの将棋漫画を紹介する

更新日:

藤井総太さんの連勝記録、羽生善治さんの永世七冠など、これまでに無いくらい大きな盛り上がりを見せている将棋界。

Abema TVにもチャンネルがあるし、今まさに「将棋を始めよう!」と思っている人も多いんじゃないかと思います。

そんなわけで今回は、面白くておすすめの将棋漫画を集めてみました。

スポンサーリンク

アドセンス

りゅうおうのおしごと!

史上最年少の16歳で竜王になった主人公の物語。ただの将棋漫画と大きく違うのが、幼女が弟子入りするという設定です。

弟子は一つ屋根の下で一緒に暮らすということで、JSと一緒に暮らす大人の男って部分は倫理的もちょっとアレな部分はあるけど、弟子のおかげで大切な何かを取り戻すって展開は胸熱。

個人的には今メチャクチャ盛り上がっている将棋界を後押しする漫画になるんじゃないかと思っていて、囲碁を知らない読者が「ヒカルの碁」を読んで囲碁を知ったように、本作を読んで将棋を指してみようと思う人も増えるんじゃないかと期待しています。

 

3月のライオン

主人公がプロ棋士の将棋漫画ではあるものの、対局の様子ばかりを描いているというわけではなく、主人公が抱える苦悩やライバルとの関係性、人間ドラマなどにスポットが当たることが多い。

俯瞰的なセリフというか、ナレーションのようなカタチで表現される文章がとにかく秀逸で、登場人物たちの心情を巧みに表現している部分は、もはや芸術と言っても過言じゃないです。

「将棋のルールを全く知らないけど、最近は将棋界も盛り上がってるし少し勉強してみようかな」という読者が読んでも楽しめるはず。

プロ棋士の厳しさを表現しつつも物語自体はハートフル、そんな感じの将棋漫画ですね。

 

ひらけ駒!

将棋が大好きな小学四年生の男の子が主人公で、それを応援する母親との二人三脚の物語。

小学四年生とは言え段位を持ってる実力で、趣味ってレベルはとうに越えている感じ。でも小学生だから安定性に欠け、ちょっとしたことで落ち込んでしまう豆腐なメンタルも。

もし僕に子供がいて将棋に興味を持っているんだとしたら、数ある将棋漫画の中で1番読ませたい作品です。母親の親バカぶりも楽しめる作品なので、親子で楽しむのもアリじゃないかと。

棋譜はあんまり登場せず「将棋初心者のお母さんに、あれこれ教えてあげる姿」みたいなのが多く見られるので、どちらかというと将棋初心者や「将棋好きの親子の日常漫画」というスタンスで読むのがベストです。

 

将棋めし

将棋漫画っていうよりはグルメ漫画。棋士の人が対局中に摂る食事にスポットが当てられていて、絵も綺麗だから単純に料理が美味しそう。

本作では「本当は天丼が食べたかったけど、対局相手に先に選ばれてしまってカブりを気にする様子」「うな丼(梅)を頼んだら対局相手がうな丼(竹)を選んできたことによる葛藤」などが、将棋ネタを駆使して面白おかしく描かれています。

グルメ漫画が好きな人にもオススメだし、言葉選びが面白いのでコメディーが好きな人も楽しめると思う。

 

将棋の渡辺くん

将棋に興味を持って勉強するようになると、棋士の人たちの凄さに気付くようになります。

その棋士たちの中でも「この人いつも勝ってない?」って人が出てきたりして、僕の中ではそれが本作の主人公でもある渡辺明さんでした。

最初は対局中いつもしかめっ面をしてるから「根っからの堅物なんだろうなぁ」って思ってたけど、やっぱ家では普通のお父さんっぽいですね。ちょっと安心。

将棋に興味を持ちすぎて「棋士って対局のない日は何してるんだろう?」とか考えてしまう人には文句無しにオススメ。あ、ちなみに奥さんが描いた漫画なので説得力抜群です。

 

PRICE 女流棋士飛翔伝

女流であって女流でない、女性プロ棋士が活躍する様子を描いた作品。

一流のプロ棋士である広瀬章人さんの完全監修ではあるんだけど、PRICE(価値)ってタイトルにもあるように所々の表現が結構過激で、主人公もかなり悪役な感じがする部分に違和感しかない(普通プロ棋士監修だったら、棋士を目指したくなる的な温かい作風になるような気がしたもんで)。

女性プロ棋士が同時に2人も誕生して、その2人が陰と陽で高め合っていく物語かと思いきや、実は陰と陰だった的な流れは個人的には嫌いじゃないし、好き嫌いは分かれるだろうけどダークヒーローとしての魅力って意味では斬新です。

 

月下の棋士(全32巻)

僕の中で将棋漫画と言ったら本作。結構古い作品だけど、今読んでも心に響いてくる魅力がある将棋漫画だと思う。

現実世界の棋士の先生たちを見ているとすごくしっかりしている人が多くて、年下にも敬語を使っていたり、対局に勝ってもガッツポーズなんかほとんどしないじゃないですか?本作の主人公はキャップ姿に片足を折って対局に臨みます。

ちょっと無礼な主人公が奨励会員およびプロ棋士をバッタバッタと倒していく姿は、格闘技におけるビッグマウスな選手に通じる迫力を感じますね。

 

ハチワンダイバー(全35巻)

賭け将棋を生業とする真剣師の姿を描いた作品。

第1巻だけを見るとメイドっぽい女の子が表紙だし、ハチワンダイバーってタイトルからも全然将棋っぽさを感じないけど、タイトルは「9×9のマスに潜る」という意味が隠されていて、秋葉原の女真剣師(メイド)がメチャクチャ強いって設定によるものです。

コメディーっぽい描写も多いけど、将棋のシーンは熱量を感じるほど真剣。そのギャップが読者を惹き付けて、全35巻もの長編漫画になったと言っても過言ではありません。

 

ものの歩(全5巻)

勉強もだめ&運動もだめだけど、初めて指した将棋で溢れんばかりの才能を見出した男子高校生が主人公の将棋漫画。

将棋好きの人からしたら「中学生棋士が登場するようなご時世に、将棋のルールも知らない高校生が思い付きでプロ棋士を目指すなんて…」って思う読者もいるかも。

でも、本作の主人公は隠れた才能で無双するってわけでもないし、簡単にプロになって終わりって展開でもないから「そこまで目くじら立てんでも」って思うような気がしないでもない。

ただし、将棋の戦略とか棋譜に力は入れられてないので、将棋を題材に描かれた少年漫画って距離感で手に取ることをオススメします。

 

あとがき

藤井五段…いや、六段。史上初の中学生棋士によるタイトル優勝おめでとうございます(2018/02/17)。

いや、七段(2018/05/19)。

アドセンス

アドセンス

-まとめ, ジャンル別まとめ, 将棋

Copyright© 漫画オススメ.com , 2019 All Rights Reserved.