まとめ サスペンス・ミステリー ジャンル別まとめ

徐々に真相に迫るスリルが最高!面白くておすすめのミステリー、サスペンス漫画を紹介する

更新日:

張られた数々の伏線、徐々に明らかになっていく真相がたまらない!

普通に読んでいるだけでも、息の詰まるようなスリルが感じられ、それだけではなく真相に辿り着いた時の爽快感といったら、このジャンルならではの醍醐味と言っていいでしょう。

ここでは面白くておすすめのミステリー、サスペンス漫画を紹介します。

※連載中、完結済みの区別はしない。

スポンサーリンク

アドセンス

マイホームヒーロー

娘の危険を察知した父親が娘の彼氏を殺し、妻と共同でその死体を隠すところから始まるミステリー作品。

主人公はどこにでもいそうな気の弱いお父さんなんだけど、推理小説とかミステリー小説を書くのも読むのも好きってことで、色んなトリックに精通してるって部分が大きな見所です。

殺すことになってしまった娘の彼氏もヤバイ奴で、謎の組織から命を狙われることになったっていう展開もスリルを感じるし、普通に「殺人者を描いた作品のタイトルがマイホームヒーロー」っていう皮肉じみた感じも好き。

自分の娘の命を守るためとは言え、人を殺めてしまった一家の主が今後果たして幸せになれるのかどうかって部分も大きな見所だと思う。

 

noise【ノイズ】

「予告犯」「有害都市」などで知られる筒井哲也先生の新作サスペンス漫画。

本作は小さな村にスポットが当てられていて、村の特産品がTVで取り上げられてふるさと納税などによって財政が潤ったかと思いきや、良いことばかりではなく不穏分子も呼び寄せてしまったって感じのストーリーです。

すごく展開が速くて、出し惜しみみたいなのが一切ない。息の詰まる展開が続いて、読者に息をする暇を与えないという感じの展開の速さは本作ならではの魅力だと思う。

過疎化した村で起きた事件っていうことで、田舎住みの僕としてはどこか「明日は我が身」のように感じる空気感も、本作の虜になった理由の1つかも。

 

血の轍

テーマは「毒親」で、息子も息子でちょっとおかしい感のある、とある一家にスポットを当てた作品。

マザコンなんてのはまだ可愛いもんで、ここまでいくと普通に引く。別にグロシーンがあるわけじゃないのに、読んでいて気持ち悪いって思わされるのは正直すごいとしか言いようがないです。

で、気持ち悪いんだったら読むのやめりゃーいいじゃんって思うんだけど、やめられない止まらない…。新しい雰囲気の火サス、昼ドラって感じでメチャクチャ夢中にさせられてます。

僕の友達にも、なんかあればすぐに「ママー」っていくトンガリ(キテレツ大百科参照)みたいな奴がいたけど、それとは比較にならないもんね。

良い意味で怖いもの見たさのようなものが刺激される作品です。

 

御手洗家、炎上する

13年前に自分の家に火を付け、全てを奪っていった女に復讐する物語。炎上っていうのは心の奥で燃えている復讐の炎かと思いきや、思いっきり家が燃えてました。

放火魔(と思われる人物)が主人公の父親と結婚するって展開もサスペンスっぽいし、親の離婚を機に家を出て行った主人公が13年の時を経て、偽名を使って元自分の家に家政婦として潜入するって展開もワクワクする。

自分の復讐を果たすために、かつての放火魔の息子に接近したりとか、少しずつ攻め入っていく感じのサクセスストーリーなんかも見応えがあって面白いです。

ここまでいったらハッピーエンドなんてぬるいことは言わずに、思いっきり大炎上して欲しい。

 

ミステリと言う勿れ

本作をミステリー作品として紹介していいものかどうかメチャクチャ悩んだけど、ここで紹介します(タイトルはミステリに分類するなって言ってるけど)。

非常に新感覚のストーリーで、簡単に言うと屁理屈と正論を並べて相手を説き伏せるというか論破するような感じ。特に笑いがあるわけでもなく、終始ずっと殺伐しているというわけでもない。

よく「あー言えばこー言う」って感じの口が上手い人っているじゃないですか?あんな感じの人を第三者視点から楽しめるって感じですね。

言い回しもすごく面白いし、冤罪で拘束されたと思ったら取り調べ中に警官を言い負かして真実に辿り着くとか、推理小説もビックリの胸熱展開でしょ。この先がすごく楽しみな作品です。

 

ギフト±

臓器売買をテーマにした、アンダーグラウンド感満載の作品。ちょっと怖い裏社会モノが好きな人なら、間違いなくハマると思う。

ターゲットとなる人物には、命の価値をわかっていない人間や更生しない犯罪者が多く、あまり胸糞が悪くなるような感じはないです。

それでも生きたまま内臓を取られるシーンなんかがあるので、グロ耐性がないと読めないはず。でも、この作品を通じて社会に何かを訴えている感がすごいんですよね。

主人公が女子高生ってのもミステリアスで最高。主人公の立ち位置が義賊っぽいので、ハッピーエンドも残されてるのかもって考えると、結末も楽しみで仕方ないです。

 

サマータイムレンダ

溺れていた少女を助けようとした幼馴染が水難事故で亡くなってしまい、主人公が2年ぶりに故郷に帰郷するところから始めるサスペンス漫画です。

溺れて死んだと思っていた幼馴染は、検死の結果「首を絞められた跡」があったということが分かり、他殺の可能性が浮上します。

そして物語はドッペルゲンガーのような影の存在によって、加速的に謎が謎を呼ぶ展開へと進み、ここまできたら本作から抜け出せなくなるほど夢中にさせられてしまうはず。

主人公が殺されてしまったら、記憶を残してニューゲームという概念があるので、決してリアリティのあるサスペンスじゃないけど、タイムリープの概念が苦手じゃないならぜひおすすめ。

 

ROUTE END

家の中で死亡し、しばらく経ってから発見された場合の汚れや悪臭などを掃除して元通りにする特殊清掃員が主人公のサスペンス作品。

殺した人間を「END」の形になぞらえてバラバラにするという猟奇的な事件の中で、恩師が殺されたり、犯人と思われる人間のDNAが死亡した被害者と一致するなど、少年漫画というより青年漫画寄りの組み立てじゃないかと思う。

結構グロいってレビューが多かったけど、遺体がバラバラになっているとは言えなまめかしい描き方がされているというわけでもなく、人形っぽく見えるし個人的にはあまりグロいとは思わなかったです。想像力が高いとアレかも。

 

クロコーチ

警察官を題材にした作品といえば、難解事件の解決に迫ったりとか凶悪犯を逮捕したりとかの正義色が濃いような気がするんだけど、そういう意味でも本作は異色。

正義とは程遠く、実際にこういうことがあったらやばいだろうなぁという所業を繰り返す警察官が主人公で、ちっちゃい悪を積み重ねて得た力を基に巨悪を潰すというもの。

ダークヒーローにしちゃ小悪党過ぎる部分とか、ダーティーな雰囲気から抜け出せていない部分が逆に魅力。

 

ネメシスコール

何らかの目的をもって、とある高校の建物・敷地・設備を狙っている宇宙人との戦いを描いたオカルト×サスペンス。

宇宙人は目に見えず、しかも相当火力の高い兵器を所有しているということもあり、主人公たちは悪戦苦闘を強いられています。その戦力差をどうやってひっくり返していくのかが楽しみ。

あとは、宇宙人が何の目的を持っているのか。主人公と宇宙人との因果関係など、気になる要素が満載です。

恐怖感はあんまりないけど、グロいし気持ち悪い。キモ面白い。

 

リバーシブルマン

ウラガエリと呼ばれている変死体を巡るパニックホラー。内側から裏返っている変死体を、人は「伝染病」あるいは「臓器売買の成れの果て」と呼んでいるんだけど、その真相に迫る物語。

物語はかなりヘビーでグロい印象。主人公という主人公が用意されていないのか、オムニバスにも近いような形式で進むので読みやすい。

所々にエロいシーンも出てくるけど、そんな気持ちにはならないくらいダークな雰囲気を持っています。

 

MONSTER(全18巻)

ヨーロッパを舞台に活躍する日本人医師が、結果的にモンスターの命を救ってしまうという戦慄のサイコサスペンス。

人の命を救ったことがキッカケで激動の渦に巻き込まれていくという展開もそうだけど、自身がモンスターを目覚めさせてしまったという自負の念に駆られて自身で決着をつけに行くって展開がハラハラしていて最高。

コミック史上最高のサスペンスという謳い文句に偽り無し。サスペンスという括りじゃなくても大好きなマンガの1つですね。

コミックスなら全18巻、完全版なら全9巻で、kindle版は現時点ではありません。

 

デスノート(全12巻)

顔を知っている人間の名前をノートに書き込めば、その人物を殺すことができるという「デスノート」を巡るサスペンス漫画。

デスノートの持ち主に名前がバレたら殺されるから、警察関係者が名前を隠しながら捜査していくって部分も見応えがあるし、そのうち「顔を見れば名前が分かるようになる」っていうチート能力も手に入れたりして、ますます目が離せない展開が憎いです。

 

個人的には途中から何でもアリになってきたような感じが、ちょっと残念な気もしなくもないけど、スリルがとにかくハンパ無いし、間違いなく名作の1つだと思う。

本作を読んだ人なら、ノートに担任とか顧問の名前を書いたはず。

 

刻刻(全8巻)

時間を止めることができる一族と、その能力を求めた人間たちの争いの話。

最初は「え?どういうこと?」と思うようなシーンの連続だけど、登場人物たちも手探りということもあって、少しずつ謎が解けていく感じがとにかく面白い。

「止まった時間の中にいる人間に危害を加えることはできない」「止まった時間の中で動ける人間を置いていけない」などの縛りも上手く溶け込んでいると思う。

 

幽麗塔(全9巻)

昭和29年の神戸を舞台に描かれる、ホラー色の強い本格ミステリー。ニートと謎の美青年(正体は女)が幽霊塔の謎に迫るというもの。

少しレトロな雰囲気を感じさせる世界観と猟奇的な事件が非常にマッチしていて、謎が謎を呼ぶ展開にグイグイ引き込まれること間違いなし。

終わり方も秀逸で、全9巻があっという間に感じるんじゃないかと。推理小説とかが好きなら間違いなくオススメ。

 

君のナイフ(全10巻)

「人を1人殺して500万円貰えるとしたら?」と聞かれても大抵の人は断ると思うけど、本当にお金に困っている状況にそれを持ち掛けられて、かつ殺人の対象が人殺しとかの犯罪者だったらどうだろう…という悪魔の囁きがテーマ。

単独犯ではなく、見ず知らずの人間と協力しながら計画を進めなきゃいけないことの不思議さも相まって、終始ミステリアスな雰囲気がたまらないです。

そして人を殺めた自分自身もまたれっきとした殺人犯であるという事実ね。色んな意味で深い全10巻だと思う。

 

僕たちがやりました(全9巻)

「人生そこそこでいい」が座右の銘とも取れる男子高校生たちが、不良にやられた腹いせに軽く仕返しをしようと思ったら、それが思わぬ形で悲劇を生んだという物語です。

本人たちはきっと「そんなつもりじゃなかった」って言いたいだろうけど、被害者からしたらそんなんで許せるわけもなく…。

警察は警察で色々調査をしてるけど、それを上手くかわしつつ、かと言って「このまま黙ってていいのかな?」という葛藤などに大きな見応えがあります。

序盤は男子高校生特有のノリなんかも出てきて、登場人物たちが馬鹿丸出しなんだけど、意外と重いストーリーで見応えのあるサスペンス×青春譚です。

 

サイレーン(全7巻)

次々と起こる不可解な事件と、それらの現場に現れる謎の女を巡るサスペンス。

主人公は隠れながら職場内恋愛を育む2人で、とあることがキッカケで事件の捜査上に浮かんできた謎の女と接点を持つことになるんだけど、それが思わぬ事態に発展するっていう感じ。

次に何が起こるのかっていうドキドキ感がたまらないし、美人局じゃないけど女が男を騙す手口みたいな心理描写もうまく表現されてると思う。実写化されたのも納得です。

 

七夕の国(全4巻)

サスペンスって括りにしていいものかどうかが微妙なんだけど、怪奇事件の真相に迫るという意味ではそれっぽい色も強いと思う。

超能力を持つ血筋がテーマになっていて、徐々に明らかになっていく謎との融合が見事。練りに練られて完成した全4巻と言っても過言ではないです。

「寄生獣」「ヒストリエ」が有名な岩明先生だけど、本作も見逃すなかれ。

 

童夢(全1巻)

「AKIRA」で知られる大友先生が手掛けた、1巻完結のサスペンス。

訳の分からないうちに物語が進行することもあって、最初は意味が分かんなかったけど、何度か読んでみてこの作品の凄さに気付いた。

まず舞台となっている団地の空気がすごい。殺伐としているというわけじゃないのに、やたらと恐怖心を煽ってくるんですよね。これが30年以上前の作品だとは…。

 

告白~コンフェッション~(全1巻)

雪山で一緒に遭難した男が、過去に殺人を犯したことを告白するところから始める本格派サスペンス。

まさか助かる可能性が残されていたとは思わず、懺悔のつもりで告白したつもりが仇になったという話です。

知られたくない秘密を知られてしまったということで、口封じをするかどうかという緊張感がたまらないし、息するのを忘れるくらいの緊張感があると言っても過言じゃないかと。

全1巻なのにジワジワ迫ってくる恐怖感みたいなものが巧みに表現されていると思う。そして、相手の男の「言わなきゃよかったー」って心の叫びが聞こえてくる。

 

生存~LifE~(全3巻)

妻を亡くし娘も14年前に行方不明。自分自身もガンに侵されていて、自殺しようとしていたタイミングで14年前に行方不明になっていた娘の遺体が見つかるというスタートを切るサスペンス漫画。

時効を間近に控えているものの、ここで死ぬくらいなら事件の真相を突き止めてやるという父親の執念が凄まじい。

全3巻でわかりやすくまとまっているし、最後のハラハラ感は流石ですね。前項で紹介した「告白~コンフェッション~」もそうだけど、福本先生とかわぐち先生の合作はまた読みたい。

 

雪人(全5巻)

個人的にはタイトルで損をしてるんじゃないかと感じているミステリー漫画。

秋田出身のマタギの血を引く青年が主人公で、自分の父親を殺した男を探すために刑事を辞めて上京してくるって話です。

田舎者って部分を見抜かれてなのか何なのか、都会の罠に嵌まったりしながらも信念を持っている主人公が超カッコイイ!人によっては「マタギになりてー」って思うかも。

物語が全5巻で綺麗にまとまってるし、読み応えもあり。「未解決事件は、警察の都合が悪いから犯人を逮捕しないだけなんじゃないの?」とか考えちゃうような人なら、すごく楽しめると思う。

 

予告犯(全3巻)

「警察の前で小麦粉の入った袋を置いて逃走する」というような事件が発生する現代にとって、非常にタイムリーな作品。ネット動画を通じて制裁予告など、神を気取るシンブンシと呼ばれる男たちの物語です。

例えばファミレスとかで「通称Gを調理してみた」とかやる馬鹿いそうじゃないですか?そういう奴に制裁を加えていくって感じ。

私刑なんて許されることじゃないけど、自分が被害者の立場に立ったら何となく気持ちは分かる部分もあったりして、色々と考えさせられました。

そして単なる愉快犯じゃないってのも本作の大きな見所。シンブンシなりの信念を持ってこういう行動をしていたって部分までが一本の線で繋がった時に、多くの読者が驚愕することでしょう。

 

マンホール(全2巻)

寄生虫を巡るホラーサスペンス。バイオテロの恐怖感が大いに感じられる作品です。

怪死する人たちもそうだし、所々にグロいシーンが出てくるけど、それにはちゃんと意味があるように思える。いたずらに恐怖心を煽るんじゃなくて、少しずつ恐怖が迫ってくる感じの演出が巧みです。

とりあえずYoutubeでフィラリアとか調べ出したら、もはや本作の虜。

 

天獄の島(全3巻)

死刑が廃止されて、島流しという新しい刑罰が行われている日本を舞台にしたサスペンス漫画。

最初は「島流しに遭った荒くれ者たちのサバイバル漫画かな?」とも思えるんだけど、実は主人公は自分の親を殺した人間を追って、わざと島流れされてきたって経緯があります。

徐々に真相に迫っていく感じもいいし、巨悪な力が関わっていたって真相も僕は好き。

 

三億円事件奇譚 モンタージュ(全19巻)

ある日、唐突に自分の父親が三億円事件の犯人かもしれないことを知らされた主人公を巡る列島縦断クライムサスペンス。

個人的には三億円事件について「白バイに乗った警察官のフリをした犯人が、テキパキと現金輸送車をパクってった事件」程度にしか知らないんだけど、こういう線の真相も考えられるという感じで読めば面白いと思う。

昭和の未解決事件の真相に迫る系のフィクションが好きならぜひ。

 

罪の声 昭和最大の未解決事件(全3巻)

こちらも昭和時代に起こった未解決事件をテーマに描かれるミステリー作品。

全3巻ながらにも色んな人物の思惑が交錯していて、ちょっとした出来事がキッカケで物事が次々と線で繋がっていく感じが面白いです。

グリコ・森永事件の真相に少しでも迫ってみたいという人はどうぞ。

 

ウツボラ(全2巻)

文学的な雰囲気を醸し出しているサイコサスペンス。

小説家の主人公、頭のない死体、死んだはずの人間、盗作疑惑…。無駄が一切なくて洗練されている全2巻です。

恐怖を感じるというよりは、ただひたすらに真相が気になる感じ。全2巻で圧倒的なスケール感を見せつけられたような気がする。

 

ミュージアム(全2巻)

猟奇的な殺人犯と、それを追う刑事の姿を描いた作品。私刑をテーマにしていて、簡単には殺さずに何かしらのテーマで殺されてしまう部分に強い恐怖を感じます。

殺される人たちの共通点、そして犯人が雨の日しか現れない理由など、少しずつ謎が解き明かされていく感じが面白い。要グロ耐性。

通常版なら全3巻、新装版なら全2巻。

 

横浜線ドッペルゲンガー(全4巻)

本作の主人公は、冤罪で死刑を言い渡された死刑囚。これはただのサスペンスではなく、タイムスリップして11年前の自分と共に、自分をハメた真犯人を探すという物語です。

主人公は芸術家なんだけど、芸術家ゆえの感性が少し不気味というか唯一無二の魅力に仕上がっていると思うし、コマ割りが大きくて迫力もある。

全4巻で一気に駆け抜けてくれるし、綺麗にまとまっているのも大きな魅力。

 

あとがき

ミステリー&サスペンスが持つ魅力、徐々に迫ってくる恐怖は病みつきに。

アドセンス

アドセンス

-まとめ, サスペンス・ミステリー, ジャンル別まとめ

Copyright© 漫画オススメ.com , 2019 All Rights Reserved.