まとめ 巻数別まとめ

全20巻以内で完結する面白くておすすめの漫画を紹介する

更新日:

全20巻以内に完結したおすすめ漫画のまとめです。

本記事のメインコンテンツは全11巻~全20巻に完結したおすすめの作品で、それ以下の巻数で完結した作品は別記事にまとめてあるので、以下にリンクを貼っておきます。

 

スポンサーリンク

アドセンス

柔道部物語(全11巻)

柔道マンガと言えば「帯をギュッとね」「YAWARA」が人気だと思うけど、僕の中では断トツで柔道部物語。絵も上手いし、ストーリーも面白いし、笑えるし…最高作品だと思う。

主人公の強さも嫌味が無いし、わざとらしさも感じない。魅力的な登場人物も多いし、本当の意味で笑いあり涙ありのスポーツ漫画です。

 

僕個人の好きな漫画ランキングを組んだら、間違いなくトップ10に入る作品で、色んな人がランキング組んでるけど、なんで本作がランクインしていないのかが不思議なくらい。

続編というか完全に新しいストーリーとして「女子柔道部物語」という作品も連載中なので、そちらもおすすめです。

 

四月は君の嘘(全11巻)

ある出来事がキッカケでピアノが弾けなくなってしまった元・天才ピアニストの少年が、とあるヴァイオリニストの少女と出会うことで、止まっていた運命が動き出すというストーリー。

 

クラシックの「ク」の字も知らない僕でもハマった作品だから、ピアノとか全然興味がない人でも楽しめると思う。

新川先生は絵も綺麗だし、心理描写が巧いですね。

新川先生が書いている女子サッカー漫画「さよなら私のクラマー」もおすすめ。

 

ぼくらの(全11巻)

地球外から来た敵をロボットに乗って排除することを目的とした、バトルアクションが見所のSFファンタジー。

 

しかし、通常のロボット×バトルアクションと違って、地球の命運が掛かっているだけではなく、戦いに勝っても操縦者は死んでしまうという、残酷なルールが際立っている作品。

 

最初から最後まで不条理さが付きまとい、何かを思わずにはいられないです。それぞれを取り巻く環境や、パイロットの個々に注目して読んでみてほしい。

 

銀と金(全11巻)

裏社会で巨万の富を得て、日本を牛耳ろうと考えている男たちの物語。

金稼ぎの場面では色んな賭け事を行うんだけど、随所にカイジの原点を感じる。ギリギリの橋を渡っている感じというか、ヒリつく展開がたまらない。

 

ギャンブルとか勝負事が好きな人なら間違いなくハマるであろう作品です。

札束を橋にして3枚の絵の中から本物を当てるなんて、発想がもはや神。

 

BLOODY MONDAY(全11巻)

マンガのテーマとしては斬新とも言える、ハッカー×テロリストの戦いを描いた作品。

 

高校生ながらにして警察機関が一目を置く存在であるという部分や、弓道部が弓でテロリストと戦うシーンなど、色々言いたくなる読者が多いのも頷けるけど、テロリストの切り札がウイルスって部分は面白かった。

 

続編としてseason2、そしてラストシーズンへ。

ちなみに僕の中では、すごい勢いで失速していったように感じています。

 

Y十M ~柳生忍法帖~(全11巻)

徳川三代将軍・家光が治めている江戸時代を舞台にした物語。

山田風太郎×せがわまさきという神タッグはバジリスクで知ったんだけど、やっぱ本作も面白いです。

 

加藤明成に逆らったということで堀主水一族が処刑され、残された娘たちが柳生十兵衛の手を借りて復讐に生きるというもの。

 

相手は七本槍って呼ばれてるくらい屈強な男たちで、柳生十兵衛の手助けがあるとは言え、戦力差は明白。

それをどうひっくり返すのかが非常に大きな見所となっている作品です。

 

ヨルムンガンド(全11巻)

武器商人のココと少年兵ヨナを中心とした、施設軍隊が繰り広げるガンアクションを描いた作品。

 

女商人と少年という非常に珍しい組み合わせの主人公も魅力的だし、両親を戦争で失って武器や兵器を心底憎んでいるはずのヨナが、武器商人と行動を共にするという何とも言えない設定も魅力的。

 

クローズZEROⅡ(全11巻)

不良映画としては劇的なヒットを飛ばした、クローズZEROの続編をコミカライズした作品。

前作に比べて絵が格段に読みやすくなったので、ケンカのシーンにもちゃんと躍動感が感じられるようになりました。

 

シナリオは映画版に+αの要素が追加されていて、ままで映画と一緒というわけではありません。それについては賛否両論あるので、受け入れるか受け入れられないかは貴方次第です。

 

DEATH NOTE(全12巻)

名前を書くとその人物を殺すことができるノートを巡る物語。

誰もが似たようなことを考えたことがあるっていう設定にも魅力を感じるけど、何よりも主人公が悪属性なのがたまらないし、相手との腹の探り合い、心理戦という意味ではすごく面白いです。

 

デスノートのルールも上手くできてるし、文句の付けようがない作品だと思う。

本作を読んだ人なら「デスノートがあればなぁ…」と、良からぬことを考えたことがある人も多いはず。

で、本作を読んだら、ムカつく奴の名前をとりあえずノートに書いてみるよね(良い子はマネしないように)。

名シーンは色々あるけど、個人的には「ジョバンニが一晩でやってくれました」ってセリフが好き。

 

ラフ(全12巻)

「タッチ」「H2」などで知られるあだち充先生が描いた水泳マンガ。あだち先生らしく、眩しいくらいの青春ストーリーに仕上がっています。

普通はスポーツ漫画に変に恋愛要素を入れられると「余計な事しないでよ」って思うんだけど、あだち先生のバランスは完璧。

 

終わり方に関しても、気付いたら甲子園優勝してた的な終わり方も好きだし、これから甲子園の決勝戦に臨みます的な終わり方も余韻があって最高。でも本作の終わり方には敵わない。

ワイド版だと全6巻で揃います。kindleで出たら買いたい作品の1つです。

 

チーズスイートホーム(全12巻)

子猫を拾ってきて、一家の一員として一緒に暮らす様子を描いたハートフルな作品。

設定が子猫ということもあって、赤ちゃん言葉のような喋り方をする猫なので人によっては受け付けないかもしれないけど、個人的には可愛く映りました。

 

ぶっちゃけ結末は「もうちょっと何とかならなかったの?」って感じで少し残念。

でも普段から可愛いシーンに溢れているので、猫好きなら存分に癒されるかと。

 

宮本から君へ(全12巻)

サラリーマンで熱い男・宮本の仕事や恋愛事情を含む日常を描いた作品。

熱いっちゃ熱いんだけど、すごく不器用で優柔不断な宮本の姿をどう捉えるかで評価は大きく分かれます。

 

宮本は「こんな奴いないよ」って思うほどのキャラで、読んでてイライラするって気持ちも分かるし、身近にいたらドン引きしてると思う。

それでも一生懸命な姿が光っているというか、ここまでやってダメなら諦めも付くってくらい必死なのがカッコイイ。

僕みたいな中途半端な人間には痛いくらい響いてきました。

 

JIN -仁- (全13巻)

脳外科医が幕末の時代にタイムスリップしてしまうというストーリー。

 

タイムスリップ作品ということで時代的な背景も楽しめるし、医学的な面でも面白い。医療器具とか無い時代でも、うまいことやるなぁと思わず感心してしまうほど。

 

漫画には漫画の良さがあって、実写には実写の良さがある作品。

関係ないけど、福田彩乃さんのモノマネが頭から離れないのも一興です。

 

出るトコ出ましょ!(全13巻)

萌え要素満点の法律コメディー。漫画を読みながら楽しく法律が勉強できるという意味では、すごく貴重な作品じゃないかと思う。

 

弁護士が介入するような案件が多々登場することもあって、憎たらしい人も多く出てくるんだけど、クロサギのような殺伐とした感じはないし、雰囲気は終始和やかなのも特徴です。

 

主人公の女の子が正義感に溢れていて、肝心の弁護士がアレっていうのも個人的にはアリ。

 

ひまわりっ ~健一レジェンド~(全13巻)

こちらも東村アキコ先生が描く痛快コメディー。

「かくかくしかじか」の舞台になった美大を卒業した後、父親と同じ会社に入社してからの自伝的な作品です。

 

とにかく風変わりな父親にスポットが当たっていて、読者によっては「お父さんのキャラが受け付けないから、この作品だけは好きになれない」という意見もあるくらいなんだけど、僕はウチの父親に似てるとこもあって「あるある!」という方向に転がったから楽しめました。

 

ただ身近にいたら苦労することは確実な「空気が読めない人種」であることは間違いないので、感情移入しすぎて腹が立っちゃう人は楽しめないかも。

 

賭博黙示録カイジ(全13巻)

ギャンブル漫画の金字塔と言えばカイジ。

そのカイジの中で先駆け的な存在なのが本作です。借金の取り立てに追われて、一発逆転のギャンブル船に乗るというストーリー。

 

カイジシリーズは〇〇録だの〇〇編っていう区切りを付けてるから、どの順番で読めばいいかわかりにくいんだよなぁ。

本作で行われるギャンブルの内容は、限定ジャンケン、鉄骨渡り、Eカードなど。

 

個人的に鉄骨渡りはあまり好きじゃないけど、他は心理戦の要素も強くて見応えがかなりあると思う。

 

賭博破戒録カイジ(全13巻)

賭博黙示録カイジの続編。結局ギャンブル船では借金を返せずに、強制労働施設に送られてからのストーリーです。

本作での大逆転劇は本当に凄まじい!

労働施設を抜け出すためにチンチロリンでお金を稼いで外出権を手に入れ、地上に出てから闇カジノという流れには、ギャンブラーでなくとも惚れ惚れするはず。

 

特に1球4000円のパチンコ「沼」の攻略はマジで熱い。

これはパチンコをやらない人でも楽しめると思うし、パチンコをやる人なら言うまでもないですよね。

 

銀行強盗とか脱獄とか、大それたことを行うには事前準備が必要じゃないですか?

そういう計画段階のプロセスが好きな人ならメチャクチャ夢中になると思います。

 

賭博堕天録カイジ(全13巻)

賭博破戒録カイジの続編。今回は特殊ルールの麻雀がテーマ。

「麻雀はアカギやってるんだから、わざわざカイジでやらなくても…」って思ったけど、これがなかなか面白いです。

 

麻雀が好きなら楽しめるし、最後に相手をハメるまでの流れは圧巻の一言。ただ、麻雀を知らないと楽しめないと思う。

ちなみに本作の続編として「賭博堕天録 和也編」「賭博堕天録 ワン・ポーカー編」って続くけど、こっちはあまりおすすめしないです。

 

ノノノノ(全13巻)

スキージャンプを題材にしている目新しいスポーツ漫画。

個人的にはあまりマンガになっていない競技やお題を取り上げている作品が好きということもあって、夢中になって一気読みしました。

 

内容は、スキージャンプという競技で女子がまだオリンピックに出られなかった時代に、主人公の女の子が男に変装して金メダリストを目指すというもの。

女であることを隠して男に混じって活動していく様子は既視感があるけど、スキージャンプってだけでとにかく新鮮に感じられる大きな魅力があります。

 

ROOKIES(全14巻)

不良と野球のコラボ。正統派のスポ根って感じじゃないけど、メチャクチャ熱い物語。

実写化もされたし、本作の影響を受けてか不良がスポーツをやり出すと「〇〇版ルーキーズ」って言われるようになった気がします。

 

顧問が熱血教師で「こんな先生だったら学校も楽しかっただろうなぁ」と思える感じが最高。

描いたのは「ろくでなしBLUES」などで有名な森田先生なので、絵の躍動感もハンパ無い野球漫画です。

 

エンゼルバンク(全14巻)

超ロングセラー商品の「チョコ〇ール」にちなんだ、金のエンゼルと銀のエンゼルを売買して利益を生んでいたという、非常に分かりやすい例えから始まる転職系漫画。

 

需要と供給の関係とか、30歳を超えてからの転職事情がバッサリとした切り口で描かれています。

個人的には、傷を舐めるような自己啓発本よりも断然参考になると思う。

 

悩みぬいた末に仕事を辞めようかどうか悩んでいるという人にはおすすめしないけど、一時の感情で「こんな会社辞めてやる!」ってなってる人には文句無しにおすすめです。

 

GRAND SLAM(全14巻)

拳法を10年間続けたことが誇りの野球初心者が主人公。

始まりは「甲子園に行くのに初心者は邪魔だから辞めてくれない?」というお約束の煽りで、少年漫画かと思ったらヤンジャン連載でした。

 

グランドスラムってタイトルなのに主人公がピッチャーっぽいので「最終的には4番ピッチャーになる主人公が、9回裏に満塁ホームランでラストを飾るのかな?」なんて思ってたら、当たらずとも遠からずっていうね。

 

拳法をやってたってアピール通り、所々に体の使い方とかに関する解説があって「拳法のこういう部分が野球に応用できる」的な個所があるんだけど、それは超斬新です(本当かよって思うけど)。

 

シグルイ(全15巻)

片腕の剣士と目が見えない剣士の因縁の戦いを描いた作品です。

結構グロいし、絵が好みじゃないという理由で敬遠してしまう気持ちもわかる。

 

僕も絵が好きになれなくてしばらく読んでなかったけど、試しに1巻だけ読んでみたら一気に引き込まれた。とにかく濃い!そして重い!

「これが武士道か」と思わずにはいられない、至極の残酷無残時代劇です。

 

ごくせん(全15巻)

ヤンキーが先生になるという設定で社会現象にもなった漫画が登場したかと思ったら、今度は極道が先生になった。

 

実写化もされて話題になったけど、僕としてはマンガの方が安定しているというか、女性としてのか弱さみたいなのが隠されててイイ感じだと思う。

 

男勝りな部分も兼ね備えつつ、年頃の女性らしさもありつつ、色んなことを隠しながらも教師をやっているミステリアスさなんかが上手く融合している作品です。

 

ジョジョの奇妙な冒険 第3部(全16巻)

長きに渡って続いてきたジョースター家とDIOの戦いに終止符が打たれた作品。

序盤にDIOとのこれまでの関係について簡単に説明してくれているので、ここから読み始めてもOKです。

 

しかも、第3部からスタンドという概念が登場したということもあり、ジョジョ=スタンドという意味では、全シリーズを通じてここが第2のスタートという考え方もできると思う。

 

最初から最後まで目が離せず、よくありがちな「死んだと思った人間が生きていた!」みたいな展開の使いどころを心得ているというか、とにかく夢中にさせられます。

 

「波紋が面白かった!」って言えば通っぽいけど、僕はやっぱりスタンドが面白い。

「俺が時を止めた」とか言ってみたい。

 

ギャングース(全16巻)

被害届を出されないように不良しか狙わない不良がいるように、本作で描かれているのは犯罪者しか狙わない窃盗団の話です。

 

いわゆる裏社会を描いた作品で、フィクションながらも手口のネタは実際にあったものということでリアリティがハンパ無い。

思わず「へぇ~」と言わされるような情報も多く、知識欲を満たすという目的も果たせるし、まさに一石二鳥。

 

裏社会を描いている割にグロいわけでもなく、コメディータッチで進行しているという点も貴重な作品です。

 

孤高の人(全17巻)

圧倒的なスケール感で描かれている山岳ロマン。

僕はクライミングとかボルダリングに全然興味がなかったけど、すごい世界なんだと痛感させられました。

 

風景のシーンとか、台詞の無い大きいコマも珍しくなく、普通であれば駆け足で流してしまいそうなものなのに、息を呑んでしまうほどの迫力があって、終始圧倒される読者が続出すると思う。

 

あと「孤高の人」ってタイトルもマッチしていて、最初は「孤独を好む主人公が、仲間と一緒に協力して未知の領域に登頂することで、友情の大切さに気付く」的なよくあるやつだと思いきや、自分の考えの浅はかさに恥ずかしさを感じたほど。

 

とにかく凄い作品です。

 

ジョジョの奇妙な冒険 第5部(全17巻)

ジョジョをここから読もうと考える人はまずいないだろうけど、スタンドの概念さえ分かっていれば、ここから読んでもすんなり入っていけると思います。

 

ただ、3部や4部と比べてスタンドの概念が複雑になっていて、ぶっちゃけよく分からない能力も幾つか(時間を止めるまではよかったけど、時間を飛ばすって何よ)。

 

個人的には、これまではジョースター家の血筋にスポットが当たっていたのに、少し掟破りと言うかセオリーじゃないカタチに痺れました。

主人公の血筋といい、世界観といい、外せない名作です。

 

カラダ探し(全17巻)

友人のカラダのパーツが校舎中に散らばってるんで、それを集めて棺に納めてあげよう的な流れ。

 

夜の校舎ってだけで雰囲気もあるんだけど、1番の問題は「赤い人」と呼ばれる幽霊的な者から直接的な邪魔が入るという点です。

これが「ホラーが苦手な人なら読めないんじゃね?」って思うくらい、メチャクチャ怖い。

 

主人公は男女6人のクラスメートで、この全員が赤い人に殺されてしまったら、それまでに集めたパーツと死ぬまでの記憶を残して、前日からやり直しっていうタイムリープ要素もあります。

 

「死んでも生き返れるとは言っても、痛いし死にたくない」っていう感情から、足の引っ張り合いが起こって、それが原因で揉めたりするシーンもリアリティがあって面白いです。

一応、続編の「カラダ探し 解」へと続きますが、本作は本作で綺麗に着地しています。

 

MASTERキートン(全18巻)

漫画としては非常に珍しい、考古学がテーマになっているサスペンス作品です。

 

失礼かもしれないけど、考古学なんて難しいテーマで漫画を描いて、ここまで面白くなるなんて夢にも思わなかった。これには浦沢先生の凄さが痛いほど表れていると思う。

 

主人公が考古学者にして元軍人で探偵で保険調査員という、唯一無二の経歴なのも面白い。間違いなく傑作です。完全版だと全12巻で揃います。

 

MONSTER(全18巻)

MASTERキートンに続き、こちらも浦沢先生の作品で、史上最高傑作という呼び声も高いサイコ・サスペンス。

医者として当然のように人の命を救ったら、救われた命の持ち主がとんでもないモンスターだったという物語。

 

これまで何回読み返したか分からないくらい、メチャクチャ夢中にさせられたマンガです。

グロシーンとか拳銃を使ったドンパチとかを使わずして、読者に恐怖を感じさせるのってすごいと思う。間違いなく名作。完全版だと全9巻で揃います。

 

ジョジョの奇妙な冒険 第4部(全18巻)

実写化されたことでも有名になったジョジョの第4部です。

ジョジョは壮大なストーリーが魅力だから、できれば1巻から読むのをおすすめしたいけど、4部から読み始めても多分問題はないと思う。

 

スタンド能力にタロットカードの縛りがなくなって、実に多くの個性的なスタンドが登場したのがここから。

あー、ヘブンズドアー使いたい。それからトニオのお店に行ってみたい。

 

幽遊白書(全19巻)

妖怪と戦うバトル漫画です。最初はヤンキー漫画だったけど、気付いたらすっげースケールの大きなバトルに発展していくっていうね。

主人公の死から始まる物語というのが当時は衝撃的で、アニメと並行して夢中になりました。

 

富樫先生の世界観が十二分に感じられるし、バトルの迫力はもちろん、次から次へと強い奴が出てくるときのワクワク感は、さすが全盛期のジャンプを支えた作品だと思う。

そういや100%が最高なのに120%って概念が出てきたのは、恐らく本作の影響のはず(どっかの弟)。

 

LIAR GAME(全19巻)

騙し合いのゲームに参加した一部始終を描いたマンガ。心理戦、頭脳戦を描いた作品として有名で、実写化もされました。

 

色んなゲームがあったけど、途中からゲームの内容が一気に複雑になっていくこともあって、序盤がピークのように思えるのが残念。

 

僕の中では、1番最初の「金庫の中に入っているお金を奪えるかどうか」というゲームが、1番シンプルで1番面白かった。ここだけでもいいから、読んで欲しいです。

 

BOY(全20巻)

地上最強の主人公、魅力的な仲間たち、そしてちょっぴりHなシーンが魅力的なヤンキー・不良漫画。

 

脇役もみんなカッコ良くて、人気キャラ投票の時は誰に入れようか迷ったくらい、とにかく魅力的な仲間たちが多数登場します。

 

基本的には「仲間がやられる→仕返しに行く」というタイプの因果応報系だけど、敵が例外なくゲスいのでスッキリ感も味わえるでしょう。

 

クロサギ(全20巻)

詐欺師を騙す詐欺師の物語です。

ここだけ聞くと義賊っぽいけど、実は「過去に自分の家族を崩壊させた詐欺師を探している」という、ちゃんと利害関係が一致していて行動に及んでいるというあたりが何とも言えない。

 

あの手この手で人を騙していくわけだけど、騙される対象が詐欺師ってこともあって、因果応報というような感じでスッキリします。あと単純に詐欺の手口を学べるのも魅力。

※本作は全20巻、続編として新クロサギ(全18巻)→新クロサギ完結編(全4巻)って続いていきます。

 

ONE OUTS(全20巻)

「LAIR GAME」で有名な甲斐谷先生が描いた野球漫画。

 

普通の野球漫画じゃなくて「1アウト取るごとに500万円、1失点するごとにマイナス5000万円」という契約でプロ入りするという設定が面白いし、スポ根の欠片もないのが斬新。

 

特に目を見張るような剛速球も変化球もないのに、心理戦を制して打ち取っていく姿が本当にカッコイイ。そこにシビれる!あこがれるゥ!

 

狂四郎2030(全20巻)

核戦争後の世界(2030年)を描いた作品です。

人間が犬に脳移植していたり、バーチャルの面であり得ないくらいの進化を遂げている世界が舞台で、内容は下ネタのオンパレード。

 

あまりにも下ネタが多すぎて下品なギャグ漫画のように思うかもしれないけど、実は相当スケールの大きな純愛ストーリーっていうね。

僕自身、S〇Xの描写だらけの漫画にここまで心を揺さぶられるとは、夢にも思いませんでした。

 

あとがき

死ぬまでに1度でいいから「ジョバンニがやってくれました」ってセリフを自然に言ってみたい。

アドセンス

アドセンス

-まとめ, 巻数別まとめ

Copyright© 漫画オススメ.com , 2019 All Rights Reserved.