まとめ 巻数別まとめ

全1巻で完結する面白くておすすめの漫画を紹介する

更新日:

漫画が読みたいけど、あまり長いのはちょっと…。長いのはっていうか、むしろ速攻で読み終わる漫画が読みたい!

そんな人におすすめしたい、手軽にサクッと読めて楽しめる作品(全1巻完結済みのおすすめ漫画)を紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス

Contents

ドラゴンボール外伝 転生したらヤムチャだった件

とある高校生が、あることをキッカケにドラゴンボールのヤムチャになってしまうという、とんでもストーリー。言い方を変えると、ドラゴンボール屈指の噛ませ犬ことヤムチャが大活躍する唯一無二の作品と言っていいかも。

同人誌的な悪ノリかと思いきや、原作に対する愛が溢れていて、ドラゴンボールファンなら文句無しに楽しめる内容になっています。特にヤムチャが死ぬあのシーンを目の当たりにした時のリアクションとか、ファンにはたまらない展開です。

天津飯編とか亀仙人編とか、シリーズ化を切実に願う。できれば今度は長編で。

 

ネコマジン

「カリン様!?」って感じのネコマジンが大活躍するバトル漫画。ベジータを始めとするドラゴンボールのキャラも登場します。

とにかく主人公のネコマジンが可愛いです。ぜひモフモフしたい。若干、魔人ブウと被ってる部分はあるけど。

 

カツラアキラ

『I"s』『電影少女』などで知られる桂先生と『ドラゴンボール』『Drスランプ』などで知られる鳥山先生の合作。短いストーリーが2本入ってて、超豪華。

絵は鳥山先生っぽくなった桂先生の絵。桂先生が描いていると聞くと、すごく可愛らしい女の子の絵が思い浮かぶかもしれないけど、鳥山ワールドっぽく仕上がってます。

銀河を舞台にバトルするという世界観は、ドラゴンボールで育った僕のような読者にとってたまらない内容だと思う。

 

銀河パトロール ジャコ

世界観は上で紹介したカツラアキラに似ているけど、こちらは鳥山先生の魅力がギュッと凝縮されている作品(銀河パトロールシリーズと言うらしい…)。

終始ゆるいテイストでストーリーが進むものの、人情味が溢れてて思わず惹き付けられる。

小ジャレがかなり効いていて、最近の漫画によく見られる派手なツッコミがないのに、ギャグとして成立しているのはさすが。あと、ドラゴンボールの物語に繋がった瞬間は、ファンとして笑みがこぼれる。

 

死刑執行中脱獄進行中

ジョジョで知られる荒木先生の短編集。スタンドは出てこないけど、ジョジョに登場する人物が何人か出てくる。

僕の中では「ジョジョの世界観を持ちながら、その中で『世にも奇妙な物語』のようなストーリーを表現したら、こんな感じになるんじゃないかな?」というような作品。

とりあえず1話目を読めば「そうきたか!」という結末に、思わずニヤリとさせられるはず。

 

岸部露伴は動かない

こちらも荒木先生の短編集。こちらはジョジョに登場する岸部露伴が主役で、「色んな場所に取材をして得たエピソードを紹介する」という形式で進んでいく作品。

ちょっと不思議なホラーというか、昔話と言うか都市伝説的な雰囲気を感じさせるテーマが多いので、ジョジョファンでなくてもミステリー好きなら楽しめると思う。

ポップコーンのやつは、良い子のみんなはマネしないでね。

 

魔少年ビーティー

荒木先生のデビュー作で、手品やトリックに重きを置いたスカッと系の物語。

主人公のビーティーがちょっと初期のディオに似てるってくらいで、ジョジョ感はほとんど感じなかった。というか、事前情報がなければ荒木先生の作品だって気付かない人も多いと思う。

所々にコメディータッチの描写があったりして、ジョジョで荒木先生を知った僕にとってはすごく新鮮な気持ちで楽しめた作品です。

 

竜の学校は山の上

「ダンジョン飯」で知られる九井諒子先生の短編集。タイトルにもある「竜の学校は山の上」を含む9作品が収録。

色んな視点から描かれているファンタジー漫画で、魔王を倒した後の世界の話だったり、現代に竜がいる設定の話だったり…。1冊で9回楽しめる、お得感も抜群。

RPGが好きな人とかファンタジー作品が好きなら、文句無しに楽しめると思う。

 

竜のかわいい七つの子

こちらも九井先生の短編集。コンセプトが「親と子の絆を思い出す七つの物語」ということで、笑いあり涙ありでお得感のある1冊です。

竜が出てくるということで某RPGに似たような魔王とかの世界観を想像してたけど、全然そんなことはなかった。むしろ和製ファンタジーというかノスタルジーな雰囲気が素敵。

1話1話で作風がガラっと変わるので、楽しみつつ一気に読めるのも特徴です。

 

外天楼

ショートストーリーを集めたオムニバスかと思いきや…って部分に大きな魅力と良い意味での裏切りが詰まっているのが本作。

最初読んだときは意味が分からず「あれ?なんかおかしくね?」ってなったのを今でも覚えてるし、未だにこの構成は素晴らしいと思う。まさかエロ本の話が姉弟愛に繋がるとは思わないでしょ。

意表を突く展開とかミステリー調の物語が好きな人にオススメ。

 

ネムルバカ

前項で紹介した「外天楼」と同じ石黒正数先生による、バンド活動に没頭する女子大生の日常を描いた青春ストーリー。何気なく、どこにでもいそうな登場人物たちに親近感を感じます。

何が面白いかと聞かれても上手く答えられないほど、すごくありふれている描写なのに、ずっと読んでいられるような心地良さは何なんだろう。

眠る馬鹿もネムルバカって書けば、なんとなくカッコイイ。

 

邪眼は月輪に飛ぶ

世界を壊滅に追い込もうとしているミネルヴァと呼ばれる1羽のフクロウと、マタギの老人が繰り広げる壮大なスペクタクルバトル。

「ミネルヴァに見られたものは皆死ぬ」という設定にあるように、とにかく相手の化け物感がハンパ無い!

終始ワクワク感と孤独感が同時に成立している感じがたまらない作品です。最後のマタギとミネルヴァが通じ合った瞬間(?)は必見。

 

金の国 水の国

お互いを嫌いあっている2つの国が揉めて、それを見ていた神様が「A国は綺麗な嫁、B国は賢い婿を出して、両国とも仲良くしなさい」と言ったことから始まる物語。

大まかなジャンルは少女漫画なんだけど、すごく心に響いてくるファンタジーで、男の読者でも全然読めると思う。

教訓が得られる系の漫画だし、なんなら絵本とかにして小学生以下の子供に読ませるのもいいんじゃないかと。

 

つるまき町 夏時間

昔懐かしいノスタルジックな魅力に溢れている、ちょっと不思議な夏休みを描いた作品。

昔ゲームであった「ぼくのなつやすみ」みたいな世界観が好きなら夢中になって楽しめるんじゃないかと思います。昭和の古き良き感じがたまらないです。

絵は可愛らしい感じなのに、風景の絵となると急に線が細かくなってリアリティが増すのもすごい。読み応えがあるので、全1巻とは考えられないくらいの満足感も本作の魅力の1つです。

 

式の前日

6つのストーリーから構成されている短編漫画。色んな賞を受賞した実績もあり、Twitter上の口コミで話題になった作品です。

家族などの近しい間柄だからこその心理描写みたいなものが非常に巧みで、感情を揺さぶられます。

作者の穂積先生にとっては初の単行本作品なんだけど、どの物語もそんなことは微塵も感じさせないほどのクオリティです。

そして、最後の最後に待っているどんでん返しがクセになる。良い意味で期待を裏切られたい人とか「世にも奇妙な~」のような最後に何かがある展開が好きな人におすすめ。

 

アメとハレの風の旅

絶え間なく雨を降らせてしまう女の子と、常に晴れた空をもたらしてしまう男の子の物語。

雨女、晴男って聞くとなんかアレだけど、本作は絵本のような優しい世界観を持っている作品で、読後は清々しい気持ちになれる漫画だと思います。

絵も温かみのあるタッチだし、優しいほんわかした世界観が好きな人には是非ともオススメしたい王道ファンタジーですね。

 

女の子が死ぬ話

タイトル通りの「女の子が死ぬ話」です。元々身体が弱くて余命宣告もされてたって流れで、ある時から学校にも来ないで入院してたんだけど、それを友人にも一切告げてなかった的な話。

主な登場人物は3人で、それぞれの気持ちが痛いくらい伝わってくるんですよね。入院してることを言わなかった女の子の気持ちも、入院してることを教えてもらいたかった2人の気持ちも。

最近は奇をてらったタイトルとか変に長いタイトルの作品が多いけど、これだけの物語を完成させておいて、付けたタイトルがそのまんまってのは逆にすごい。

 

山羊座の友人

未来の日付の新聞が絡むことで、深みを増している青春ミステリー作品。予め殺人事件が起こることを知っていた主人公が、クラスのいじめられっ子が血だらけのバットを持っているところを目撃してしまったというもの。

掴みの未来からの手紙、いじめ→復讐のよくあるパターン、そして驚きのある結末。全体の流れがシームレスで、全1巻なのに満足度がハンパ無い。

あと前項で紹介した「女の子が死ぬ話」じゃないけど、タイトルの付け方って重要なんだなって実感させられました。

 

気分はもう戦争

矢作俊作×大友克洋の傑作。アメリカとソ連が仕組んだ中ソ戦争に、戦争がしたくてたまらない日本人3人が馳せ参じるというもの。

冷戦時代の政治的な背景を茶化すってわけじゃないけどコメディータッチに描いていて、他の戦争マンガなんかには見られない魅力に仕上がっています。

 

童夢

AKIRAで知られる大友克洋先生が手掛ける四次元コミックス。僕としてはこれが30年以上前の作品とは思えないし、今読んでも十分に洗練されているような気がする。

内容はマンモス団地を舞台にした連続変死事件がテーマになっていて、団地ならではの閉鎖感が恐怖に拍車を掛けています。

AKIRAにも見られるような線の細かい絵にも注目。

 

おひっこし

遊び心全開のラブコメ。リア充よろしく、まさに人生を謳歌している大学生たちが主役。

ラブコメとしての完成度もさることながら、所々に登場している沙村先生渾身のギャグが面白い。

こういう青春モノって羨ましくて、ちょっと嫉妬しちゃう部分も多少あるんだけど、本作は面白いし問題なし。

 

ブラッドハーレーの馬車

面白いって言ったら語弊がある、すごくインパクトの強い作品。前項で紹介した「おひっこし」を描いた沙村先生の作品とは思えん…。

ホラーとは違う、むしろ幽霊とかの方がいいと感じるくらいの人間による狂気が、本当に胸くそ悪い。

でもイタズラにグロい作品が多い中で、ここまで目を覆いたくなるような作品ってのは、やっぱり凄いと言わざるを得ないです。トラウマ注意。

 

春風のスネグラチカ

こちらも沙村広明先生による、ソ連(現ロシア)を舞台に描かれる戦慄の歴史ロマン。

喪失と奪還の物語とはうまく表現したもので、何を失って、何を得ようとしているのか。車椅子に乗った一見弱そうな女性の芯に宿っている強さの秘密がとにかく気になります。

サクッと読みたいって気持ちで手に取ったとしても、イイ意味で疲れたと思える作品。映画をみたような気分にさせてくれますよ。

 

雪の峠・剣の舞

「寄生獣」「ヒストリエ」などで知られる岩明先生の歴史作品が2つ同時収録。

雪の峠は、歴史モノとしては非常にマイナーな佐竹藩に注目した作品。しかも戦を描いたのではなく、新しい城をどこに建てるかについて議論したという内容。これがなかなか面白い!

剣の舞は、女の子が主人公の剣術アクションで、割と多く見られる作品だと思う。タイプの違う2つの作品が楽しめるので、1巻なのにお得感がハンパ無いです。

 

ヘウレーカ

こちらも全1巻完結の漫画では絶対に外せない岩明先生の歴史作品。

古代シチリアを舞台にした戦争モノで、とにかく主人公がカッコイイ。同じく岩明先生の作品で「ヒストリエ」が好きな人なら間違いなくハマると思う。

最初から最後まで流れるように綺麗にまとまってるし、歴史モノが好きな人には文句無しにオススメ。

 

翔んで埼玉

埼玉県民の方が読んだらどういう感想を持つのかは不明だけど、いわゆる埼玉ディスり作品。

「高飛車な東京都民が埼玉県の田舎ぶり(正確には都会になりきれてない感みたいなもの)をバカにする」って感じの作風で、それもバカバカしい過剰な表現をしてるから笑える。

埼玉をディスってると思ったら茨城に飛び火したり…。収録されている別のショートストーリーも面白いです。

 

ダズハント

一見すると今流行りのデスゲームに近いノリで、マーキーと呼ばれる装置を集めた分だけ賞金が貰えるというもの。

ゲームに参加してマーキーを奪われずに乗り切ることができればそれだけで賞金が貰えるため、好戦的でなくとも賞金が得られるというのが特徴。

本作の醍醐味は「なんでこのようなゲームが何の目的で作られたか」という部分で、しっかりと理由付けされているので単なるデスゲームに落ち着いていないという部分です。

kindleで出して欲しいと思っている作品の1つ。

 

マッチョグルメ

その名の通り「マッチョになるグルメ」かと思いきや、そうじゃなくて「マッチョがチートデイに食べる料理」の漫画だった。

低糖質、低脂質、高タンパクの食事を題材にしても面白かったと思うけど、チートデイということで高カロリーで誰もが美味しいと思うような食事が取り上げられています。

言うまでもなくメッチャ美味しそう。高カロリー食に対するマッチョならではの葛藤も見応えあり。

 

告白~コンフェッション~

雪山で遭難した2人の男が繰り広げる密室サスペンスです。

もう助からないと悟ったのか、1人の男が懺悔のつもりで過去の殺人を告白してくるんだけど、それを聞いたら救出フラグが立って「さっきの懺悔、聞いたのマズかったんじゃね?」ってなっちゃった話。

「俺は何も聞いてない!」が通用するのかどうか。相手からすれば、もしチクられたら逮捕されるわけで…。雪山の小屋に2人きりで、精神的にも肉体的にも疲れてるって状況なんかも全てがマイナスに働きそうという緊張感がすごい。

両者の腹の探り合いがスリル満点に描かれているので、結末を知っていても時間が経ったら読みたくなる魅力があります。

 

士道サンライズ

明治政府の軍艦に乗って移動している途中で遭難してしまい、そこをロシアの船に拾われるという物語。

しかし船長に日本人を救うつもりはなく、ゴミ同然の扱いを受けてしまうという…日本人ならちょっとやるせない気持ちになってしまう展開なのに、どうやって窮地を潜り抜けるか。読んでいてワクワクする。

「SIDOOH -士道-」の続編的な位置にある作品らしいけど、前作を知らなくても全く問題ないです。

 

悪童文庫

1人の小説家と新米編集者が繰り広げる奇妙な物語。簡単に言えば「他人の心に潜んでいる闇を掘り返して論破する」みたいな内容なんだけど、奇妙な雰囲気が良い味を出してます。

小説家が主人公ということもあって、言葉の巧みさというか表現の仕方が他の漫画にはあまり見られないような辛辣さを持っていて斬新。

1話完結型ということもあってテンポはいいんだけど、もうちょっと長いボリュームの方が味が出たような気がするなぁ…。

 

脳男

タイトルにもあるように、心を持たない男が主人公のサスペンス。意思のない脳だけの男だから「脳男」っていうシンプルなネーミングには驚いた。

脳男のカウンセリングに従事する女医さんとの掛け合いなんかは、得体の知れない脳男のスケールの大きさが不気味で面白いです。

ちょっと絵に感情がないというか、脳男だけじゃなしに他のキャラものっぺらぼうっぽいのが残念。

 

ちーちゃんはちょっと足りない

タイトルから分かるように「ちょっと足りない、ちーちゃんと呼ばれる女の子の物語」です。足りないって言い方はどうかと思うけど、中学生なのに小学生低学年に見えるような感じの女の子かな。

そのちーちゃんと親友のナツ、あと数名のクラスメートが中心になって話が進行する日常を描いた作品で、受け捉え方が千差万別というか、読者によって感じ方が大きく変わるんじゃないかと。

多分、読後の表現としては「刺さった」「えぐられた」が最も適切。

 

りとうのうみ

沖縄の離島を舞台に描かれるほんわかスマイルストーリー。僕は沖縄に行ったことがないんだけど、すごくワクワクする感じがする作品。

たかみち先生の作品と言えば「百万畳ラビリンス」がメチャクチャ有名だけど、個人的には本作の方が世界観としては好きかも。

沖縄の透き通る青っぽいイメージもフルカラーでしっかり再現されています。

 

ミッドナイトブルー

7つの短編集からなる作品。どれもが違うカタチの恋模様を描いています。全部ドラマになりそうな感じだし、青みがかったページが印象的。

一応、タイトルにある「ミッドナイトブルー」は収録されている短編の1つなんだけど、人生の宝箱に入れたくなる物語という表現は、まさに的確だと思う。

その話も微かに懐かしさを感じるような雰囲気がたまらないです。

 

春と盆暗

ちょっと不思議な世界観を持った恋愛ストーリー4編。冴えない男子がふとしたタイミングで急に恋に落ちる様子を描いています。

現実世界を舞台にしているのにファンタジーっぽいというか、とにかくちょっと不思議な恋愛模様で「なんで好きになったのかわからない」「好きになるのに理由は要らない」系のあれ。

熱量は無いんだけど、読後に爽やかさが残ります。

 

スピカ

「3月のライオン」「ハチミツとクローバー」で知られる羽海野チカ先生の短編集。

設定の異なる6篇のストーリーが収録されていて、ややファンタジー色強めかな。少女漫画チックなものもあったけど、恋愛感よりは夢に向かう的な描写が強かったと思う。

優しい物語が好きな人にオススメ。

 

幸せのマチ

2階建てのビルに入っている喫茶店の女店主と雑貨屋の男店主のほのぼの恋愛ストーリー。

男店主の母親が守護霊のような感じで見守っていたり、女店主が過去に飼っていた犬が守護霊のような感じで現れたり…。ほのぼのした世界観の中に詰め込まれた非現実的な部分も上手くフィットしています。

「孤食ロボット」「土星マンション」などで知られる岩岡ヒサエ先生ならではの優しい絵のタッチにも注目。

 

チャイナガール

仕事も出来て女にもモテる男が、中華飯店で働く中国出身の女の子に惚れてしまった話。

登場人物は完全に社会人の大人だけど、やってることとか心理描写には初々しさがあって、なんとなく学生時代の恋を思い出すような感じ。

10年近く前の作品だからしょうがないけど、残念ながら35億じゃなかった(内容参照)。

 

マスタード・チョコレート

人とのコミュニケーションが下手な女子高生が主人公で、不器用で繊細な心の動きにスポットを当てた恋の物語。

美大に入ることを目標に予備校に通い出してから少しずつ変わっていく様子が描かれていて、その人のカラーっていう意味での「マスタード・チョコレート」なんだと思う。

コマ割りもずっと同じだし、お世辞にも絵が巧いとも言えないんだけど、一気読みしちゃう不思議な魅力があります。

 

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

タイトルの通り、自分の名前が言えない女の子の話。どうやら「吃音症」という病気らしい。

舞台は高校で、そこでもバカにされたり気味悪がられたりして、主人公がこれまでにどれだけイジられてきたかが想像に容易い。

そういう背景も汲みながら読むと、フィナーレは結構響いてきます。道徳の授業って今もあるか知らないけど、こういう本を読めばタメになるんじゃないかと思えるような作品ですね。

 

ピコピコ少年

レトロゲームと呼ばれるジャンルに精通している人なら、思わず「分かる!」と共感してしまうようなシーンが連続する自伝的青春グラフィティ。

今は手軽にタブレットとかで場所を選ばずにアプリで遊んだりできるけど、家族兼用のテレビでファミコンをやったり、親に隠れてゲームボーイで遊んだという経験があるような人にはたまらない作品だと思う。

続編として「ピコピコ少年SUPER」「ピコピコ少年TURBO」と続く三部作だけど、本作だけでも十分に楽しめます。

 

青春の光となんか

すごく手数の多いギャグ漫画。ツッコミキャラがいないってこともあって、とにかくボケの応酬がすごい。ボケにボケを重ねて、勢いを感じますね。

たまーに話の最後にオチきれてなくて「え!?今ので終わり!?」ってパターンもあるけど、その後もまたすごい勢いでボケ始めるから、なんかどうでもよくなる。

思えばタイトルも「青春の光となんか」だし。

 

ウチにテレビはありません

勘のいい人はタイトルで察知できると思うんだけど、受信料の徴収員をやってる人物の物語で、巧妙に受信料未払いを続ける視聴者からお金を徴収するというアレ。

ドローンを使ったり、泣き落としに徹したり…。時には詐欺まがいの感じで契約書にサインさせたりすることも。「テレビが無い」という常套句を簡単にひっくり返す様子は、ブラックジョーク感が満載で逆に心地良いですね。

今度は絶対に払わない側の漫画を読んでみたい。

 

抱かれたい道場

とにかく熱量がハンパ無いギャグ漫画。こんなに男臭い画風の作品は見るに久しいような気がする…。ちなみに絵的には昭和バリバリの感じだけど、2010年以降に連載された作品です。

非モテ童貞男が抱かれる男になるために精進していく様子を描いた作品で、間違った方向に進んでいく感じがたまらないです。下品な笑いでも問題ないという人にオススメ。

 

男子高校生とふれあう方法

あの手この手で男子高校生とふれあう様子をコメディータッチで描いた作品。

男目線から言うと「女子高校生とふれあう方法」というカタチで本作の性別を逆にしたパターンを考えたらどうだろうかと思ったけど、何回考え直しても犯罪臭しかしないので諦めた。

これは女性目線における男子高校生とふれあいたい気持ち、いわばフェチ的な要素が強いので大きく読者を選ぶと思う。僕としてはこのくだらなさ、嫌いじゃないです。

 

パンティストッキングのような空の下

若者の屈折した世界観をテーマに描かれている全9話の短編集。

この手の作品は読み手の境遇で大きく評価が分かれると思うんだけど、特徴的な青春劇だと思って読むと面白く感じる人も多いんじゃないかと。

特徴的だとは言いながらも平凡な人生って、なかなか難しいんですけどね。読後、なんとも言えない虚無感に襲われました。

 

ユートピアズ

うめざわしゅん先生の作品と言えば、圧倒的に前項で紹介した「パンティストッキングのような空の下」が有名だけど、個人的にはこっちの短編集もかなり捨てがたいと思ってる。

全9編のショートストーリー。中には「世にも奇妙な物語」で実写化された作品もあって、お得感がすごいです。

これを初めて読んだときに「読まされるってこういうことか!」って思った。いや、これマジで。

 

童貞の哲学

タイトルだけ見ると崇高な感じがするけど、中身はなんてことない「童貞あるある」です。でもこの童貞あるあるがまぁ面白い!

男の人ならよほどリア充でもない限り共感できる部分も少なくないし、童貞の主人公がこじらせてる感がとにかく面白くてクセになる。

バレンタインやクリスマスをちょっと捻くれた目線で見ているという人にもオススメ。

 

毎日やらかしてます。アスペルガーで、漫画家で

最近になってよく聞くようになった、発達障害を持つ作者さんによって描かれた日常マンガ。きっとアスペルガーあるあるなんだと思う。

「アスペルガーって、よく聞くけど何なの?」って思う人は読んでみると勉強になるし、いいかもしれない。僕自身、「あいつはアスペルガーなんじゃないか?」と浮かんだ顔が2、3あったので。

ちなみに「コンロの火を付けっぱなしで外出」とか「車の運転で事故った話」とか、笑えないレベルのエピソードも。

 

カルト村で生まれました。

カルト村と呼ばれる場所で育ったという作者さんの体験記。

コマ割りも単調で文字数も多く、漫画を見ている時間よりも絶対的に文章を読んでる時間の方が長いくらいの感じだけど、とにかく内容が興味深くて一気に引き込まれた。特に食事の話とか衝撃的。

本作は主に幼少期の頃で、続編の「さよなら、カルト村」は思春期から村を出るまでの体験記となっています。

 

よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話

こちらも宗教関連。内容はタイトルの通り、宗教勧誘している母親の娘として生まれた作者による実体験の漫画です。

小さい子が宗教勧誘活動しているところを見ると、いわゆる「洗脳」されていて心の底から信じ込まされていると思ってたけど、意外とそうでもないんだなぁと。

あとはやっぱり自分の全く想像もつかないライフスタイルが覗けて、衝撃的な面白さがありますね。

最終的には普通の世界にこれた主人公の姿に、何かを思わずにはいられないはず。

 

AV女優とAV男優が同居する話。

エロっぽさは全然なかった!!短編集のような感じだけど、どれも根底には純愛があるような気がする。

恋愛には色々なカタチがあるということを再認識させてくれます。タイトルからは想像できないくらいのイイ話なので、ほっこりしたい人に。

 

僕が私になるために

性同一障害の作者が、タイで性転換手術(♂→♀)を受けた実話をもとに書いたマンガ。

所々に出てくる手術の話が痛そうで、僕なんかずっと苦虫を嚙み潰したような顔をして読んだけど、すごく興味深い話だと思って一気読みしちゃいました。

あ、ちなみにグロい描写とかエロい描写はないです。だけど男なら痛い。

 

あとがき

ワンコインで手に入る至福の時。

アドセンス

アドセンス

-まとめ, 巻数別まとめ

Copyright© 漫画オススメ.com , 2019 All Rights Reserved.