サッカー漫画 個別紹介

泣き虫フットボリスタが奇跡を紡ぐサッカー漫画「TIEMPO―ティエンポ―」

更新日:

TIEMPO―ティエンポ―表紙

 

僕が学生だった頃、部活の最中はまだ「水を飲むとバテる」と言われていた時代で、炎天下の中で水を飲まずに何時間もプレイするということが当たり前でした。で、強豪校ともなれば厳しい先輩や監督がセットで、ミスした選手に対して殴ったり蹴ったりってのが当たり前だったのを覚えています。

僕は弱小校の某運動部だったから、あんまり怒られた記憶がないです。というか怒られたり、ミスして殴られるような運動部だったらやめてたと思うし…。本作はそんな僕なら絶対に逃げ出している境遇で成長しようとしている、超小心者の主人公が活躍しているサッカー漫画です。

というわけで今回は、泣き虫フットボリスタが奇跡を紡ぐ高校サッカー物語「TIEMPO―ティエンポ―(連載中)」を紹介します。

スポンサーリンク

TIEMPO―ティエンポ― マンガ概要

中学生からサッカーを始めた瀬戸柚樹(せとゆずき)は持ち前の真面目さと、サッカーへの情熱を武器にメキメキと実力をつけていた。しかし、超狂犬FW・朝美圭右がサッカー部に中途入部すると、異常なほど気が弱い柚樹は、朝美に怒鳴られ続けることで、精神崩壊状態に。退部すら許されない事態に、柚樹が手繰り寄せた、窮余の一策とは!? 泣き虫フットボリスタが奇跡を紡ぐ、高校サッカー物語(バトルアウト)、堂々開幕!

 

TIEMPO―ティエンポ―の見所をチェック!

超が付くほどの小心者が主人公

TIEMPO―ティエンポ―1

 

サッカー漫画の主人公って、どっちかと言えば「努力家ではあるんだけどそれと同時に自信家で、周りをグングン引っ張っていくタイプ」が多いような気がします。スポーツ漫画全体で見ても、我が強いとは言わないまでも、自己主張はしっかりしていて「絶対に勝ってやる!」くらいの気迫を持っている場合がほとんどではないでしょうか。

しかし本作の主人公は超が付くほどの小心者。怖い先輩に怒鳴られる恐怖感で委縮してしまい…みたいな経験は、中学~高校で運動部に所属していた人なら理解できる部分があるんじゃないかと思います。…が、本作では失禁したりしているので、相当な恐怖感なんだろうなと。

このオドオドしている感じを見ていると、読んでいる僕も辛くなってくるというか「僕なら絶対にサッカーやめてるな」って思ってしまい、胸が締め付けられます。ですが、ここを乗り越えて成長した主人公の姿みたいな展開があるとしたら、最後には意見が変わってくるのかも。

 

IDサッカーとも呼べるような研究(努力)の数々

TIEMPO―ティエンポ―2

 

前項では「超が付くほどの小心者」と紹介した本作の主人公ですが、サッカーが好きは気持ちは非常に大きく、先輩に怒られながらも「どうすれば怒られないようになるか」みたいなことを常に考え、それに対しての努力を怠りません。その結果、最初は出来なかったことが出来るようになったり、サッカーの技術が上がっているという面を見ると面白いなぁと思います。

野球では相手のデータを研究して、それを武器にすることをID野球と呼びますが、それのサッカー版のような印象を受けました。非常に戦略的だし、何といっても「フィジカルやサッカーセンスで劣っている自分が、チームの戦力になるために出来ることは全部やる」というような気迫を感じます。

最初は出来なかったことができるようになって喜んでいる姿は読んでいるこっちも嬉しくなるし、それが主人公の力になって、それがチームの力になるっていうプロセスは面白くないわけがない!

 

部活そのものの雰囲気が常勝強豪校のそれ

TIEMPO―ティエンポ―3-

 

本作は物語自体は中学から始まるものの、そこでは主人公の人となりをサッと紹介する程度に留まり、メインの舞台は高校サッカーになってからです。そしてそのサッカー部は発足されて3年目の新米サッカー部なんですが、纏っている雰囲気は常勝強豪校のそれと言っていいでしょう。

普通のスポーツ漫画だと「強豪校の熾烈なレギュラー争いに勝って、あとは常勝校というプレッシャーや自分との戦いに勝つ」みたいな感じか、あるいは「弱小校に入って、主人公たちの人柄にひかれて優秀な部員が集まったり、絶え間ない努力の成果で強くなっていく」みたいな感じが相場です。

しかし本作は、初期設定からすでにそのセオリーを破っています。恐らくこの先、実績のある高校やそれ以外の強豪校がガンガン登場してくる展開が予想されますが、これらにどう打ち勝っていくのか期待大です。

 

TIEMPO―ティエンポ― コミックス1巻を読んだ感想・レビュー

良い意味で「自己中ばっかりが集まるサッカー部の物語」という感じ。シチュエーションによっては「これを仕事や会社に置き換えたら、完全にパワハラだよなぁ」と思えるシーンが多々あり、読んでて辛く感じてしまうシーンも少なくないです。

厳しいことを言って引っ張るっていう指導法もあるんだろうけど、入部したての1年生に対して「覚悟が足りない」とか「レギュラーに怪我だけはさせるな」とか、かなり辛辣なセリフも飛び交います。とは言ってもkindleレビューでは絶賛されていて、僕のように「パワハラ感があって読んでいる自分も辛い」みたいに感じている人はいないので、おそらく多くの読者にとっては問題がないんだろうと思われます。

そして今のところそういう自己中な選手がほとんどで、逆にめちゃくちゃ新鮮です。普通、尖った奴がいればそれを中和する優しい先輩もいて、いわゆる飴と鞭みたいになることがほとんどなんだけど、そういうところに逃げ道を作っていないという意味では、本作の尖りっぷりは群を抜いていると言っても過言ではありません(2巻以降どうなるかは知らんけど)。

蹴ったボールに対して「もう5センチ左です、まだコースが甘い」という感じのサッカー漫画ですが、主人公の成長ぶりがめちゃくちゃ楽しみな作品だと思います。

 

あとがき

TIEMPO=タイミング。

 

 

 

-サッカー漫画, 個別紹介

Copyright© 漫画オススメ.com , 2021 All Rights Reserved.