記事内に広告を含みます

「忘却バッテリー」を読んだ感想・レビュー

忘却バッテリー
Ⓒ忘却バッテリー

これまで色んな野球漫画を読んできて、少女漫画チックなやつだと「大好きな彼が野球部に所属しているだけの恋愛漫画」だったりするわけです。で、本作に対しても、表紙絵を見ただけで勝手にそれっぽい雰囲気を感じていました。

ところが、これがまぁめちゃくちゃ面白い!がっつり少年漫画でギャグも取り込みつつ、中性的な雰囲気を感じさせる少年の絵とは裏腹に、ものすごく熱量を持った野球漫画です。色んな複合要素もあって、今後の展開が楽しみで仕方ありません。

というわけで今回は、紛れもない天才投手と記憶喪失の捕手が再び歩みだす野球物語「忘却バッテリー(連載中)」を紹介します。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天Kobo

忘却バッテリーのあらすじ

中学球界で名を馳せるも野球から遠ざかっていた天才たちが都立の野球無名高校で偶然集結。完全無欠の剛腕投手・清峰葉流火(きよみねはるか)。その相方(バッテリー)、切れ者捕手の“智将”要圭(記憶喪失により現在、素人!)。そして、かつて2人に敗れ散った者たち…。巡り合い、再び動き出す彼らの高校野球ストーリーがいま始まる!!

忘却バッテリーの見所をチェック!!

記憶喪失の天才キャッチャー

忘却バッテリー
Ⓒ忘却バッテリー

タイトルにもある忘却というのは、本作の主人公である天才バッテリーのキャッチャーが記憶喪失であるという設定から来ています。記憶喪失だから野球に対する執着がなく、天才中学生として色んな高校からスカウトがあってもそれを蹴って、野球部のない高校に進学しているという感じ。

そして同じく天才としてバッテリーを組んでいたピッチャーもまた、彼と一緒にスカウトを蹴って無名校に進学しているわけですから、そりゃこの展開で野球を始めたら面白くないわけがないでしょ。

記憶喪失ということで自分が野球が得意という事実すら覚えていない状況で、それでも身体は覚えているっていうのがまたね。キャッチャーは9つのポジションの中でも特に頭が良くないと務まらない気がするけど、記憶喪失ながらその辺をどう克服していくのかが楽しみです。

力強くて迫力満点の野球シーン

忘却バッテリー
Ⓒ忘却バッテリー

コミックス1巻の表紙を見る限り、すごく中性的な美系男子がピッチャーをやっていて、ここだけを見ると少女漫画かと思っちゃいました。でも本作は少年ジャンプで連載されている少年漫画で、上記のキャプチャを見ると分かるように所々でめちゃくちゃ力強いタッチに変わります。

本作はとにかくギャップに溢れている野球漫画で、下ネタというか少しふざけたギャグっぽい一面も持ちながら、いわゆる普通の少年漫画っぽくない雰囲気があるんですよね。ナヨナヨした感じの男子が野球をやってるかと思ったら、こんだけ力強い絵を見せられて…一気に引き込まれること間違いなしです。

僕はスポーツ漫画の中では特に野球漫画が大好きで、これまでに色んな野球漫画を読んできました。それでも本作のような魅力を持っている野球漫画は初めてのような気がします。

壮大なドラマを感じさせる展開に期待が止まらない

忘却バッテリー
Ⓒ忘却バッテリー

元々、高校を舞台にした野球漫画って弱小校が強くなるか、強豪校でしのぎを削っていくかのどっちか100対0みたいな部分があって、本作は間違いなく前者です。

野球部すらない学校に進学した天才バッテリーが、野球部を作ってどう強くしていくかっていうサクセスストーリーになるんだろうけど、ここに記憶喪失っていうエッセンスが加わることによって物語は壮大になっていくはず。

今時、根性論は流行らないにしても「練習は嘘を付かない」的な展開は間違いなく響くでしょ。記憶が薄れても日々の練習の成果が出るだけで鳥肌が立ちそうだし、忘れないくらいの記憶が刻まれるっていう展開でも熱い。つまり、どんな展開になっても多分面白い。

忘却バッテリー コミックス1巻を読んだ感想・レビュー

今までの野球漫画になかったような雰囲気がすごく好きです。おっさん読者の僕としては、少年漫画にありがちなギャグがちょっと蛇足に感じる部分はあるかもしれないけど、記憶喪失っていう繊細な一面を持っている主人公の一人がボケキャラっていうギャップは面白いと思いました。

あとジャンプの漫画らしく、少しずつ仲間が集まっていく感じもgood。少年漫画らしくワクワクできる展開もありつつ、最終的にどうなるかって部分が大いに気になる野球漫画と言っていいでしょう。

登場人物たちも魅力に溢れていて、愛されキャラも多いように感じました。これからますます面白くなっていくと思います。今後の展開にも期待です。

あとがき

「この熱さは忘れない」ってくらいの野球漫画になりそう。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天Kobo