全ジャンル完全網羅!面白くておすすめの漫画を紹介する

Contents

おすすめのバトル漫画

HUNTER×HUNTER

父と同じハンターになるため、そして父に会うため、ゴンの旅が始まった。同じようにハンターになるため試験を受ける、レオリオ・クラピカ・キルアと共に、次々と難関を突破していくが…!?

  • このマンガがすごい!2012オトコ編 第4位

1998年から連載されているバトル漫画で「ONE PIECE」とほぼ同時期に始まっていて、コミック巻数はだいぶ差がついてしまいました。とは言っても休載を繰り返しながら連載され続け、連載当初と変わらず根強いファンがたくさんいる作品です。

物語の中で〇〇編とか〇〇編っていう区切りが付いている場合、普通なら「〇〇編は面白いけど〇〇編はイマイチ」ってなることが多いのに本作はお世辞抜きに全部面白い。まさに捨てるところがないバトル漫画です。

鬼滅の刃(全23巻)

時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残ったものの、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ!! 血風剣戟冒険譚、開幕!!

  • このマンガがすごい!2020オトコ編 第6位

めちゃくちゃ大流行したバトル漫画で、もはや知らない人はいないんじゃないかってくらいの大人気作品です。ふりかけやらカレーやら色んな商品とタイアップしてたし、映画の興行収入なんか日本歴代一位(2021年現在)だし、2020年の年間興行収入は世界一位になりました。

内容としてはかなりシリアスな場面が続いて、個人的には「こんな残酷な物語が全国の子供たちにウケるのか!?」って思ったくらいなんだけど、魅力的なキャラたちや必殺技の応酬にはワクワク感が溢れています。

ぶっちゃけここまでくるともう面白いとか面白いじゃなくて、それを論じることが野暮っていうか流行りに乗っかって楽しんだもん勝ちってレベル。さぁ、全力で楽しもう。

関連記事「鬼滅の刃」を読んだ感想・レビュー

おすすめのギャグ漫画、コメディー漫画

女の園の星

女の園の星2
Ⓒ女の園の星

ある女子校、2年4組担任・星先生。生徒たちが学級日誌で繰り広げる絵しりとりに翻弄され、教室で犬のお世話をし、漫画家志望の生徒にアドバイス。時には同僚と飲みに行く…。な~んてことない日常が、なぜこんなにも笑えて愛おしいんでしょう!? どんな時もあなたを笑わせる未体験マンガ、お確かめあれ!

  • このマンガがすごい!2021オンナ編 第1位

ギャグ漫画の多くはちゃんとボケとツッコミが分かれていて、読んでいて「ここが笑うポイントです!」って感じで教えてもらえる作品が多いじゃないですか?そういう意味でも本作はあからさまなツッコミがないし、これからボケますっていう空気がないのに笑えるっていう完全に異質な漫画です。

主人公は女子高で国語の教師をしていて、この先生がとにかく面白い!別にボケに行っている感じでもなければ、ウケを誘おうとしている感もないのに、ここまで面白いっていうのはもはや反則と言ってもいいレベルなのでは?

たぶんこの作品の笑いはシュールに分類されるんじゃないかと思うんだけど、一部じゃなくて大多数に刺さるシュールって初めて見たような気がします。

関連記事「女の園の星」を読んだ感想・レビュー

SPY×FAMILY

名門校潜入のために「家族」を作れと命じられた凄腕スパイの〈黄昏〉。だが、彼が出会った“娘”は心を読む超能力者! “妻”は暗殺者で!? 互いに正体を隠した仮初め家族が、受験と世界の危機に立ち向かう痛快ホームコメディ!!

  • このマンガがすごい!2020オトコ編 第1位

父親がスパイ、母親が殺し屋、娘が超能力者というとんでもファミリーが織りなす痛快ホームコメディーです。主人公はスパイの任務を全うするためだけに家族を作るという展開になっていて、その家族がまぁとんでもない家族っていうね。

「表舞台に現れないターゲット→某名門校の懇親会では接近できるかも!?→ターゲットの息子と同い年の娘を確保→三者面談のために妻を確保」みたいな、まさにスパイの鏡とも言える主人公。

しかし奥さんは殺し屋ということで夫婦揃って正体を明かすことができず、でもそれらの真実は超能力者の娘にはすべて筒抜けっていう展開がめちゃくちゃ面白い!個人的には「これをつまらないって言う人、いるの?」くらいの感じのコメディー漫画です。

関連記事「SPY×FAMILY(スパイファミリー)」を読んだ感想・レビュー

¥502 (2021/09/24 08:28時点 | Amazon調べ)

おすすめのラブコメ

金剛寺さんは面倒臭い(全7巻)

金剛寺さんは面倒臭い1
Ⓒ金剛寺さんは面倒臭い

このヒロインには、付け入る隙などない! 口を開けば正論! 正論! 正論! 金剛寺さんはいつも正しい! おまけに学業優秀&柔道の名手! 隙などまったくない彼女に、樺山くんは… よりによって恋をした! 彼の運命やいかに!? ちなみに本編とは大きく関わりのないことだがッ!! この世界は地獄と繋がっているッ!! 

  • このマンガがすごい!2019オトコ編 第2位

「あー言えばこう言う」という典型がヒロインを務めるラブコメ作品で、実際にいたら本当に面倒くさいんだけど見ている分には面白いです。どこからか「はいっ論破!!」って声が聞こえてきそう。

ケーキを半分こにするのに原子レベルで分けようとするなんて、今まで一度も考えたことがありませんでした。こっちは原子1個分くらい損したって全然気にしないんだけど、それを言ったところでまた面倒くさいのが始まるっていうね。

真面目に考えすぎるとイラっとするかもしれないやり取りが、最終的に感動するような話になってたりするからすごい。面倒くさいのが楽しめるラブコメ漫画です。

関連記事「金剛寺さんは面倒臭い」を読んだ感想・レビュー

おすすめのグルメ漫画、料理漫画

あたりまえのぜひたく。

あたりまえのぜひたく。1
Ⓒあたりまえのぜひたく。

「なんでこんなに美味いんスか!? なんも言うことないっス!!」と叫んでしまうこと間違いなし。普段日常が美味しすぎる、こだわりグルメ漫画家のコミックエッセイ!! 累計発行部数100万部超えの大人気グルメコミック『おせん』シリーズの作者が描く初のコミックエッセイ。これまで15年以上にわたって料亭の女将を主人公にしたグルメ漫画で料理の神髄を追求してきた「きくち正太」。当然のことながら、料理に対するこだわり、技術や知識も半端ありません。普段日常こよなく酒を愛し、ひと手間かけた料理とともに客人との会話を楽しむ……そんな彼の私生活が美味しくないわけないですよね!! 「きくち家」でいただいたメニューの数々が収録された垂涎のコミックエッセイ。「今宵は、ちょっと料理してみようかな」と思わせること間違いなしです。

日常の家庭料理にちょっとした手間と工夫を加えるだけで、食事のクオリティが劇的に上がることを紹介している料理漫画です。贅沢っていうとお金がかかりそうなイメージがあるけど、本作ではほとんど金銭的な負担はありません。

出汁やポン酢などを手作りする手間さえ惜しまなければ、普段から贅沢な食事ができるんです。そして適度に手を抜くっていうのがまた良い!出汁やら調理方法に徹底的にこだわりぬいたカレーそばの麺が冷凍だったりするからね。

たまに「チキンラーメンを美味しくするアレンジ」みたいな話を聞くけど、それって美味しくなっても手間が増えてるから「そのまま食べるよりコスパ悪いんじゃね?」って思ったりもするけど、本作に登場する料理の贅沢感を考えたら多分コスパ最強。

関連記事「あたりまえのぜひたく。」を読んだ感想・レビュー

だがしかし(全11巻)

ここは、のどかな田舎町。駄菓子屋の息子・ココノツはある日、都会から来た美少女に出会う…「うまい棒で最高の組み合わせを作って、私を満足させてごらんなさい!!」「見せてあげるわ…ポテトフライの一番贅沢な食べ方…!!」うまい棒、ブタメン、ラムネなどなど…駄菓子マニアの美少女・ほたるが繰り出す数々の駄菓子たちに…困惑するココノツ!!こうして、少年×少女×駄菓子のおかしな夏が始まった…!!

  • このマンガがすごい!2016オトコ編 第9位

グルメ漫画というよりは駄菓子漫画と言った方が適切なんだけど、駄菓子好きにはたまらない作品がこちら。特に幼少期に駄菓子に夢中になったという読者が、確実に歓喜するであろう作品と言っても過言ではありません。

とにかく色んな駄菓子が登場してノスタルジックな雰囲気に包まれているのも魅力だし、その駄菓子に触れてきた人なら思わず「あるある!」と言ってしまうようなコメディー展開も見事。

とりあえず「うまい棒で何味が好きか」みたいなことを話せる人なら間違いなく楽しめます。個人的にはめんたい味とサラダ味が好きなんだけど、たこ焼き味ってなんであんなに硬いのかについても熱く語りたい。

関連記事「だがしかし」を読んだ感想・レビュー

おすすめのミステリ・サスペンス漫画

ミステリと言う勿れ

ミステリと言う勿れ4
Ⓒ ミステリと言う勿れ

冬のある、カレー日和。アパートの部屋で大学生・整がタマネギをザク切りしていると… 警察官がやってきて…!? 突然任意同行された整に、近隣で起こった殺人事件の容疑がかけられる。しかもその被害者は、整の同級生で…。次々に容疑を裏付ける証拠を突きつけられた整はいったいどうなる…???

  • このマンガがすごい!2021オンナ編 第6位
  • このマンガがすごい!2020オンナ編 第4位
  • このマンガがすごい!2019オンナ編 第2位

ミステリーの常識を完全に覆したミステリー漫画です。ミステリ?ミステリー?んなことはどうだっていいんです。

本作最大の見所は「事件が発生する前に事件を解決してしまう」という点。事件は現場で起きてるって言うものの、本作においては主人公の舌の上で事件発生から解決までが進んでいくという感じ。二枚舌の漫画って基本的にはギャグ方向に行きがちなんだけど、本作はちゃんと謎解きミステリーになっています。

「このマンガがすごい!オンナ編」のランキング常連になってるものの、男性が読んでも楽しめるしおすすめです。ディベートとか舌戦が好きだっていう人には刺さること間違いなし。

関連記事「ミステリと言う勿れ」を読んだ感想・レビュー

おすすめのスポーツ漫画

ピンポン(全5巻)

松本大洋が描く卓球というスポーツ!!青春真っ只中の高校生・月本(スマイル)と星野(ペコ)が、冷たく、そしてカッコイイ“スポ根”の世界を駆ける!!月本(通称・スマイル)と星野(通称・ペコ)とは幼馴染み。小学生時代に駅前の卓球場タムラでラケットを握っていた頃からの仲だ。天才肌の星野はいつも好き勝手やり放題。今日も部活をさぼっていた。先輩たちに「星野を部活に連れてこい」と命令される月本だったが…。

ライバルがガンガン出てくる感じでもないし、必殺があるわけでもないし、卓球部が廃部に追い込まれるようなシチュエーションもない…。そんな卓球漫画だけどめちゃくちゃおすすめです。

卓球を題材に「才能に対する憧れや嫉妬」みたいなことを描いていて、とにかく奥が深い!努力は裏切らないとかそういう感じでもなく、スポーツ漫画としては色んな見せ方をしているうえに結末がまったく予想できないっていう感じがたまりません。

卓球ってどちらかと言えば地味な競技だと思ってたけど、そんなことは一切ありませんでした。僕の中では史上最強級に面白い漫画だと思ってるので、今まで本作に触れたことがないという人には絶対におすすめ。

関連記事「ピンポン」を読んだ感想・レビュー

¥660 (2021/09/21 09:11時点 | Amazon調べ)

クロス・マネジ(全5巻)

クロス・マネジ2
Ⓒクロス・マネジ

どの部活も長続きしなく、上手くいかない日々を送る櫻井はある日、一人でラクロスの練習に励む深空と出会う。そのひたむきな姿に衝き動かされ、平凡な彼の高校生活がいま、大きく変わろうとしていた――。

女子ラクロス部のマネージャーをやることになった男子マネージャーを中心とした物語ということで、ラクロスマネージャーからのクロス・マネジです。ラクロスって言われてどんなスポーツか想像が付かないという人もいると思うんだけど、そういうのも関係なしに楽しめます。

というかラクロス漫画というよりは、ラクロスを通して描かれている青春漫画っていう表現が適切かもしれません。高校の部活動での友情関係とか努力が実を結んでいく感じ、そして時には上手くいかない挫折なんかもあって、主人公たちが成長していく様子はまさに見所がたっぷり用意されています。

「ちょっと練習がきつくなって自信が持てなくなる部員が出てくる」みたいな描写も、過剰にやりすぎていない自然な感じが見事でした。素直に読めるスポーツ青春漫画です。

関連記事「クロス・マネジ」を読んだ感想・レビュー

おすすめのお仕事・ビジネス漫画

九条の大罪

九条の大罪2
Ⓒ九条の大罪

法とモラルの極限ドラマ、開幕! 国民的ダークヒーロー漫画『闇金ウシジマくん』の真鍋昌平、最新作! なぜか厄介な案件ばかりを引き受ける弁護士・九条間人(くじょうたいざ)。鼻炎持ちのバツイチで、ビルの屋上でテント生活をしている偏屈な弁護士だ。主な顧客は、半グレ、ヤクザ、前科持ちなど、きな臭い人だらけ!? ネットでは悪徳弁護士と罵られながらも、イソ弁の烏丸(からすま)と共に、依頼人の擁護に務める。ある日、飲酒して轢き逃げをした半グレが、先輩の壬生に連れられて、九条のもとを訪ねる。そこで九条が授けた策は、弁護士にはあるまじき教唆で――!? 交通事故ひとつですら、常識がひっくり返る。知ってるだけで、人生が変わる。神か悪魔か弁護士・九条! 法とモラルの極限ドラマ、ここに開幕!

一般的に悪徳弁護士と呼ばれるような男が主人公で、飲酒運転で人を轢き殺したような男を進んで弁護したりするので、被害者の立場になるとめちゃくちゃ憎い。そしてまるで「無知は罪だ」と言われんばかりの衝撃がクセになる漫画です。

もし飲酒運転で人を轢いてしまった場合に、その場で自首するよりも一旦逃げて酒を抜いてから出頭した方が罪が軽くなるっていうのは一種のバグだと思うし、そもそも普通は被害者も生きてた方がいいのに「被害者は死んでた方がいい」って言っちゃうあたりが普通の漫画じゃありません。

被害者目線に立っちゃうとこれ以上ないくらいイラっとするけど、加害者目線に立つとこれ以上ないくらい頼もしいというか…。まさに人である前に弁護士って感じのプロ意識に脱帽させられるでしょう。

関連記事「九条の大罪」を読んだ感想・レビュー

おすすめのダークファンタジー

鋼の錬金術師(全27巻)

兄・エドワード・エルリック、弟・アルフォンス。2人の若き天才錬金術師は、幼いころ、病気で失った母を甦らせるため禁断の人体錬成を試みる。しかしその代償はあまりにも高すぎた…。錬成は失敗、エドワードはみずからの左足と、ただ一人の肉親・アルフォンスを失ってしまう。かけがえのない弟をこの世に呼び戻すため、エドワードは自身の右腕を代価とすることで、弟の魂を錬成し、鎧に定着させることに成功。そして兄弟は、すべてを取り戻すための長い旅に出る…。

  • このマンガがすごい!2006オトコ編 第5位

これまでに馴染みがなかった錬金術っていう表現を一気にメジャーなものに押し上げたのは、間違いなく本作の功績の一つだと思っています。二人兄弟の天才錬金術師が母親を生き返らせようとして失敗し、めちゃくちゃ大きい代償を背負うところから始まるダークファンタジーです。

禁忌を冒すことのリスクや等価交換の意味など、人生を過ごしていくうえでの教訓みたいなものも得られる不思議な作品だったと思います。時折、悲しくなるほど暗いシーンがあったりするのも本作の醍醐味と言えるでしょう。

この二人の兄弟が失ったものを取り返せるのかどうかを含め、最後まで目の離せない展開が目白押しです。終わり方も完璧だったし、もはや何も言うことがない名作漫画だと思います。

約束のネバーランド(全20巻)

母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。エマ・ノーマン・レイの三人はこの小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた。真実を知った彼らを待つ運命とは…!?

  • このマンガがすごい!2018オトコ編 第1位

僕らはお肉を買うにしてもスーパー等で精肉加工されているものを食べてます。だから実感が湧かないって人も多いんだろうけど、牛・豚・鳥の命を貰ってるっていうのが本質です。

で、もし食物連鎖で人間よりも上の存在がいたら食べられるのは嫌じゃないですか?「自分たちが食べる側の時は好き勝手やってるのに、いざ自分たちが食べられるってなったらゴネるの?」みたいになったりして、色んな考え方が出てくると思います。

本作はそんな感じの問題提起すら感じるダークファンタジーです。テーマは奥深いんだけど全然難しくないし、スリル満点に描かれているシーンの連続がたまりません。で、最後にスッと自分の考えが生まれてるってのがすごい。

関連記事「約束のネバーランド」を読んだ感想・レビュー

おすすめのSF漫画

彼方のアストラ(全5巻)

彼方のアストラ
Ⓒ彼方のアストラ

宇宙への往来が当たり前になった近未来。高校生のカナタ、アリエスら9名は“惑星キャンプ”に旅立つ。未体験の宇宙旅行に胸を躍らせながら惑星に降り立った彼らを待ち受ける、予想外の事態とは!? 近未来SFサバイバルストーリー、始動!!

  • マンガ大賞2019 大賞
  • このマンガがすごい!2019オトコ編 第3位

宇宙に飛び出す近未来SF的な漫画なんだけど、とにかく色んな要素が全5巻の中にぎっちり詰まっているのに散らかってる感じが一切ありません。宇宙、友情、冒険、犯人捜し、サスペンス…この中に一つでも惹かれる要素があるなら文句なしにおすすめ。

最初はそこまで仲良くなかった仲間同士が徐々に絆で結ばれていく感じは見所たっぷりだし、サバイバル生活で協力し合っていく仲間たちの中に裏切者がいるっていう不穏分子の不気味さったらないです。

宇宙のワクワク感もさることながら、個人的にはサスペンス要素にめちゃくちゃ見応えがありました。色んなお楽しみ要素が高水準で堪能できるので、マンガ大賞2019も納得の作品と言えるでしょう。

関連記事「彼方のアストラ」を読んだ感想・レビュー

おすすめの恋愛漫画

ハチミツとクローバー(全10巻)

ハチミツとクローバー1
Ⓒハチミツとクローバー

6畳+台所3畳フロなしというアパートで貧乏ながら、結構楽しい生活を送る美大生・森田、真山、竹本の3人。そんな彼らが、少女のように小さく可憐な女の子・花本はぐみと出会い…!?

  • このマンガがすごい!2007オンナ編 第1位
  • このマンガがすごい!2006オンナ編 第1位

アニメ化、実写化もされたうえに「このマンガがすごい!」で2年連続のトップに輝いたお化け的な存在の女性漫画。美大生の仲良しグループを中心に繰り広げられる恋愛模様、ヒューマンドラマに見所がたくさん用意されています。

恋愛漫画が好きな人もそうでない人も「こんな恋愛漫画は見たことがない!」と思わされるほど、数々の名言や衝撃的な結末が待っています。ちょっとしたコメディー要素も笑えるし、ありそうでないキャンパスライフという雰囲気がたまりません。

男性の中には「恋愛漫画には興味がない」って人も一定数いると思うんだけど、本作はきっと別腹になるはず。人を好きになったことがあるという人すべてに刺さる恋愛漫画です。

関連記事「ハチミツとクローバー」を読んだ感想・レビュー

おすすめの心理戦漫画、頭脳戦漫画

嘘喰い(全49巻)

嘘喰い
Ⓒ嘘喰い

遊ぶ金欲しさに闇金に手を出し、取立てに追われる青年・梶くんの前に現れた謎の男・斑目貘。自らギャンブラーと名乗り、借金返済を手伝うと豪語する貘は、闇カジノへと乗り込むが…!?

めちゃくちゃ複雑に入り組んでいるギャンブル漫画で、これ以上に考えさせられる心理戦・頭脳戦漫画は読んだことがありません。初見時は「え、どういう意味?」ってなること必至。

かつてすべてを失った天才ギャンブラーがもう一度頂点を目指すっていう感じのストーリーなんだけど、多くのライバルたちとギャンブル対決をしながらのし上がっていくという流れです。ギャンブルの中には暴力やイカサマありきで展開されるものが多く、相手のイカサマを見抜いた上でどう勝負していくかっていう部分がめちゃくちゃ面白い!

本作にかかればトランプゲームのババ抜きですら超難易度の高い心理戦になります。それぞれのギャンブルの攻略法やギミックの完成度が高すぎるので、心理戦や頭脳戦が好きな人には文句なしにおすすめです。

関連記事「嘘喰い」を読んだ感想・レビュー

DEATH NOTE(全12巻)

DEATH NOTE
ⒸDEATH NOTE

このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。死神リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATHNOTE」。ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる!!かつてないスリルとサスペンス!!

  • このマンガがすごい!2006オトコ編 第2位

名前を書くだけで人を殺すことができるデスノートは、社会現象と言っても過言じゃないくらいに話題になりました。本作はそんなデスノートを使って人を殺しまくる主人公と、それを止めようとする男の物語です。

どこにいるのかが分からない大量殺人犯を少ない材料で見つけ出すっていう展開もすごいし、警察に追われながらも決して隠れたりしないっていう度胸もすごい。この水面下で繰り広げられる腹の探り合いは見応えたっぷり!

最後の結末まで一切気の抜けない漫画と言っていいでしょう。心理戦や頭脳戦、高度な騙しあいが好きな人には文句なしにおすすめです。

関連記事「DEATH NOTE(デスノート)」を読んだ感想・レビュー

おすすめのヤンキー漫画、不良漫画

ナンバMG5

ナンバMG52
ⒸナンバMG5

ヤンキーのエリート一家に生まれ育った主人公が普通の高校生らしい生活を送りたいと考え、親の前ではヤンキーを気取りながらも学校では普通の高校生を装うという日常を描いたヤンキー漫画です。

男として「喧嘩とかしたことないけどちょっと不良ぶってみる」みたいな逆パターンは理解できるけど、まさか真面目ぶる方で行くってのには驚かされました。ちなみに不良に絡まれてどうしようもなくなったら、トイレで不良スタイルに着替えてから出てきたりするっていうね。

ギャグ要素もかなり面白いし、ヤンキー漫画を数多く輩出している小沢としお氏の作品の中で一番好きな漫画かも。ちなみに本作の後は、続編として「ナンバデッドエンド」へと続きます。

関連記事「ナンバMG5」を読んだ感想・レビュー

おすすめの格闘漫画

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには
ⒸTSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには

“最強”を求めた者が必ず行きつく人物。その名は「TSUYOSHI」。「最強」ということ以外、謎に包まれた彼は一体何者なのか――!?

地上最強のコンビニ店員が主人公のバトル系コメディーで、見た目的には全然強そうに見えないのに実際はめちゃくちゃ強いという感じ。破壊神と恐れられた空手家も一発でやられてしまうので、彼の強さは本物です。

いわゆるギャップ萌えっていうのが一つの魅力なんだけど、それ以上に「なんでこんなに強いの?」っていう部分がとにかく謎で、そこからグングン読者を引っ張っていける魅力もあります。

バトルシーンも見応えがあって、ギャグ要素も笑えるし、絵もめちゃくちゃ綺麗です。俺TUEEE的な展開だけど嫌味がないので、ギャグ要素多めの格闘漫画が見たいという人におすすめします。

関連記事「TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには」を読んだ感想・レビュー

おすすめの音楽漫画

BLUE GIANT(全10巻)

BLUE GIANT3
ⒸBLUE GIANT

ジャズに心打たれた高校3年生の宮本大は、川原でサックスを独り吹き続けている。雨の日も猛暑の日も毎日毎晩、何年も。「世界一のジャズプレーヤーになる…!!」努力、才能、信念、環境、運…何が必要なのか。無謀とも言える目標に、真摯に正面から向かい合う物語は仙台、広瀬川から始まる。

  • マンガ大賞2015 第5位
  • マンガ大賞2016 第3位

世界一のジャズプレーヤーを目指して、とにかくサックスの練習に明け暮れる青年の姿を描いた音楽漫画です。もちろん彼にはとびっきりのセンスがあったんだろうけど、それ以上に「ここまで努力できるなら神様も裏切らないでしょ」っていうくらいの熱量がすごい。

これを幼少期に読んでいたら間違いなくサックスをやっていたと言っても過言ではないくらい、とにかく魅力に溢れている音楽漫画と言っていいでしょう。ジャズに興味がない?本作の前ではそんなの関係ありません。

活躍の舞台が変わるごとにタイトルが変わっていて、続編として「BLUE GIANT SUPREME」や「BLUE GIANT EXPLORER」へと続きます。

関連記事「BLUE GIANT」を読んだ感想・レビュー

坂道のアポロン(全9巻+1巻)

坂道のアポロン1
Ⓒ坂道のアポロン

1966年初夏、横須賀から地方の高校へ転入した薫。幼い頃から転校の繰り返しで、薫にとって学校は苦しいだけの場所になっていた。ところが転入初日、とんでもない男と出会い、薫の高校生活が意外な方向へ変わり始め…!?眩しくてほろ苦い、直球青春物語!!

  • このマンガがすごい!2009オンナ編 第1位

転校ばかりで友情を築くのも面倒に感じていた主人公が、新しい出会いに恵まれる様子を描いた青春漫画です。ジャズを通して紡がれていく友情は、音楽と一緒で抑揚を感じるものになっています。

仲良くなればなるほど遠くなってしまう部分が出てきたり、最初は必要ないと思っていた友情がかけがえのないモノになっていくプロセスは必見です。そのうち「自分以外の奴と仲良くしてるのが腹立たしい」くらいになってくるし。

ちょっと甘くてほろ苦い恋愛要素もありつつ、将来のことを考えての進路にも悩みつつ…。1960年が舞台になっているので、ちょっとした懐かしさも楽しめる音楽漫画になっています。

関連記事「坂道のアポロン」を読んだ感想・レビュー

おすすめの裏社会漫画、闇社会漫画

闇金ウシジマくん(全46巻)

闇金ウシジマくん1
Ⓒ 闇金ウシジマくん

オモテの金融機関に見捨てられた、哀れなヤツらの人生にトドメを刺す――闇金融の世界に生きるダークヒーロー、ここに誕生!!丑嶋のもとを毎朝9時に訪れる「奴隷くん」と呼ばれる人々。それはパチンコ依存症の主婦たちのことで、丑嶋は彼女らに3万円の現金と引き換えに5万円の借用書にサインさせる。あらかじめ金利・手数料2万円を引いた上、1日3割もの暴利を課しているにも拘わらず、今日も彼の会社には哀れな訪問者が引きも切らない。

  • このマンガがすごい!2007オトコ編 第8位

闇金融で働いている社長の姿を描いた、まさに裏社会を象徴するかの漫画です。よく借金まみれになって首が回らなくなる人なんかをドラマとかで見たことがあるけど、そういう人たちが最終的にどうなったのかって分からないじゃないですか?

そういう日の当たらない部分まで掘り下げて描かれているのが本作です。子供の頃は「腎臓取られるの?」みたいに怖い部分があったけど、大人になると「腎臓は誰が買うの?」っていう疑問に変わったりするわけで…その辺がめちゃくちゃリアルに描かれていました。

僕は友人や知人にお金を貸して回収するのに苦戦したからアレだけど、本作の取り立てはハンパないです。これを読んだら安易に闇金融に手を出そうとは思わないはず。

関連記事「闇金ウシジマくん」を読んだ感想・レビュー

おすすめのホラー漫画、オカルト漫画

ゴールデンゴールド

ゴールデンゴールド1
Ⓒゴールデンゴールド

福の神伝説が残る島・寧島で暮らす中2の少女、早坂琉花。ある日、海辺で見つけた奇妙な置物を持ち帰った彼女は、ある「願い」を込めて、それを山の中の祠に置く。すると、彼女の目の前には、“フクノカミ”によく似た異形が現れた――。幼なじみを繋ぎ止めるため、少女が抱いた小さな願いが、この島を欲望まみれにすることになる。

  • このマンガがすごい!2017オトコ編 第5位

最初はほんの些細な幸せを願っただけなのに、島中が欲にまみれてしまうホラー系サスペンスという感じの作品です。一見すると幸福をもたらしてくれるフクノカミ的な存在がいて、読めば読むほど「こんなに美味い話があるわけがない!」と思わずにはいられません。

自分たちの生活が裕福になる一方で、もし何らかのしっぺ返しがあるんだとしたらもう怖くて仕方がないし、自分がそうなるだけならまだしも島全体がそうなってるっていう状況がもう怖すぎる!

幸せの絶頂にありながらも、不気味な影が迫りくるという不穏な雰囲気の演出がめちゃくちゃ上手いので、直接的な霊の怖さはないけどヒトコワの延長みたいな感じで楽しめるオカルト漫画です。

関連記事「ゴールデンゴールド」を読んだ感想・レビュー

おすすめのデスゲーム、サバイバル漫画

今際の国のアリス(全18巻)

今際の国のアリス1
Ⓒ今際の国のアリス

やりきれない日常に苛立つ高校生・有栖(アリス)良平が悪友の苅部(カルベ)や張太(チョータ)とブラつく夜、街は突然巨大な花火に包まれ、気づけば周囲の人気は消えていた。夜、ふらりと入った神社で告げられる「げぇむ」の始まり。一歩誤れば命が奪われる理不尽な難題の数々を前に、アリスの眠っていた能力が目覚め始める…麻生羽呂が全くスタイルを変えて挑む戦慄のサバイバル・サスペンス、開幕!

日常に飽きていた男子高校生が非日常の世界に入り込んでしまい、そこで色々なゲームに参加しなければならなくなったという内容のデスゲーム漫画です。ゲームはバラエティに富んだ内容のものがあって、鬼ごっこのような分かりやすいものもあれば頭脳戦に振り切ったものも存在します。

中でもルールの盲点を突いて勝つような展開がめちゃくちゃ熱い!一緒に協力して生きていくはずの仲間たちと仲違いをしなきゃいけなくなる内容のゲームもあったりして、水面下での駆け引きは見応え抜群です。

そして本作はちゃんとした結末も用意されていて、デスゲーム漫画にありがちな「結局これってなんだったの?」みたいなことがありませんでした。最初から最後まで飽きずに読める全18巻と言えるでしょう。

関連記事「今際の国のアリス」を読んだ感想・レビュー

おすすめの歴史漫画、時代劇漫画

シグルイ(全15巻)

シグルイ
Ⓒシグルイ

江戸時代初頭、天下の法に反して駿河城内で挙行された真剣御前試合で対峙したのは、片腕の若武者と盲目の天才剣士だった!!残酷無惨時代劇!!

  • このマンガがすごい!2008オトコ編 第4位
  • このマンガがすごい!2007オトコ編 第5位

隻腕の剣士と盲目の剣士による戦いを描いた時代劇漫画で、残酷で不気味な世界観が光る一作です。コミックス1巻の表紙絵を見ただけでも分かるように、結構生々しい傷とか血の滴る様子が描かれているので読者を選ぶような気も。

しかし「こんな時代劇漫画は見たことがない!」と思わされるほど圧倒されてしまう作品でもあります。そもそも隻腕と盲目で試合になるのかっていう部分もあるし、もっと言えばこの二人はそれぞれ健常者だった頃からの因縁だったりもするので、とにかく残酷な運命に心を打たれること間違いなし。

次々に強敵が表れて強さがインフレしていくという感じが一切なく、最初のライバルとの死闘を全15巻で描き上げている超大作です。グロが苦手じゃなければ絶対的におすすめ。

おすすめの動物漫画

しっぽの声

しっぽの声1
Ⓒしっぽの声

動物の悲鳴に耳を傾けて!!! 繁殖業者、生体展示販売、引き取り屋、殺処分………… ペット流通において、その命はどのように扱われているのか。誰かと共に生きたくて、生まれてきただけのペットが我々の想像を超える状況に置かれていることがある。声なき声に、力を与えるも殺すも人間。アニマルシェルターの所長を務める天原士狼と獣医師の獅子神太一は厳然と立ち向かう――

ただ単純に好きという感情だけでは簡単に飼うべきではないペットたち。散歩が必要になったり病院に連れて行かなきゃいけなかったりで、時間もお金も必要とするので飼う前にはそれなりの覚悟が必要です。

でもそれって命と向き合う上では当たり前のことだと思うんだけど、どうしてもそこまで考えが及ばない人もいるわけで…。そして命の尊さみたいなものを考え始めると、矛盾のようにして浮き上がってくるビジネスとしての動物の命に何かを思わずにはいられません。

もしトイプードルが飼いたいなら「犬が好きなのか、トイプードルが好きなのか」みたいな部分も含めて、めちゃくちゃ考えさせられる動物漫画と言っていいでしょう。

関連記事「しっぽの声」を読んだ感想・レビュー

著:夏緑, 著:ちくやまきよし, 著:杉本彩

おすすめのスピンオフ漫画

中間管理録トネガワ(全10巻)

中間管理録 トネガワ1
Ⓒ中間管理録トネガワ

帝愛グループ会長・兵藤和尊(ひょうどう・かずたか)の命で、債務者たちによる「死のゲーム」の企画を任された幹部・利根川幸雄(とねがわ・ゆきお)!! 早速、企画会議を開く利根川を待っていたのは、受難…!! 煩悶…!! そして絶望…!! 会長と黒服の間で苦悩する利根川を描く、悪魔的スピンオフ、始動……!!

  • このマンガがすごい!2017オトコ編 第1位

カイジシリーズに登場した最強のライバルの一人・利根川幸雄にスポットを当てた作品で、絶対的な会長の部下であることの苦悩、大量の黒服(部下のモブたち)に悩まされる日々を痛快に描き上げた一作です。

本編では絶対に見られない利根川の裏側を覗くことができるので、カイジシリーズのファンにはたまらない内容と言っていいでしょう。あれだけ裏の裏を探ったりしていたような天才策士が、まさか部下の名前が覚えられないってことで四苦八苦しているとは…。

世の中の中間管理職に就いている人も共感できるような内容になっていて、色んな読者が共感できるという部分も大きな見所です。カイジシリーズが好きな人は押さえておいて間違いなし。

関連記事「中間管理録 トネガワ」を読んだ感想・レビュー